【新型N-ONE RS 6MT試乗レポート】街中で楽しむ”日常スポーツコンパクト”

走りの楽しさを詰め込んだ快走スポーツコンパクトに注目!

こんにちは。togariです!

今回魅力を紹介するクルマはこちらです!

 

ホンダ 新型N-ONE RSの試乗レポートをお伝えします!

スポーツグレードの6MTモデルはめちゃめちゃ走りを楽しめる1台!

当ブログでは余り試乗記事が少ない軽自動車クラスですが、

コンパクトクラスに迫る魅力的な1台で正直セカンドカーとして欲しい程の仕上がりでしたw

キープデザインを守りながら確実に進化したコンパクトハッチホンダ 新型N-ONE RSの魅力に迫ります!

 

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

ディーラー紹介

 

今回試乗取材させて頂いたディーラーさんは、

ホンダカーズ広島 大州店さんです。

 

ありがとうございました!

広島県・山口県のHonda正規ディーラー Honda Cars 広島 / Honda Cars 山口 (株式会社 ホンダ…

広島市内最大の展示車・試乗車が配備された大型店舗のディーラーさんです!

広島スタジアム近くのアクセス良好なお店には豊富な試乗車を配備。

 

ホンダ初のピュアEVモデル Honda eも試乗可能です!

先進機能を詰め込んだコンパクトボディーのEVは、走らせるとスポーツカー並みの加速力誇る魅力的な1台でした!

以前対応して下さった営業さんが記事を読んでいてくれて嬉しかった

今後もよろしくお願い致します!

 

関連記事

街中を未来のクルマが走る日がやって来ました! こんにちは。togariです! 今回紹介するクルマはこちら!   ホンダ初のピュアEV ホンダeの試乗レポートをお伝えします! 昨年の東京モーター[…]

 

今回取材に伺うと敷地内には意外なクルマの展示が。。

 

クロヴェゼルのカッコ良さよ。。

話題の新型ヴェゼル!!

なんでー!! むむむ。聞いてないぞ。。

この記事をアップする頃には正式に発売されていると思いますが、

発売前に検討中のお客さんへ内々で先行案内されている様子でした。

 

関連記事

要注目の国産コンパクトSUVを発売前にチェック! こんにちは。togariです! 今回はこちらのクルマを紹介します。   ホンダ 新型ヴェゼルの先行展示イベントに伺って参りました!! ブラック[…]

展示されていた同グレードの新型ヴェゼルも先行チェックしていますので参考までにどうぞ!

コンパクトクラスから話題のSUVモデルまで豊富なラインナップのディーラーさんですのでお近くの方は是非!

それでは新型 N-ONE RSのモデルスペックから紹介です!

 

新型N-ONE RS モデルスペック

 

「どこを取っても秀逸デザイン!!」

ミニマルさとスポーティー感を巧みにミックスしたスタイリングがめっちゃ好みです

今回試乗取材のタイミングが遅れたのですが、スポーツグレードのRS 6MTモデルの試乗にようやく伺ってきました!

ホンダ N-ONEのグレード展開は、

グレード/駆動方式車両価格
オリジナル/FF159万円
プレミアム/FF177万円
プレミアムツアラー/FF188万円
RS/FF <CVT or 6MT> 試乗車199万円

オリジナル/プレミアムグレードは4WDの設定もあり。

コスパ重視・質感重視・走り重視3グレードで構成されています。

 

Bセグハッチのハイブリッドモデル 新型FIT e:HEV HOMEの車両価格206万円に迫る価格帯。

維持費などは変わりますが、最近の軽自動車の価格上昇はすごいですね。。

今や日本で1番売れているクルマと言っても過言ではないN-BOXに代表されるホンダのNシリーズ。

その中でベーシックなワゴンモデルになるN-ONEは、8年振りのフルモデルチェンジでキープデザインを採用し、

根強いファンも多いモデルながら見た目の変化がほぼ変わらないとうホンダこだわりの1台になっています。

 

搭載されるエンジンは、660cc DOHCターボ。

軽自動車初採用のFFターボx6MTは街中でも軽快な足捌きで、日常使いが楽しくなる魅力的なパワートレイン!

コンパクトボディーに操る楽しさを感じる独特な乗り味は日本の軽自動車だからこそ味わえる魅力

新型N-ONE RS エクステリアチェック

流されないデザイン

 

リッターカーに負けないアグレッシブなフロントマスク採用が多いなか、N-ONEは至ってシンプル。

先日試乗したホンダeも丸目1灯のフューチャーレトロデザインが現代版にアップデートされています。

可愛いデザインをよりスポーティーに引き立てるのは、

RS専用ボディーカラーのプレミアムイエロー・パールⅡ&ブラック

輸入車を思わせるビビットな色味がコンパクトボディーに映えます!

ただし、こちらのボディーカラーは8.2万円のオプション設定。

ひえー。 価格も輸入車並みでしたw

 

最新仕様にアップデート

 

先代から大きく路線変更されていない為ぱっと見の違いは殆ど分からないですが、ディテールを見ると2代目モデルとして質感がアップデートされています。

グリル周りの仕上がりも妥協を許さない質感で非常に高い!

 

先代デザインを受け継いだ丸目ヘッドライトはフルLED式にブラッシュアップ。

デイライト・ヘッドライト機能は丸目ランプに統一されてスッキリした印象

安全支援機能はオートマチックハイビームが標準装備。

 

ヘッドライトは反転する形でウインカー機能も兼ねています。

見た目はキープデザインなのにマテリアルは先代から大幅に質感を高める所が玄人好みですね

 

サイドビュー

 

サイドビューは前後に踏ん張ったタイヤ配置が特徴的。

カリカリのスポーツ仕様だと思ってしたんですが、車体の安定感も高く乗り心地も良いです

新型N-ONEのボディーサイズは、

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,545mm
ホイールベース2,520mm

先代モデルからシャーシや内装デザインは刷新されていますが、

ボンネット・フェンダー・ドアパネル・ルーフといった外装デザインは初代N-ONEからそのまま継承してフルモデルチェンジされた珍しい手法です。

RS専用ホイール

 

タイヤサイズ:165/55R15

N-ONE RSに装着されるタイヤ&ホイールは、

15インチアルミホイール(マットブラック)+スチールラジアルタイヤ

カタログモデルでもマットブラックを採用するホンダ気合いの足元です!

スチールワイヤーが使用された異物に強いタイヤセレクトもRSらしいチョイス!

 

ダンロップ エナセーブEC300

サイドモールにもブラック加飾が入り一段とスポーティー演出が上手いです

こだわりのオプション

 

新型N-ONEは純正のオプションパーツも豊富で自分好みにカスタムする楽しさも魅力です!

試乗車に装備されていたパーツを少し紹介します!

 

・デカール ピンストライプ ブラック 1.5万円

リアまで貫通する伸びやかなピンストライプの中に“Nマークを隠れるチラ見せコーデがオシャレ!

 

・フューエルリッドガーニッシュ1.1万円

クロムメッキ塗装されたガーニッシュでグッと引き締目られたスタイルは和製FIAT500を狙ってる?

 

ボトムからトップに向かって絞られたデザインアイコンの台形フォルム。

リアデザインも質感高いですよー

詳しく見て行きましょう!

 

スクエアデザインを採用したフルLEDリアランプ。

前後フルLED仕様のクルマは国産Bセグで何台あるでしょうか?

RSのエンブレムはブラッククロム仕様。

デザイン配置からしてオシャレ番長っす!

例えが古い。。

大型リアスポイラーにブラックアウトされたツートンカラーを採用。

ルーフがブラック加飾される事で全体を低重心に見せる引き締め効果も!

 

リアガーニッシュもスッキリ処理された綺麗な収まり。

マフラーは片出しタイプですが、リアからイイ音聴かせてくれます

 

お決まりの斜め45°カットをどうぞ!

エクステリアの質感はコンパクトクラスを超えた仕上がりも感じられる高い仕上がりでした!

続いてラゲッジルームをチェック!

 

 

ラゲッジルームの実用性は

 

おぉ。結構広いラゲッジで荷物も充分積め込めそうですね!

ハイトール系ワゴンはバックドアとの距離が近く追突されたら怖い印象を持っていたのですが、これ位スペースがあると安心感ありそうです!

 

ラゲッジ下にも収納するスペースが確保され、洗車用品もストック出来そうです!

収納力の高いユーティリティ性はホンダの1番得意とする所!

 

後席を倒すとフラットなスペースが出現!

後席シート自体が連動して前にスライドする為、広くフラットな空間が生まれています。

スタイリッシュなデザインと収納力も抜群なN-ONE RS”エクステリアは非常に高い仕上がりでした!

続いて内装をチェック!

 

N-ONE RS 内装チェック

 

ドアを開けるとこの様な内装です。

スポーツティーな色使いで質感も高そう♪

詳しく見て行きましょう!

軽自動車のドアトリムって。。

 

ピアノブラック加飾にスエード仕上げまで採用ですか!!

これは先日伺った新型ェゼルよりも良い気がする。。

おおっとw

最近の軽自動車の質感の高さに驚きでした!

ますますBセグの立ち位置が分からなくなるw

 

フロントコンビシート

 

ラックススエード&メッシュジャージー)

RSグレードに装備されているのは、

スエード ファブリック調のコンビシート。

オリジナルやプレミアムグレードに採用されているフレンチデザインなお洒落さは無いですが、

スポーツグレードらしいシートのホールド性の高さが魅力です!

 

フルモデルチェンジで前期モデルのベンチシート型からセパレートした個別シート型へ変更。

シートを分けた事はRSの様なスポーツグレードにはプラスになる事が多く、コーナーリング時の上半身の揺れをしっかり抑えてくれました!

デザインは一見地味ですが、ステッチカラーもオレンジで統一された細かなコダワリが◉

 

シート調整は全グレードで手動式の仕様。

モチロン足元はクラッチ付きのペダルレイアウトです!

シートリフターも装備されていますが、テレスコ機能が無い為ステアの前後調整は出来ません。

172cmのオッサン体形が調整してみると、足元を放り出せる位後ろへスライドする事膝前空間に余裕が出てきました。

 

機能美デザイン

 

RSグレードはブラックとオレンジのカラーアクセントで統一されています。

操作スイッチが手の届く範囲にまとめられて機能性が重視されたデザイン。

 

本革巻きステア

 

軽自動車でもコストがしっかりかけられた本革巻きのステア。

唯一スイッチ類がプラスチックで経年劣化が気になりますが、ここはOKにしましょう!

 

表皮のパンチング加工やステッチの仕上げも非常に丁寧。

ステアフィールの剛性力は軽自動車を超えたクオリティーを誇ります!

 

 

ディスプレイが弱点かも

運転ディスプレイは仕切りが作られた簡単な作りでチープな印象を受けます。

整理されて視認性は良いですが、こういった所で軽自動車として差別化されていますね。

タコメーターはレッドゾーンが7000回転から。。

街中でここまで回せるんでしょうかw

 

右配置のサイドディスプレイには、重力計や燃料計、運転支援情報が表示されます。

なんと6MTモデルにもACC(アダプティブクルーズコントロール)が装備!

N-ONEもホンダセンシングは全車標準装備ですので、MTモデルだから装備が劣るという事はありません!

記事書きながら思ったのですが、

ホンダセンシングって先進技術のセンシンを取ったんでしょうか?

関係無い雑学でしたw

 

ビルトインナビ

 

試乗車に装備されていたのは、

8インチ プレミアムインターナビ  価格22.5万円。

画面サイズも小さめで価格を思うと標準的な仕上がりといった所です。

ホンダ自体が最新モデルでもダッシュボード一体型ナビの設定な無い為、今後の進化が期待される部分です。

 

センターコンソール

 

エアコン操作はスイッチとダイヤル操作の物理式が採用されて、スイッチボタンの質感もきちんとキープされ満足度も高いでしょう!

RSグレードにはフロント両席にシートヒーターまで完備。

マジっすか!

ひと昔の軽自動車だと寒冷地仕様には設定がありましたが、今は普通車と変わらない装備群ですね

 

往年装備のインパネシフト

 

今回ようやく試乗出来た6速MT仕様!

スポーツカーと違ってN-ONEは車高が高い為、インパネにシフトを配置する事で操作性が高められています。

ショートストロークのシフトレバーはコクっと気持ち良く入る抜群のシフトフィール!

 

オッサンの見苦しい手で申し訳ないですが、

手の平にすっぽり入る小振りなサイズがコンパクトカーとの相性抜群♫

こちらのシフトレバーはホンダの名車S2000と同じ物が採用されているそうです!

ライフスタイルの変化でやむなく手放してしまった往年オーナーさんの喜ぶ顔が♪

国産メーカーはこの様なオマージュ企画が少ないので今後もっと展開される今年に期待です!

 

MTモデルでも快適装備

 

MTモデルでも電動パーキングブレーキ・ブレーキオートホールドが標準装備!

試乗中信号待ちで使用してみましたが、アイドリングストップ後にホールド機能が働く動きはATモデルと同じです。

信用して大丈夫なんでしょうが、慣れないとちょっと怖いかもww

 

助手席も広々

 

軽自動車でも助手席は足元広々です!

前を彩る光沢感が目を惹きますが、

 

運転席の最後はダッシュボードにフォーカス。

ヘアライン加工されたパネルが広がりと洗練された車内を演出します!

続いて後席へ移りましょう!

 

 

後席の実用性をチェック

 

スライドドアの利便性には敵いませんが、ヒンジドアでもリアドアは大きく開く事が可能で乗降性も充分でしょう!

リアウインドウが大きく取られてサイド視界も良さそうです!

 

やはりホンダの後席は裏切りませんw

センタータンクレイアウトが採用された後席足元はホンダNシリーズの大きな武器!

 

床面がフラットにデザインされて足先を入れる空間も充分に確保されています。

後席シートもしっかり厚みが取られて乗り心地も良さそうな印象です!

 

ホンダ伝統のチップアップ機構

軽自動車という限られた空間の中で有効に使える空間を確保。

背の高い荷物積み込んだり、小さな子供さんだと着替えも出来そうな機能的空間がホンダの魅力です!

 

座ってみるとBセグクラスはおろかCセグメントにも迫る余裕の後席。

国産軽自動車の基準になる居住性も確保されたN-ONE後席レポートでした!

以上で内装チェック完了。

最後に試乗レポートをお伝えします!

 

 

新型N-ONE RS試乗レポート

試乗車両スペック

HONDA N-ONE RS FF

ボディーカラープレムアムイエロー・パールⅡ&ブラック
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,545mm
ホイールベース2,520mm
車両重量840kg
搭載エンジン660cc水冷直列3気筒ターボ 6MT
最大出力/トルク64ps/104N・m
駆動方式FF
使用燃料/燃費レギュラーWLTCモード21.6km/l
車両本体価格199万円

今回はディーラーさんのご厚意で市街地を約30分程体感して参りました!

MTモデルの1人試乗に少し不安を感じながら試乗開始です!

 

クラッチミートの瞬間

 

当ブログをいつも見て下さる方はご存じだと思いますが、

ワタクシtogariはMT車の扱いは全くもってのビギナーです。。

MTモデルの試乗レポートは何台かアップしていますが、最初のクラッチミートにいつも緊張。

昨年伺ったGRヤリスはファースト・クラッチミートで撃沈しましたw

恐る恐るクラッチを上げながらアクセルを踏んでいくと、、

スムースなタッチで見事に前進!!

良かったーw

新型N-ONEはショートクラッチ機構の滑らかタッチで足元操作も非常に扱い易く、MTビギナーにもオススメ!

今回エンストしなかったので間違いないかと思いますw

軽のクオリティーを超えた走りの質

市街地を走行していくと、軽自動車のクオリティーを超えた新型N-ONEの走りの質の高さを感じます。

  • ステアリングの座りは軽自動車超え。

トールワゴンモデルになる為ボディーの揺さぶりを感じると思っていたのですが、ステアの直進安定性が高く車体はフラットを保ちます。

遊び少な目なハンドリングの良さは高速域やワインディングでは更に安定しそうな印象でした!

 

  • 足回りのしなやかさ

S2000のパーツが採用されていたりと、RSグレードはスポーツグレードに当たるので乗り心地はある程度覚悟していたのですが、

サスペンションの動きがしなやかで路面の段差を上手く逃がしてくれます!

流石にマンホール等の大きな段差は突き上げを感じますが、路面の継ぎ目を通過しても過敏に跳ねる事なく角が取れた乗り味。

街乗りでここまでマイルドな乗り心地が出せると日常的に使用しても同乗者も心地よく過ごせるかと思います!

 

低速ギアで引っ張る楽しさ

 

シフトの扱いに慣れていくとコクコク決まるシフトフィールが気持ち良い位面白い!

ショートストークとインパネに配置されたシフトチェンジの躾の良さは唯一無二の感覚かも♪

試乗後我が家のセカンドカーとして本気で欲しくなり相談したのですが、

“奥様はAT限定免許”という事実が発覚。

贅沢なセカンドカーとして所有出来るよう地道に精進したいと思いますw

 

話を戻しますと、

新型N-ONEは低速ギヤで引っ張っても面白いように加速してくれます!

立ち上がからのトルクも充分。

2速から引っ張ると中速域まで気持ち良く吹け上がってくれました!

街中ではトップギヤまでは回す事は出来ませんでしたが、ストップ&ゴーの多い街中でもサーキットを走っている様な楽しさを持つ新型N-ONE。

大排気量のエンジンパワーの味わいもスポーツカーの醍醐味ですが、

コンパクトボディーを手足の様に操る”日常スポーツコンパクト”が新型N-ONEの魅力でしょう!

以上で試乗レポート完了です!

 

 

日常スポーツコンパクト

Bセグクラスに迫る高い質感と小さなボディーを充分に発揮するパワートレインを持つ新型N-ONE RS。

電動化が進むクルマ市場の中で、内燃機関モデルの楽しさを一段と感じられる魅力的な1台でした!

今回自分の愛車にディーゼルを選んだのも同じ理由なんですが、あと10年後いや、5年後に同じ様なクルマが販売されている事は厳しい様な気がします。

いよいよ新型ヴェゼルが発売され暫くホンダ祭りで盛り上がる中、こちらの新型N-ONEも是非!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

お近くのディーラーで走りを感じる”日常スポーツコンパクト”の魅力を是非体感してみて下さい!

 

 

愛車の下取りを検討する方はオークション形式の買取方法がオススメ!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスが便利!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!


次回の予告

 

美しいボディーラインと永遠のプレスラインの競演。

次回はエレガントなスタイルにより磨きが掛かるマイナーチェンジされた欧州セダンの魅力に迫ります!

お楽しみに!

今後も現場取材にこだわった”クルマの魅力を伝える試乗ブログ”を目指しますのでよろしくお願い致します。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!

ビデオクリップ感覚で見る動画

PV感覚でクルマの内外装をサクッとチェックする"クルマインスタ動画”も発信しています。チャンネル登録よろしくお願い致します!

CTR IMG