カローラツーリングで巡る【瀬戸内のハワイ】周防大島ドライブレポート

瀬戸内のハワイと呼ばれる周防大島をカローラツーリングに乗ってロングドライブ!

こんにちは。togariです!

普段は新型車を中心にクルマの魅力を伝える試乗ブログを発信しています。

今回は自分が住んでいる山口県の魅力をカローラツーリングのドライブフィールと共にお伝えしようと思います!

緊急事態宣言が解除されましたが、まだ予断を許さない状況が続いています。

地元の山口では日常の生活に戻れるよう徐々にお店や施設の再開が始まっている様子でした。

記事を通して地元経済に微力ながら貢献出来たらと思っています。

今回は成るべく密を避けるよう気を付けながら地元山口県の魅力をお伝えしたいと思います!

ドライブ車両紹介

トヨタ カローラツーリング

前日の夜急にドライブプランが決まったのですが、今回はレンタカーをお借りしました。

普段通勤する経路にトヨタレンタカーがありまして、ダークブルーマイカメタリックの綺麗なボディーカラーを毎朝目で追っていましたw

関連記事

[adcode]新型カローラを一気に比較レビュー!こんにちは。 togariです!今回は先日9月17日に発売された話題のステーションワゴントヨタカローラツーリングを見てきました!その中でも一際[…]

街中では見掛けないボディーカラーなんですが実車はホントに良い色合いです♪

レンタカーというと白い営業車の様なイメージが強いんですが、

トヨタレンタカーでは新型車のヤリスやライズ等もラインナップされてボディーカラーも充実しています!

トヨタレンタカー

トヨタレンタカーの公式予約サイト。保有台数・店舗数は業界トップクラス!電話で、インターネットでカンタンに予約できます。充…

今回お借りしたカローラツーリングはエコノミークラスになり車種指定すると¥1,100-の加算料金が掛かります。

コンパクトカーからSUVまで充実したラインナップで、ディーラー試乗とは違ったクルマの一面を感じられますで機会があれば是非!

車両スペック

今回ロングドライブしたカローラツーリングのスペックです。

トヨタ カローラツーリング G-X

ボディーカラーダークブルーマイカメタリック
全長4.495mm
全幅1,745mm
全高1,460mm
ホイールベース2,640mm
搭載エンジン1.8L直列4気筒CVT 7速シーケンシャル
最大出力/トルク140ps/170N・m
駆動方式FF
サスペンションフロント:マクファーソンストラット式 リア:ダブルウィッシュボーン式
使用燃料レギュラーガソリン
燃費WLTCモード 14.6km/L
乗車定員5名
車両本体価格201万円

カタログモデルの中では下位グレードに当りますが、レンタカーとはいえ装備面も充実していました!

ベースグレードではオプションになる電子パーキングブレーキ+ブレーキオートホールドも装備!

これは嬉しい誤算でした!

トヨタセーフティーセンスの安全支援装備も通常モデルと変わりなく装備されています。

新型コロナウィルスへの対策として消毒が徹底され車内は綺麗に保たれていました。

カローラツーリングのドライブフィールについては後程記事内でお伝えしたいと思います!

瀬戸内のハワイ 周防大島

 

http://www.suo-oshima-kanko.net/

山口県にある周防大島は瀬戸内海で3番目の大きさになる自然豊かな島です。

なんだか金魚みたいに見える形の島なんですが外周を走ると100km以上もあって結構広いんです!

自分の自宅からはクルマで40分位で行ける場所になるのですが、

夏は海水浴へ、温暖な気候から冬はみかん狩りへ出掛けたりと地元の定番ドライブコースになっています。

行きに取り忘れてしまい夕暮れの大島大橋ですw

本土とは大島大橋という橋で繋がってクルマで渡る事が出来ます。

全国的なニュースになってしまったんですが、

2年前に大島大橋に海外の貨物船が衝突して送水管が破裂するという事故が起こりました。

大島大橋は通行止め・ライフラインも麻痺してまい島民の方は長期間不便な思いをされたのですが、現在は無事復旧しています。

タイトルにある“瀬戸内のハワイ”とは、

明治時代に4000人の方が周防大島から移民として渡り、島民の方がハワイの文化や風習を持ち帰ったと言われています。

確か役場の方の夏場の制服は皆さんアロハシャツだったはずです!

今は分かりませんがw

その繋がりからハワイとは姉妹都市になっていて島内にはヤシの木が植えてあったり南国ムードが立ち並ぶ美しい景色も楽しめます!

一方で高齢化が進む島でもあり地域の過疎化問題も抱えています。

地域の高齢化・過疎化はどこの地方も抱えている深刻な問題です。

ここ数年はUターン帰省される方や、自然に魅力されて都会からの移住者も増えつつある良い知らせもあります。

島の魅力情報発信やオシャレなカフェもオープンされ少しずつ賑わいを取り戻している周防大島です!

それでは最初に伺った周防大島の絶景スポットをご紹介します!

絶景スポット 嵩山展望台(だけさんてんぼうだい)

絶景までの過酷な山道

最初に向かったのは、

瀬戸内海を一望出来るという絶景スポット嵩山(だけさん)展望台です。

今回初めて行ってきたのですが、最近では周防大島のインスタ映えスポットとして有名になっているみたい。

しかし、地図を見ての通り街中を抜けるとメチャメチャ狭い山道を6kmも登る事に。

絶景まで過酷な山道を走る事になりました。

離合出来る場所も殆ど無く、ヘアピンカーブや急傾斜を登る酷道で大型車の方は特に覚悟が必要です。

途中何度かクルマと離合したんですが、カローラツーリングで良かったw

日本専用ボディーで発売された当時はナローボディーなんて呼ばれていましたが、狭い道では扱い易いサイズ感で安心♪

愛車のハリアーで行った時を思うとゾッとしますw

先の見えない酷道を登りきると見えた絶景がこちらです!

 

美しき瀬戸内海の多島美

「めっちゃ綺麗!」

瀬戸内海を見下ろす絶景が広がっていました!

通称“TAKE OFF”と言われている場所はパラグライダーのフライトポイントになっています。

瀬戸内ブルーが美しい山頂からの眺め。

ほんとはここでゆっくりと過ごす予定にしていたのですが、

「山頂に結構人がいる。。」

今回人目を避けたスポットを選んだつもりが、山頂は多くの人で混み合ってました。

県外ナンバーが多かった気がする。。

長居も出来ないので写真だけを撮って下山する事にしました。

https://twitter.com/togari11/status/1264761962694471680

天気の良い日は美しい瀬戸内海の多島美が堪能出来ます!

綺麗な景色なんですが、実際は足がすくんでビビッていますw

穏やかな海も素敵ですが、瀬戸内は山々の景色も魅力的なんです!

この時期は特に緑が生い茂り山の稜線が美しい風景が広がります!

山頂から撮影

山頂までクルマで登る事が出来るので絶景と共に愛車を撮影する事も出来ます!

帰りの下山では予想通り離合地獄の洗礼を受けましたw

https://www.netcarshow.com/

途中何故かギブリとすれ違ってしまい泣きそうになる場面も。

なんでここにー!

普段街中でもすれ違う事も少ないんですがw

午後からだと人も多く途中の離合も大変だったので、午前中の早い時間に行くのがオススメだと思います。

以上周防大島の絶景スポット嵩山展望台でした!

カローラツーリングドライブフィール

しなやかな足回り

ここでカローラツーリングのドライブフィールのレポートです。

今回強く感じたポイントは、

ワゴン特有のしなやかな足回りです!

セダンでもハッチバックと違う足さばきの良さがツーリングワゴンの魅力!

普段SUVに乗っているので余計に感じるのですが、

いつも通る道路の継ぎ目を超えると、下から来る段差の突き上げを「ストッ」と打ち消してくれるので乗り心地は非常にフラットライドでした。

リアサスに採用されたダブルウィッシュボーンの効果は大きい!

トヨタの新世代プラットフォームTNGAの採用でトヨタの変わりつつある乗り味を改めて実感です!

ステアフィールの変化

以前ディーラーでガソリンモデルを試乗させて頂いた時は、ステアが外へ広がるアンダーステア気味な印象でした。

今回後席に同乗者が乗った状態でコーナーに侵入すると、ロールが抑えられステアフィールの変化を感じます!

リアに乗車した状態のほうが安定して乗り味が良く感じました。

同乗してした娘は普段からクルマ酔いし易いんですが、

あれだけの山道を走った後もケロッとしてました。

日常生活に近い環境でドライブする事で、普段の試乗では感じられないドライブフィールを感じる事が出来ました!

滑らかな加速フィール

カローラツーリングに搭載されている1.8Lガソリンエンジンは、

低速からの加速フィールが非常に滑らかで流れに合わせて快適にドライブ出来ました!

搭載されているエンジン自体は設計が古いのですが、室内の遮音も抑えられて静粛性も高く仕上がっています。

「ハリアーより静かじゃん。」

娘に一言に傷つく付く父親。

静粛性の高さがハリアーの魅力だったんですが、新型車には敵いませんでしたw

子供は正直ですw

ゆったりしたドライブに最適

一方でワインディングや登り坂では踏み込むとエンジンが唸りパワー不足も感じる場面も。

スポーツモードやシーケンシャルを使用すると多少ダイレクト感は増しますが、スポーティーな加速感は輸入車ワゴンの方が優れているポイント。

カローラツーリングは取り回しの良いサイズ感でゆったりとロングドライブを楽しむには最適な1台だと思います。

関連記事

トヨタの新世代2Lエンジンを搭載したカローラツーリング"2000 Limited"に注目!こんにちは。togariです!https://global.toyota/jpトヨタ カローラツーリングに特別仕様車が[…]

発売前に完売しているんですが、

2.0Lダイナミックフォースエンジン搭載の特別仕様車 カローラツーリング”2000Lited”ではよりトルクフルな走りを楽しめそうですね!

次期マイナーチェンジでカタログモデル追加に期待したい!

続いては絶景を楽しめるオシャレなカフェを紹介です!

ハワイアンカフェ POWER  BEACH

海沿いの道を走っていると突如インパクト大な建物が現れまます!

海外の様なロケーション

最近周防大島で話題を集めている人気カフェ“POWER BEACH”です!

海外に来たかの様なロケーションに空と海のブルーのグラデーションが映えます!

軽食やスイーツなどがメインのお店で外には海を眺めながら食事が出来るテラス席もあるのですが、伺った時はテラス席が満席になっていました。

店員さんから吹き抜けの2階席を案内されたので上がってみる事にしました。

店内の装飾もハワイアンな雰囲気♫

オーナーさんがセレクトされたインテリアとブルー基調の内装がオシャレです!

2階席には絶景が広がっていました!

瀬戸内オーシャンビュー

「まさに瀬戸内オーシャンビュー!」

スクリーンの様な窓からは美しい海を眺める事が出来ます。

瀬戸内海は島々に囲まれているので波は殆ど無いのですが、穏やかな海が魅力的です!

お店の裏側は天然ビーチになっていて絶景を楽しみながら食事を楽しむ事が出来ます。

時間が止まっているよう贅沢な特別席でスイーツを頂きました♪

既に海で泳いている人がいるとはw

2階はお客さんも居なく貸し切り状態だったのでゆっくりと寛げました。

ブルーを基調とした店内はホントにオシャレでここだけで1記事書ける位魅力的なお店です!

シーズンになると昼時はかなり混雑するみたいなので時間をずらして行くとゆっくり過ごせると思います♪

何度も訪れたくなる魅力的な瀬戸内のハワイアンカフェ”POWER BEACH”でした!

 

カフェミサキ 周防大島町シーウインドリゾート久賀 TEL 0820-72-1795 周防大島の小高い丘の上にあって、瀬戸…

150kmドライブで感じた気付き

今回カローラツーリングで走った総距離は約150km。

動的質感のトータルバランスは非常に良く出来たツーリングワゴンだと思いますが、

長時間ドライブで感じた細かな気付きをまとめてみようと思います。

ディスプレイオーディオ

今回レンタカーに装備されていたディスプレイオーディオというトヨタの新しいインフォシステムです。

色々試したかったのですが、どうしてもBluetoothの接続が巧く行かず、機能が使えませんでした。

レンタカーだから仕様が違うのかなー。

ナビゲーションはタッチパネルから操作が可能で通常のトヨタのナビと同じシステムだったので問題なく使用出来ました。

ポイントはナビ画面の大きさです。

カタログモデルのG-Xグレードも画像の8インチディスプレイオーディオが標準装備されているのですが、

運転中も視界に大きく入らず丁度良い大きさです。

オプションで9インチも選択出来ますが、

圧迫感の少ない8インチで丁度良いかなと思いました。

今後はナビ画面がドンドン大型化されていく方向ですが、適度なサイズ感も大事だなと改めて感じます。

縦型ドリンクホルダー

最近の新型車に多い縦型配置のドリンクホルダー。

個人的にシートポジションを前側に合わせているんですが、この位置にドリンクを置くと左手で取りづらい。

ドリンクホルダーの縦型配置は室内を広く取る為の対策なのかもしれないですが、使い勝手は横型配置の方が良いと感じます。

細かい所でスミマセンw

シートポジション

今回ドライブしたカローラツーリングのシートは通常仕様のファブリックシートです。

最初は特に感じなかったのですが、

長時間運転すると腰部分が熱くなって腰が痛く感じました。

カローラツーリングの上級グレードでは合成皮革のスポーツシートの設定もありますが、

全グレードでパワーシートの設定がありません。

手動式は細かな調節が効かないので腰痛持ちの方は確認されたほうが良いかなと思います。

ドライブフィールが良いツーリングワゴンだけに少し気になるポイントでした。

最後に島内にある道の駅を紹介致します!

道の駅 サザンセトとうわ

最後に伺ってきたのは島内東側にある道の駅サザンセト とうわです。

大島大橋を渡って1時間位の距離に位置している為、ドライブコースの立ち寄地スポットとしてオープンカーイベントやバイクのオフ会も多く開かれています♪

屋外には地元の名産品のミカンソフトやハワイアンなコーヒーショップ等のもお店も有ってテイクアウトも可能です。

https://sazan-seto.com

道の駅店内には地元大島のミカンを使った特産品や新鮮な魚介類が販売されています。

解除後は感染防止対策を取りながら営業が再開されて、伺った時もお客さん同士距離を取りながら買い物をされていました。

道の駅って店内を見るだけでも楽しいですw

こちらでは周防大島らしいハワイを感じるイベントが開催されています。

ハワイを感じるイベント

http://www.suouoshima.com/index.html

周防大島はハワイと姉妹都市になっていてフラダンスが盛んです。

毎年夏になると「サタフラ」というフラダンスのイベントが毎週末開催されます!

週末は日中から夜まで島の各所に全国からフラダンサーが集まりイベントが開催されます。

夏の夜風を感じながらのステージは独特の雰囲気が有り癒しの空間♫

フラダンスは年齢層が幅広いの所が魅力的なポイントだと思います。

2020年は一応開催予定になっているみたいですが、今後の状況によっては延期される可能性もあるようです。

ハワイを感じるフラダンスイベント「サタフラ」に機会があれば参加してみて下さい!

神秘的な間宮島

道の駅サザンせとの裏側にある間宮島という無人島。

干潮時刻の前後3時間だけに島へ向かう砂浜が現れます!

たまたま伺った時が良い時間帯で見る事が出来ました!

瀬戸内海の多島美が造り出したパワースポットとして人気の間宮島でした!

今回時間の都合で多く回れなかったのですが、以上で周防大島の魅力紹介完了です!

 

道の駅サザンセトとうわ

道の駅サザンセトとうわでは、大島みかんや瀬戸内の海産物といった特産品の販売、周防大島近海で獲れた地魚によるお食事のご提供…

まとめ

今回はロングドライブをしながら地元の山口県周防大島の魅力をまとめてみました。

半日間と短い時間でしたので多くを紹介する事が出来なかったのですが、美しい海岸や山々の自然・オシャレなカフェ等魅力的なスポットが沢山あります!

余談を許さない状態は今後も続き、今まで通りの生活に戻るには長い時間が掛かりそうです。

 

記事を通じて地元山口県がどんな所なのか少しでも参考になれば幸いです。

また機会を作って地元山口の魅力をクルマを通じて発信していけたらと思います。

今回は普段と違いレンタカーでロングドライブする事でカローラツーリングの違った一面を感じる事が出来ました。

SUVがトレンドになっているクルマ業界ですが、

しなやかな足回りと実用的なステーションワゴンもクルマとしての魅力を感じられたロングドライブでした!

今後は国産メーカーもディーラーから1DAY試乗など長時間試乗のサービスが展開されると、クルマの性能も充分に感じられて良い展開になって行くと良いのではと思いました。

今後もクルマの魅力を伝える試乗ブログとしてより良いコンテンツを目指していこうと思います!

最後まで読んて頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG