マツダがもっと好きになる!【MAZDA OPEN DAY 2019 】参加してきました! 海外車両展示・安全技術体感レポート

f:id:togari31:20190611233731j:plain

こんにちは。 togariです!

6/1・6/2の2日間 広島のマツダ本社で行われたマツダのクルマ体感型イベント

MAZDA OPEN DAY 2019へ参加してきました!

今回初めて参加させて頂いたのですが、

「マツダがもっと好きになる!」

充実のイベント内容でめちゃくちゃ楽しかったです!

クルマ好きはモチロン、家族連れや年配の方まで楽しめるイベントでした!

時間の都合で全ては回れなかったので紹介する内容はほんの一部なんですが、見て来た範囲でこのイベントの模様をお伝えしようと思います!

MAZDA OPEN DAY 2019 概要

f:id:togari31:20190612234001j:image

MAZDA OPEN DAY 2019は、61日と2日に広島にあるマツダ本社で行われたクルマの体感・体験型イベントです。

元々は取引先や・マツダオーナーさん・近隣の地域の方への感謝を込めたイベントだったらしいのですが、

今年の開催から全国の方も抽選制の申し込みで参加出来るイベントになりました。

僕はマツダオーナーでは無いのですが、今回1万名を超える応募の中幸運にも当選!

Twitterのフォロワーさんの報告を見ると、

遠い県外からクルマで来られるマツダオーナーの方や、夜行バスで広島まで来られる方など気合いの入ったマツダファンの方が多数!

イベント内の抽選制になっている試乗体験やモノ造り体験イベントは残念ながら全て落選してまいましたが、

今回のイベントに行けなかった方や、興味を持たれていた方へ見て来た範囲でイベントの様子をお伝え出来たらと思います。

f:id:togari31:20190613230307j:plain会場のMAPです。

イベント会場はかなり広い範囲で行われている為、全てを見る為には午前中から行かれたほうが良いと思います!

バスで移動しなければ行けないエリアもあって、移動時間も考えながら動いていました。

今回は家族と一緒に参加した為、到着は昼頃になってしまいました。

午後からだと時間制限が有り、どうしても急ぎ足になってしまうのでゆっくり見れずちょっと後悔。

f:id:togari31:20190612234058j:plain

駐車場出口にある受付を行って、ゲートへ向かいます。

心配していた駐車場問題ですが、僕の停めた階はやはり9割がマツダ車で埋め尽くされていました!

マツダフオーナーさんのカッコ良いマツダ車が勢揃いです!

到着が午後だったので誰とも会う事無く無事に駐車出来ましたw

f:id:togari31:20190612081926j:image

入場受付の際、イベント特製のコースターを頂きました。

フォントデザインが凝っていてめっちゃオシャレです!

我が家は最近ずっと愛用中ですw

このコースターがイベント再入場のチケット替わりになっていました。

f:id:togari31:20190612231210j:image

会場へ向かって歩いて行くと遠くにクルマの展示が見えました!

おぉー!!

一人だけテンションが上がってしまい、自然と早歩きになっていますw

新型車・海外車両展示

MAZADA3ファストバック シグネチャースタイル

f:id:togari31:20190606234240j:plain

まずはMAZDA3ファストバックでお出迎えです!!

おっこのホイールは!

この秋発売のスカイアクティブXモデルですね!!

鍛造のBBSホイールがカッコ良すぎ!!

シグネチャースタイルというエアロが装着されてるモデルでかなりスポーティーに見えます!

f:id:togari31:20190612081234j:image

新色のポリメタルグレーも初めて屋外で見たんですが、実際に見ると画像よりも艶感がすごく綺麗に出てカッコ良いです!

f:id:togari31:20190612081129j:image

専用装備になるサンルーフを装着するとこのような感じです。

ディーラーでは中々見れないと思うので良かったら参考にしてみて下さい!

f:id:togari31:20190614151653j:image

MAZDA3セダンの展示もありました。

やはりマシングレーは大人な仕上がりで良いですね!

今回のイベントは発売直後という事もあって、会場内にかなりの数のMAZDA3が展示されていました!

続いては、

CX-8 カスタム仕様

f:id:togari31:20190612081110j:image

こりゃまたスゴイものを積んだCX-8です!

キャリアの上にテント積んじゃってます!

大型のトノカバーも見えるのでそのまま収納が出来そうですね!

f:id:togari31:20190612081119j:image

車外メーカーの商品になるそうですが、このテント3人家族位ならゆったり寝る事が出来る位広かったです!

こういったカスタムカーの展示があるのも面白いですね!

続いて海外仕様の車両が並びます。

ピックアップトラック BT-50

f:id:togari31:20190612081107j:image

こちらはオーストラリア等で販売されている、

マツダのピックアップトラック BT-50です。

日本ではトヨタがハイラックスを復活させて発売していますが、マツダも海外ではこういった車種も販売しているんですね!

4ドアタイプになっていて実用性もあるので好きな方には堪らないモデルですね!
f:id:togari31:20190612081140j:image

なかなか逞しいリアビューです!

実際に荷台に乗る事も出来ましたのでモチロン乗ってみましたw

このモデルも国内では見る事が出来ない希少な1台ですね!

続いては、

中国専用販売 CX-4

f:id:togari31:20190612081143j:image

出ました! CX-4!

スタイリングカッコ良すぎー!!

スミマセンw

こちらは中国のみで専用販売されているクロスオーバーSUV CX-4です!

貴重な実車を間近で見る事が出来ました!

今回イベントへ行くに当たって、

フォロワーさんからCX-4を見たい!との要望を頂きましたのでココから少し長めに紹介させて頂きます!

f:id:togari31:20190612081126j:image

クーペの様な流麗なサイドラインはホント美しい。

フェンダーアーチも通常のCXシリーズより薄めにデザインされて、一段とスタイリッシュに見えます!

今回の展示車はシルバーでしたが、ボディーカラーで印象がかなり変わりそうですね。

ソウルレッドやジェットブラックなんかも似合いそう!

実際に見たサイズ感としては、アテンザワゴン位の大きさに感じました。

f:id:togari31:20190614081201j:image

f:id:togari31:20190613075808j:image

メッキモールがヘッドライト上部に伸び込んだデザインで、シャープな顔つきのフロントマスクですね!

f:id:togari31:20190612081133j:image

リアのルーフラインを流れる様に傾斜するライン取りが美しいです!

良く見ると寝かせたルーフスポイラーや小さめのCピラーのデザインは、MZADA3ファストバックを思わせるデザインにも見えますね!

f:id:togari31:20190612081114j:image

CX-4のリアを斜めから取ってみました。

この角度から見るとルーフラインとリアガラスがかなり寝かせてありますね!

リアにかけてのサイドのプレスラインも良く見えるかと思います!

f:id:togari31:20190612081147j:plain

CX-4 リア正面です。

リアテールライトをサイドに貫くような大型のメッキモールがワイド感を出してます!

ナンバープレートの形も海外仕様でスマートですね!

マフラーは左右2本出し仕様です!

このクルマ、日本でも発売したらかなり売れそうな気がする!!

f:id:togari31:20190612081136j:image

エンブレムもモチロン中国仕様です!

どういう意味なんだろうw

f:id:togari31:20190613075651j:image

ラゲッジルームも実用レベルの広さが確保されていました。

リアの形状からして、今年発売予定の新型SUV CX-30もこれ位のラゲッジスペースになりそうですね!

f:id:togari31:20190612194321j:image

内装のデザインは1世代前のアクセラスポーツのような仕上がりでした。

ドアトリム周りのホワイトレザーが清潔感出てます!

f:id:togari31:20190612194312j:image

海外仕様なので左ハンドルですが、運転席全体はこのような感じです。

f:id:togari31:20190612194316j:image

CX-4運転席全景はこの様な仕上がりです。

全体のデザインはアクセラスポーツと似ていてマツダコネクトのナビ画面は1世代前の仕様になっていました。

f:id:togari31:20190612223609j:image

ドリンクホルダーがシャッター仕様になってます!

スイッチ類をよく見ると、

電気式パーキングブレーキとブレーキオートホールドが装備とは!!

マツダさん!是非日本発売を検討して下さい!

f:id:togari31:20190612223613j:image

日本仕様では見ないライトオークの様な綺麗な色のオーナメントパネルでした。

f:id:togari31:20190613235206j:image

後席はこのような感じです。

シート幅もゆったり目につくられており、後席エアコン吹き出し口、後席アームレストも装備されているので快適な空間に仕上がってると思います!

f:id:togari31:20190612223559j:image

後席に座ってみました。

拳2つ分のスペースも充分にあり、足元も狭いと感じる事は無かったです!

f:id:togari31:20190613235230j:image

CX-4に装備されていたサンルーフですが、日本仕様よりワイドデザインになっていて上部空間に解放感が!

マツダ車はグレードによってはサンルーフを装着出来ない設定になっている事が多いので、今後もっと普及して欲しいトコロですね!

続いては、

圧巻のフラッグシップ CX-9

f:id:togari31:20190613235313j:image

全長5,065mm・全幅1,930mm・全高1,728mmの巨大サイズ!

北米で販売されている CX-9です!

ド迫力のフロントマスク!

全幅19,30mmは想像以上にワイド感あります!

まあフロントグリルのデカいことw

フロントアンダーガーニッシュはサイドいっぱいに広がるメッキモール加飾がラグジュアリーな印象でした!

f:id:togari31:20190613235303j:image

全長も5m超えです!

ここまで大きいとデザインが大味になりがちですが、マツダの理念に基づく流麗なサイドデザインに仕上がっています!

f:id:togari31:20190613235308j:image

リアデザインにも上下にワイド感あるメッキモール加飾がフラッグシップの誇りを感じます!

f:id:togari31:20190614000037j:image

内装はこの様な仕上がりでした。

ナッパレザーの内装が渋い色合いです!

f:id:togari31:20190614000047j:image

シート全体までレザーと色を合わせているとは!

ここまでの仕様は国内モデルに無い仕上がりですね!

f:id:togari31:20190614000043j:image

シフト回りも隙の無い高級感ある仕上がり!

実際に触ってみたのですが、シフトサイドパネルには本物のウッドを採用していました!

CX-9にはブレーキオートホールド機能は装備されていないようです。北米モデルは仕様の違いがあるんでしょうか。

後席に乗り込む事は出来なかったのですが、ドアトリムの質感も高い仕上がりのフラッグシップSUVでした!

その他の展示車両

f:id:togari31:20190614003806j:image

この他にもマツダのパトカーや消防車に乗り込めたり、制服を着て写真撮影が出来たり子供達も楽しめるコーナーもありました!

まだ最初の展示会場なんですが、

1人で写真を撮りまくってしまい、奥さんと子供からは呆れた白い目で見られていたので次の会場へと移動ですw

ここまでクルマの紹介ばかりですが、これからがこのイベントの醍醐味なるクルマ体感コーナーの紹介です!

マツダの衝突安技術展示&体験コーナー

エアバック衝撃体験コーナー

f:id:togari31:20190614123312j:image

こちらはエアバックの衝撃を体感出来るコーナーになります。

クルマの模型に乗り込んでシートベルトを装着してクルマの模型にあるサイドブレーキを下げると、

f:id:togari31:20190614230043j:image
f:id:togari31:20190614230037j:image

時速5キロで模型が前進し、シュッという衝撃音と共にエアバックが作動します!

この後僕も体感したのですが、時速5キロでもかなりの衝撃です!

後席に乗っていた家族も強いの衝撃を感じたようでシートベルト着用の重要性を改めて体感出来ました!

続いて建屋の中にあったのは、

MAZDAの安全ボディー・エアバック展示

f:id:togari31:20190614165007j:image
f:id:togari31:20190614164959j:image

MAZDA3セダンを使用した、安全ボディーやエアバックの紹介コーナーです。

まだ塗装前のMAZDA3セダンのシャーシを間近で見る事が出来ました。

f:id:togari31:20190614165014j:image

マツダ本社のスタッフの方からも説明を聞く事が出来て、

今回のMAZDA3は高強度のプレス技術を開発していざという時も客室を守る構造になっているそうです!

f:id:togari31:20190614165003j:image

MAZDA3のエアバックは画像の様にフロント7箇所に装備されているそうです!

特にステアリング下にあるニーエアバックはこのクラスでの採用は珍しいとの事でした。

f:id:togari31:20190614165010j:image

パネルが反射して見えにくいのですが、

マツダのポジショニングのこだわりはヘッドレストやシートベルトにも新しい技術が搭載されているそうです!

続いては、

衝突実験車両を間近で体感

f:id:togari31:20190615004146j:image

スゴイ状態になっている1台のマツダ車。

もうフロントは原型が無い形状になっています。

 

f:id:togari31:20190615004154j:plain

時速50キロで正面衝突の衝撃テストを行った時の車両になるそうです。

ボンネットはくの字に折れ曲がっていますね。

皆さんこのマツダ車の車種分かりますか?

f:id:togari31:20190615004135j:image

現行モデルのCX-5です!

時速50キロの実験でこの状態とは。。。

時速50キロって普段気にせずに出している速度ですよね。

衝突車両は動画では見た事がありますが、実際に間近で見ると改めて事故の恐ろしさを感じました。

今回子供にもこういった展示を見せる事が出来て良い経験になりました。

f:id:togari31:20190615004143j:image

車両の室内はこの様な状態です。

エアバックは作動していますが、客室の中はダメージも無く守られています!

事故の恐ろしさと、クルマの安全性能の高さも確認出来るコーナーでした!

デザインだけでないマツダのコダワリ

f:id:togari31:20190608233341j:plain

f:id:togari31:20190608233352j:plain

最新のマツダ車には内装仕上げの中にも安全対策が施されています。

クルマのデザインだけでなく、客室の乗客を守る技術が導入されているのは素晴らしい!

家族で体験出来るコーナーも

こちらのブース内には難しいコーナーばかりでは無く、

f:id:togari31:20190615004139j:image

バーチャルリアリティーを使用した疑似体験コーナーや、

f:id:togari31:20190615004150j:image

エアバックで使用している布材を使ったお守りを作るなど子供達が楽しめるコーナーもありました。

娘はこれに夢中でした!

f:id:togari31:20190615014247j:image

会場を出る前にダミー人形と一緒に記念撮影w

貴重な体験が出来ました!

時間の配分を考えて次の会場へと向かいます。

移動中も楽しめるOPEN DAY

今回のMAZDA OPEN DAY 2019 は移動中も楽しませてくれます!

f:id:togari31:20190615015139j:image

ツナガリカフェというオシャレなレストランがあったり、

f:id:togari31:20190615015156j:image

マツダ限定!の広島名産もみじ饅頭が販売されていたり、

f:id:togari31:20190615015201j:image

ロータリーエンジンの模型展示もありました!

初めて現物を見たかも!

f:id:togari31:20190615015147j:image

こちらには初代ファミリアの展示が!

スタッフさんが言われてましたが、ここまで綺麗な状態の個体は珍しいそうです!

 

ポラロイドカメラで家族写真も撮って頂きました。

スタッフさんの親切な対応に感激♫

f:id:togari31:20190615015143j:image

マツダ初のロータリーエンジン搭載 夢のコスモスポーツ!

コレかなり貴重なクルマですよね!

f:id:togari31:20190615015151j:image

リアビューがオシャレ!

ルーフの造形からは先進的な印象を受けます!

f:id:togari31:20190615014251j:image

次の会場が見えてきました。 ココで見たものは、

 初公開!CX-30の。。

f:id:togari31:20190615020125j:image

初公開!CX-30

のフロントバンパーw

スゲー!! これは嬉しいサプライズです!

f:id:togari31:20190615020129j:image

今回のフロントグリルもかなり大型デザインを採用!

コンパクトSUVでこのグリルの大きさだと迫力が増しそうなスタイリングになりそうですね!

f:id:togari31:20190615020121j:image

スタッフの方の話によると、年々大型になるグリルの対策として画像の様に補強部材を開発しているとの事でした。

こういった普段見えないトコロが確認出来るのもMAZDA OPEN DAY 2019の魅力です!

f:id:togari31:20190615020117j:image

ヘッドライトもかなりシャープはデザインになりそうですね!

今回のCX-30はフロントスポイラーの一番下のある細い部分がウィンカーになるそうです!

マツダとして新しいデザイン採用は今から楽しみです!

新世代の魂動デザインは光と影が作り出すリフレクションにこだって開発されたそうです!

このブースで発売前のCX-30のフロントデザインを見れただけで大満足だったんですが、

まさかこの後見学したマツダミュージアムであんな展開になるとは!!

続きは次回後編でお伝えしようと思います!!

まとめ

f:id:togari31:20190615020603j:image

MAZDA OPEN DAY 2019のイベント会場には、スタッフさんが至る所に待機されてとても親切な対応が印象的でした!

イベント自体をマツダ社員総出で開催されているみたいで、満足度の非常に高いファンイベントだと思います!

衝突安全車両の展示なと普段見る事が出来ない経験もさせて頂きました。

クルマ好きとしては今後も安全運転に努めなければ!

次回は引き続きのイベント内の紹介や楽しみにしていたマツダミュージアム見学・まさかのスクープ情報も交えながらお伝えしようと思います!

お楽しみに!

 

当ブログでは、クルマの魅力を素人目線でわかりやすくお伝えするスタイルで運営しています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG