ライバルはCセグハッチ!【新型ノート試乗】第2世代e-POWERの進化を体感

HB

クラスを超えた新開発プラットフォーム”と第2世代e-POWERの進化を体感!

あけましておめでとうございます。togariです!

今年もブログを通じてクルマも魅力を楽しくお伝えしていきたいと思いますのでよろしく願い致します。

新年最初にお伝えするクルマはこちらです!

 

ニッサン 新型ノート!

新開発のプラットフォーム”CMF-B”と第2世代e-POWRが搭載された国産コンパクトハッチに試乗して参りました!

フルモデルチェンジで見違える程のカッコ良くなりました!

2世代e-PWERが搭載された動力性能の進化はCセグクラスを意識した仕上がりを感じましたが、

抱き合わせオプションを多用した販売方式はハードルの高さを感じる一面も。

ブランドロゴも一新され、新世代ニッサンモデルとして投入された新型ノートの魅力に迫ります!

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。 カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

 

ディーラー紹介

今回試乗させて頂いたディーラーさんは、

 

日産プリンス山口 岩国麻里布店さんです。

 

ありがとうございました!

 

 

今回初めて試乗取材に伺わせて頂いたのですが、店長さん自らご挨拶も頂き丁寧な対応をして頂きました!

伺った週末は新型ノートが発売された直後で試乗に来られる方も多く、時間の合間を見て撮影させて頂きました。

営業さん優しいで良かったです♪

他メーカーの方の来場も多く新型ノートの注目度は相当高い様子かと!

新型ノートだけでなく、ニッサンの豊富なラインナップが揃うディーラーさんですのでお近くの方は是非!

近郊の方で試乗や見積もりを検討されている方がいらっしゃれば、担当営業の方をご紹介出来ますのでお問い合わせ欄からご連絡下さい!

 

それでは新型ノートのモデルスペックから紹介です!

新型ノート モデルスペック

「これノート⁈ 見た目全然変わりましたね!」

昨年から話題になっている”クロスオーバーEV アリア”のデザインモチーフが採用され、”未来的スポーツハッチ”と言った仕上がりです!

ボディーカラーは、ピュアホワイトパール(特別塗装色)

イメージカラーになっている2トーン仕様は、

  • ビビットブルー(M)/スーパーブラック2トーン
  • オペラモーブ(M)/スーパーブラック2トーン

https://www3.nissan.co.jp/

ボディーカラーの2トーン仕様は2色のみの展開で残りはモノトーンカラーが設定されています。

試乗車は上位グレードになるX。

グレード車両本価格
F205万円
S202万円
X (試乗車)218万円

※2WD仕様の価格。4WDの設定もあり

ベースグレードFの方安くなっていますが受注生産枠になる様で中間グレードSからがメインになる価格設定です。

先代でラインナップされていたガソリンモデルは廃止され、e-POWERのみのパワートレインに変更。

営業車としても活躍し、広い世代に支持されていた先代からプレミア路線に変更された印象ですね。

上位Xグレードでも車両価格は218万円と良心的な価格設定ですが、

必要な装備をセットオプションとして足していく販売形態を取っている為、結果的に価格が跳ね上がってしまいます。

記事内で紹介しながらお伝えしたいと思います。

 

https://www3.nissan.co.jp/

今回は走りの面でも大幅な刷新が行われており、

グループ会社の新型ルノー・ルーテシアと共通された新型プラットフォーム”CMB-F”の採用と第2世代e-POWERが搭載。

先代ノートよりも動力性能も大幅に改良され、

  • ボディー剛性 30%アップ
  • サスペンション 10%アップ
  • ステアリング剛性 90%アップ

数字だけでは余りピンとこないですが、乗り味はかなり欧州車に近い印象でした!

それでは新型ノートのエクステリアをチェック!

新型ノート エクステリア チェック

進化したVモーショングリル

 

ニッサンのデザインアイコンになる“Vモーショングリル”がフロントマスク全体で表現され見事な進化を遂げています!

中央に配置されたニッサン新エンブレムを中心に、左右に広がりを持たせた迫力のグリルデザインはコンパクトクラスでも理屈抜きでカッコいい!

先進的なヘッドライト

 

ウインカーの豆球仕様がなんとも残念

レクサスも真っ青の先進的な4眼式ヘッドライトを採用!

薄型にデザインされたデイタイムランニングライトも装備され質感は相当高い。

ただし、

アダプティブLEDヘッドライトを含むこの仕様は9.9万円のオプション設定。

えっ。高めですね。。

上位グレードXでも標準装備はハロゲン式のヘッドライトです。

 

https://www3.nissan.co.jp/

ノーマル仕様はデザインも損なわれて新型ノートの魅力を引き出す為にLED化は必須オプションになってしまいます。

価格面でもレクサス真っ青のオプション装備でしたw

 

フロントフェンダーにはエアスリットが装備され空力抵抗に大きく貢献。

国産Bセグでここまでコダワリを見せる仕様はニッサンの気合いを感じます!

走りに特化したボディーサイズ

 

サイドビューはリアに向かって傾斜を設けたトレンドのデザインを採用。

前後に短く取られたオーバーハング配置からもデザインにコダワリが見られます。

新型ノートのボディーサイズは、

全長4,050mm
全幅1,695mm
全高1,520mm
ホイールベース2,580mm

先代ノートよりもダウンサイジングされ、

  • 全長55mmダウン
  • 全高15mmダウン
  • ホイールベース 20mm縮小

今回のフルモデルチェンジで小型化され、e-POWERの走りに特化した戦略を視覚的にも感じられます!

 

ドアハンドルの鍵穴は見えるタイプで、各ピラー部分は上位グレードでも無塗装仕上げ。

細かく見ていくと同クラス並みの仕上がりも見られます。

 

Bセグクラスのホイール事情

 

タイヤサイズは185/60R16 86H

情報解禁の時から先進的なホイールデザインがめっちゃ気になっていた16インチホイールだったのですが、

 

ホイールキャップ仕様でした。。

良く見ると鉄チンホイールが見えてしまっています。

ヤリスや新型フィットなど同クラスの中ではホイールキャップ仕様が多いのが国産Bセグクラスのホイール事情。

最近は軽自動車でもアルミ仕様が当たり前のなか、国産Bセグの立ち位置ってどうなのか?

とも思ってしまいます。

https://www3.nissan.co.jp/

ちなみに16インチアルミホイールの設定もあるのですが、

先程のLEDヘッドライトや本革シートと抱き合わせになるオプション価格は33.5万円!

あっ。やっぱりホイールキャップで良いですw

 

ワイド感を演出するリア

 

新型ノートエクステリアの中で個人的イチオシポイントのリアビュー。

トレンドになる一文字リアテールランプが採用されたワイドデザインがカッコいい!

足元の力強さとボディー上部のスマートなデザイン構成のバランスがお見事!

 

一文字テールは左右に繋がるデザインでは無いのですが、水平配置されたデザインで先進性がより高められてます。

 

新型ノートからリアのニッサンエンブレムマークが廃止され、立体的な文字エンブレムに変更。

文字間隔やフォントデザインにもコダワリが見られて洗練さがより増し増しになっています♪

 

リアバンパーは全面無塗装仕上げ。

中央に窪みを持たせてあるのは空力抵抗も考慮されてそうですね!

マフラーは片側1本出しでしゃがみ込まないと見えない位置に配置されていました。

 

うむ。カッコいい!

テールランプがサイドに延長される事でボディーのワイド感をより強調。

どこかクロスオーバーSUVの様な雰囲気も感じるCセグクラス並のスタイリングが新型ノートの魅力です!

続いてラゲッジスペースをチェック!

ラゲッジスペース

 

新型ノートのテールゲートは手動式が採用されラゲッジ容量はクラス並みといった所。

開口部は広くデザインされていますが、タイヤハウスの張り出しが大きめ。

 

後席シートは6:4分割可倒式に対応していますが、ラゲッジに大きな段差が出来てしまいます。

フレキシブルには展開出来ず、後発モデルとしては遅れを取っている印象。

https://www3.nissan.co.jp/

ディーラーオプションで床面をフラットに変更出来るパーツも販売されている様です。

結構価格もするのでここは標準装備にして欲しかったなぁw

続いて内装をチェックします!

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

 

新型ノート内装チェック

 

ドアを開けると先進的なツインディスプレイが目を惹き内装デザインにも大きく進化が見えますね!

詳しくチェックして行きましょう!

フロントドアの質感

 

ドアデザインはオーソドックスな形ですが、Aピラーとサイドウインドウの面積が広くサイド視界もしっかり保たれていたのが印象的でした!

 

上位グレードXでもドアトリム上部はハードプラ仕上げ・トリム部はファブリック生地仕様です。

スイッチ類の加飾もシンプルな質感の仕上げでクラス並みの仕上がりに感じました。

 

フロントドア結構開きます!

新型ノートはドア開閉範囲が広く乗り込みのしやすさも魅力的なポイントです!

Xグレード フロントシート

 

Xグレードのシートは、トリコットというファブリック仕上げが標準装備。

シートは若干柔らかめですが、スポーツ形状を採用する事である程度のホールド性は保たれています。

 

シート調整は上位Xグレードでも手動式が採用。

サイブレーキが電動化される事で足元スペースも広く確保されていました!

運転席全景

 

「このインパネ・デザインは未来的!」

横並びにレイアウトされたツインディスプレイと大型センターコンソールが先進的でスタイリッシュな内装に仕上がっています!

 

スポーツ・ステアリング

 

ステアリングは現行リーフと共通化されたD型形状を採用。

新しいニッサンエンブレムとスクエアにデザインされたスイッチでスポーティーな印象になりました。

標準装備のウレタン巻きを本革巻きに変更すると更に質感も高くなりますが、

最低でも7.3万円のセットオプション装備が必要です。。

 

運転席側には収納式のドリンクホルダーが装備。

最近では採用の少ない収納式ホルダーは、使用しない時には格納出来る優れモノで個人的に好印象です♪

ニッサンのデザイナーさん分かってるなぁw

オプションパッケージの

 

枠の縁取りが太い。。

内装の大きなトピックになる7インチの液晶ディスプレイがこちら!

コンパクトクラスにも液晶ディスプレイが搭載される時代になりましたね!

話題の先進安全装備プロパイロットが装備されていたのですが、

44万円のセットオプションでのみ装備可能で、グレードも限定され上位グレードXのみ。

プロパイロット自体は高速道路専用の機能ですが、ACCなどの安全支援機能もオプションパッケージ内に含まれています。

車体とオプション装備を合計したフル装備の価格は300万超えになってしまいます。

オプションパッケージって元々ユーザーがお得に買える様なパッケージが、最近はメーカー本位でユーザーの選択肢をかえって狭めている気がします。

 

9インチワイドナビゲーション

 

パネル全体をピアノブラックで加飾された9インチワイドナビゲーションもオプションパッケージ内の専用装備。

今回のプロパイロットでは、ニッサンコネクトに対応したナビゲーションと連動してカーブやジャンクションをスムーズに曲がれる様アシストする機能が付いたそうです!

こういった機能も標準化する事で多くのユーザーに体感して貰える方が、結果良いプロモーションになると思うんですけど難しいのかなぁ。

 

 

解像度も良かった!

インテリジェントルームミラーも装備され高級車も顔負けの充実ぶり!

カメラ画像をルームミラー内に映し出す機能がこのクラスでの装備は異例なんですが、こちらもオプションパッケージに含まれて単品装備は出来ません。

 

エアコン操作スイッチはラバーが張られ操作性を重視。

スマホのワイヤレス充電器が装備出来る仕様もクラス超えのCセグを意識した仕上がりに感じます。

 

セダン顔負けのセンターコンソール

 

内装デザインで印象的だった中央の大型センターコンソール。

同クラスでは簡素になりがちな部分ですが、ここまで立派な仕上がりはセダン顔負け!

シフトレバーを高めにレイアウトされる事で操作性も良く、何よりデザインがカッコいい!

 

シフトレバー周りのデザインも洗練されて質感良いです♪

エンジン起動スイッチがセンターコンソールにあると高級車に感じるのは自分だけでしょうかw

新型ノートは今回のフルモデルチェンジで、電子式パーキングブレーキとブレーキオートホールドが標準装備されました!

最近の新型車で装備が増えてきている便利な機能ですが、新型ノートは一味違います!!

ブレーキオートホールドにメモリー機能が搭載!!

ここは個人的に大きな進化かと!!

エンジン停止後も機能がメモリーされ、毎回始動毎にスイッチを押す事なく機能保持してくれます♪

他メーカーでブレーキオートホールドを使用している方の話では、機能オンをうっかり忘れて信号待ち等でヒヤッとする事もあるみたいですw

今回のメモリー機能追加は国産メーカーでは初めてかと思っていたのですが、

昨年のマイナーチェンジでニッサン エクストレイルで早くも装備されていた模様。

ニッサンやるなぁ!!

こういった所をもっとプロモーションされた方がイイと思うんですがw

 

シフト操作はサイドのボタンを押しながら前後にスライドする事でシフトチェンジが可能です。

未来的なデザインと独特な操作方法も車格のワンクラス上を意識してそうですね!

 

キーにはニッサンの新しいブランドロゴがデザインされてました。

白を基調にしたシンプルなロゴデザインが未来的でカッコいい!

 

全体的な質感は

 

先進的なデザインと装備群で進化が見られる新型ノートの内装ですが、、

 

ダッシュボードは全面ハードプラ仕上げ
カーボン調のダッシュボードパネル

ダッシュボードパネル周辺はハードプラ仕上げが目立つなど、先行画像で見るよりも質感はクラス並みに感じるポイントも多いです。

内装カラーがブラックのみと色使いが少なくチープに見えてしまう部分も感じます。

つい先進的な装備に目が行ってしまうので実際に試乗される際はこちらも注目してみて下さい!

内装の質感については後席になると特に目立ってしまう印象でした。

 

後席の質感・居住性をチェック

 

後席ドアは全面ハードプラ仕上げ。

前席と比べると質感は落ちて割り切り感が見られます。

 

前席と同じくファブリック仕上げの後席シート。

ドアトリムが真っ暗な点もあって全体的に暗めな印象です。

 

シートリクライニングは1段分僅かに可動したのですが、リクライニング機能が付いている事が重要!

コンパクトクラスでは採用が少ない機能だと思いますので、後席の居住性アップに大きく貢献出来る機能です。

172cmのオッサンが座ると膝前空間はコブシ2個分程の余裕。

座って気になったのは足元空間の狭さでした。

 

シートレールの出っ張りが左右に張り出して足先を広げる余裕は少なめ。

アングルのカバーが無く、剥き出しになっている点も気になりました。

新型ノートはスタイリングを重視した事で、こういった部分ではしわ寄せが感じられるポイントもあります。

ここまでの内外装チェックは後日インスタ動画でも紹介しますのでそちらもチェックしてみて下さい!

 

新型ノート インスタ動画

ここまでを動画でまとめたインスタ動画で内外装を5分間チェック!

ブログをアシストする形でショート動画にこだわって発信して行きますので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

最後に試乗レポートの紹介です!

 

新型ノート試乗レポート

試乗車両スペック

 

NISSAN NOTE X

ボディーカラーピュアホワイトパール
全長4,045mm
全幅1,695mm
全高1,520mm
ホイールベース2,580mm
車両重量1,220kg
搭載エンジン1.2L直列3気筒エンジン+モーター
最大出力/トルク82ps/103N・m
駆動方式FF
使用燃料/燃費レギュラー/WLTCモード 28.4km/l
車両本体価格218万円

今回は試乗時間の関係で高速走行でのプロパイロットは体感出来ませんでしたが、市街地走行で第2世代e-POWERの実力を体感です!

それでは試乗開始です。

第2世代e-POWERの進化

 

ファーストインプレッションで感じたのは、静粛性の高さ。

第2世代e-POWERの進化がスゴイ。。

e-POWERはガソリンで電気を発電する仕組みを採用している為走り出しからEVの様なモーター走行が可能ですが、

ロードノイズまでしっかりカットされ遮音性能が秀逸です!

 

関連記事

街中を未来のクルマが走る日がやって来ました!こんにちは。togariです!今回紹介するクルマはこちら! ホンダ初のピュアEV ホンダeの試乗レポートをお伝えします!昨年の東京モーター[…]

直近でホンダのピュアEV ホンダ-eに試乗させて頂いたのですが、新型ノートの静粛性の高さは負けてない!

先代のノートはエンジン音が大きく車内に入ってしまう点がオーナーさんから改善要望が多かったそうです。

モータートルクを効かせた低速からの加速も非常に滑らか。

雑味がカットされた静粛性の高さはBセグクラスの枠を超えてる印象です!

 

ステアリングの剛性アップ

 

静粛性と共にステアリングの剛性も国産同クラスよりどっしりした反力を伝えてきます。

先代より95%剛性アップしたとの事ですが、左右の遊びが少なくセンターをしっかり捉えてコーナリングも非常に安定。

自分はまだ試乗出来ていないのですが、

新型ルノールーテシアと共通化されたプラットフォームの恩恵なのか直進時の安定性も非常に高く、コンパクトクラスよりワンランク上の乗り味は非常に魅力的!

昨年のカーオブザイヤーにノミネートされていたらかなり良い線まで行きそうな気がします♪

 

高くデザインされたセンターコンソールに左手を置くと、コンパクトハッチとは思えないラグジュアリーな気分も味わえます♪

乗り心地はスポーツ寄り

 

一方で足回りは硬めにセッティングされている様に感じます。

新型ノートの搭載サスペンションは、

フロント独立懸架ストラット
リアトーションビーム

車速が上がるとサスの動きも落ち着くのですが、街中をストップ&ゴーで走ると低速時に段差をコツコツ拾います。

特に前輪からの突き上げ入力が強く感じられたので、

乗る方によっては乗り心地が悪いと取るか、スポーティーな足回りと取るか好みが分かれそうです。

 

 

進化したe-ペダル

 

第2世代e-POWER大きな進化として、ワンペダル走行が行えるe-ペダル機能が改良されました。

先代まではアクセルオフした際に回生ブレーキが強く掛かり過ぎてカックンブレーキになりがちだったのですが、

アクセルオフの減速が非常に滑らかになっています。

個人的にはアクセルワークもマイルドになり扱い易くなったと思ったのですが、先代からワンペダルを愛用されていたオーナーさんからの評価は五分五分みたい。

新型ノートのe-ペダルはアクセルオフしても完全停止せず、最後はブレーキを踏んで停車する必要があります。

今回のフルモデルチェンジでブレーキオートホールドが採用された為、安全面を重視した仕様みたいですがワンペダルを独自の武器にしていたニッサンが今回の改良でどう評価が変わるのか気になる所ですね。

 

メーターフードが無い為、昼間は眩しく感じるかも。

ドライブモードは3種類設定されて、スポーツとエコモードにはe-ペダルが機能していました。

ノーマルモードにすると回生ブレーキが掛からない通常のブレーキタッチで使用出来ます。

内緒ですが、実際はノーマルモードのブレーキタッチが1番好みかもw

スポーツモードで踏み込んでアクセルオフすると回生が掛かってしまうのはちょっと違和感を感じましたw

ドライブモード毎の燃費性能ですが、

スポーツ>エコ>ノーマル

e-ペダルを使用したスポーツモードが一番エコな走りが出来るみたいです⁈

 

ちょっと話が逸れてしまってスミマセンw

新型ノートの動的質感は非常に高い仕上がりでした!

モータートルクを効かせた静粛性の高い加速性能とボディー剛性の高さを感じるドライブフィールは国産Bセグクラスを騒がしてくれる魅力的な走りを体感!

以上で試乗レポート完了です!

 

ライバルはCセグハッチ

購入時のネックになっているセットオプションについて考えてみたのですが、

正直どこまでチョイスするのがベストなのかは難しいです。

高額になっているプロパイロットを装備するかで乗り出し価格が抑えられそうですが、伴って内装や快適機能もカットされるので予算が許せばフルオプションを選するのがベストなんですけどね。

街乗り重視で考えると、プロパイロットよりも動力性能の高さを重視した中間グレードでも新型ノートの魅力を引き出せるクルマだと感んじました。

価格面では悩ましい点も感じる1台ですが、新世代ニッサンとしてCセグクラスを意識したプレミアコンパクトに仕上がった新型ノート。

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

お近くのディーラーで生まれ変わった新型ノート是非を体感してみて下さい!

 

愛車の下取りを検討する方はコチラの方法がオススメです!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがあります!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!



 

次回の予告

 

「ブラックホイールが渋い!」

次回は年次改良でエクステリアにもテコ入れされた国産SUVの魅力に迫ります!

お楽しみに!

今後もクルマの魅力を分かり易くお伝え出来るよう試行錯誤しながらより良い試乗ブログを目指して参ります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG