【五感を刺激するホットハッチ】AMG A35 4MATIC 試乗レビュー

HB

「コンパクトとハイスペックの組み合わせは最高のバディー!」

メルセデス最小のAMGモデルを体感してきました!

こんにちは。togariです!

今回ご紹介するクルマは、

Mercedes-AMG -A35 4MATIC!

メルセデス・ベンツAMGモデルの中で最小モデルにして最速のコンパクトハッチ!

以前からずっと気になっていた1台で遂に試乗取材させて頂きました!

先に結論からお伝えすると、

「驚愕のスペック!全方位でクルマの魅力満載の1台でした!」

ここ最近コンパクトなクルマの試乗取材が多かったのですが、

小さくて高性能ってやっぱり最高だなと改めて実感!!

魅惑のコンパクトハッチ!

Mercedes AMG A35 4MATICの魅力に迫ります!

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

お世話になったディーラーさん

今回試乗させて頂いたディーラーさんは、

今回はディーラー紹介NGとなりました。

いつもは試乗取材させて頂くお礼にディーラーさんのプロモーションをさせて頂いていますが、

ここは販社によって考え方が違う為仕方が無い所です。

今回はディーラーさんのご厚意でハイスペックモデルになるAMG A35 4MATICを試乗させて頂き魅力を充分に体感する事が出来ました。

ありがとうございました!

AMG A35 4MATICの魅力しっかり伝えさせて頂きます!

それではAMG A35 4MATICのエクステリアからチェック!

AMG A35 4MATICエクステリア

AMG A35モデル概要

AMG A35 4MATICはメルセデス・ベンツのエントリーモデルであるAクラスハッチバックがベースになるAMGモデルになります。

エクステリアの印象は思っていたより大人しめな印象。

遠目から見るとノーマルのAクラスとさほど変わらなく見えるかもしれません。

https://www.netcarshow.com/

更にハイスペックモデルのAMG A45になるとメルセデスAMGモデルの象徴になる「パナメリカーナ・グリル」が採用されています。

今回紹介するA35というモデルは今までAMGモデルには無かったナンバリングで、

「ハイスペックかつ街乗りも実用的に使えるよう仕上げた新ジャンルのコンパクト」がテーマになっています。

AMG A35 4MATICのボディーサイズは、

全長4,436mm
全幅1,797mm
全高1,405mm

全幅こそ1,800mmに近いですが、取り回しの良いボディーサイズが魅力的です!

搭載されているエンジンは、

2.0L  直列4気筒ツインスクロールターボ

最大出力306PS
最大トルク400N・m
トランスミッションAMG スピードシフト7速DCT

いやいや、このクラスで300馬力とは!

専門的な事は分からないのですが、エンジンの吸気ダクトが異常にデカいw

コンパクトボディーの中に恐ろしい程のハイスペックなエンジンを搭載しています!

車両本体価格は驚愕の628万円!

立派なスポーツカー並みの価格!

更にオプション装備として、

有償ペイント デジタルホワイト7万円
パノラミックスライディングルーフ16.6万円
ナビゲーションパッケージ18.7万円
AMGアドバンスパッケージ35万円

オプションを合わせると総額は705万円!

価格は決してコンパクトではありませんw

フロントビュー

フロントデザインはAMGモデルとしては控えめな印象を感じたんですが、

グリルを良く見ると通常モデルのダイヤモンドパターンでは無く全面がメッシュグリルになり、

外気を多く取り入れるデザインに仕上がっていました!

AMG専用のフロントリップによるワイドな演出もカッコ良い!

フロントグリルにはAMGバッヂが装備され、さりげなく主張しているのがポイント!

お馴染みのシャープなデイタイムランニングライトも健在で、

ノーマルのAクラスから更に質感を高めた印象です!

スタリッシュなサイドビュー

サイドビューはシンプルな専用フロントリップスポイラーとサイドスカート装備でスタイリッシュな印象です!

デジタルホワイトというAMGモデル専用カラーは透き通るように綺麗な発色でした!

足元は18インチAMG5ツインスポークアルミホイールが装着されています。

ここは通常のAクラスと同じタイヤ・ホイールが採用です。

サスペンションはAMG専用装備。

リアにはトーションビームでは無く、マルチリンク式が採用されています!

大型のディスクブレーキにホワイトキャリパーのAMGロゴの色使いは新しい!

フェンダーにエアスリットが入ってますが、ここは貫通して機能してました!

 

マーカー部には4MATIC TURBOのロゴが!

コンパクトAMGモデルの4MATIC仕様なんて想像するだけで楽しいに決まってますw

 

リアのリップスポイラーは小型のシンプルなデザインでした。

限定発売されたEdition1には大型のリアウイングが装備されているので、こちらはホットハッチ色が薄い印象です。

ホットハッチ全開なリアビュー

「出ましたー!ホットハッチ全開仕様w」

さっきまでの控えめな印象は何処に行ったーw

この極太マフラーはインパクト有り過ぎです!

このツインエキゾーストから鳴る排気音がまた良い音でして!

バンパー下部のエアディフューザーも大型にデザインされリアの下回りはリアルホットハッチ感満載です!

 

フロントとは対照的にリアビューはド迫力!

街中走ってると思わず姿を追ってしまいそうw

通常のAクラスではないオーラを感じるリアビューはエクステリア1番の魅力ポイントです!

AMG A35 Edition1

ディーラー内には限定発売されているAMG A35 Edision1が展示されていました!

デニムブルーというAMGモデル専用カラーはスポーツハッチでは珍しく落ち着いた色合いの印象です。

タイヤは19インチにアップされ専用デザインのホイールが装備。

ミシュランの235/35R19の扁平サイズを履いてました!

タイヤ薄いなーw

シャンパンゴールドの様なフィンデザインのホイールはAMGラインでも選択出来るようにして欲しい!

巨大なリアウィングがインパクト強いですね!

サイドにも専用デカールが貼られて視覚的にも分かりやすいホットハッチ仕様です。

Edition1の価格は743万円で全国限定600台!

今回試乗のA35モデルのオプション装備を考えるとこちらの方がコスパは高いかも!

ディーラーに在庫があればまだ購入出来るそうですので、気になる方はお近くのメルセデスディーラーへ!

続いてAMG A35の内装をチェック!

AMG  A35 4MATIC 内装

フロントドアから高い質感

フロントドア内部は変わらずの隙が無い高い質感です!

メルセデスは次世代モデルになってから内装の質感が格段に上がりました!

エントリーモデルでも上位モデルと引けを取らない高い内装はクラストップの仕上がりです!

スポーツシート装備

オプションのAMGアドバンスドパッケージを装備すると本革のスポーツシートが採用です。

硬めの着座感でサポート性は非常に高いですが、ここは通常モデルのAMGラインのシートと同じデザインでした。

Edition1 フロントシート

更に上質なAMGパフォーマンスパッケージを装備すると、

サイドの張り出しもよ強くなり包み込み感が強いスポーツ指向なデザインになります。

 

メルセデスのシートは座面が前に伸ばす事が出来るので足元のサポート性もしっかり固められます!

今回の試乗でサポート性の高さを改めて感じました!

おっ!今回はセンターコンソールのアンビエントライトが良く見えてますね!

スカッフプレートもAMGロゴ点灯式でラグジュアリーな演出!

スポーツモデルの象徴になるアルミペダルもモチロン装備!

ペダル・レイアウトも良好で刺激的な走りが楽しめます!

スポーツハッチでも先進機能に不足無し!

スポーツモデルであるAMGでも内装の質感にコストカットは皆無!

巨大なツインディスプレイと先進的なインターフェースMBUXも装備されています!

非日常的なパフォーマンス性と日常的な実用性を兼ね備えているのがA35 4MATICの魅力です!

Edision1インパネ

Edition1になると高い質感にスポーティーさが加わり上質感の極み!

ステアリング比較

AMG A35 4MATICのステアリングは通常のAMGラインと同じ仕様でした。

通常モデルでも質感・操舵性は非常に高いのですが、

今回のAMG A35は更にどっしりしたステアフィールでした!

Edision1になるとAMG専用ステアリング仕様変更!

小径・極太の形状でドライブセレクトも手元で行えます!

このステアリングを体感したかったのですが、今回の試乗車には装備されていませんでした。

うーん。やはり次回はAMG45行くしかないですかねw

今回の試乗車に同じ装備を追加オプションを追加しようとすると、

AMGパフォーマンスパッケージ

  • AMG専用ステアリング
  • AMG専用シート
  • AMG RIDEコントロールサスペンション

これらの装備が55万円の高額なオプション設定になっています。

クラストップクラスの解放感

メルセデス伝統のパノラミックスライディングルーフは解放感抜群です!

コンパクトクラスでこの広がりを楽しめるのはメルセデスだけ!

全開にするとルーフ全体が浮いている様にスライドします!

もうこのギミックが堪りませんw

見た目のルックスと開放感の高さも備えたクラストップの仕上がりです!

AMG専用キー

AMG専用デザインのキーはマット塗装にAMGロゴが入り、

動的質感と同じくどっしりと重い!

これは所有満足度高いなー!

後席の居住性

後席の仕上がりもヘッドレストまでしっかりと造り込まれ、前席から質感ダウンは感じません!

居住性は流石に広々とまではいきませんが、

シートがしっかり造り込まれているので大人4人乗車が可能な空間は確保されています。

後席足元にもアンビエントライト仕込んであるんですね!

演出が細かい!

前席のスポーシートが後方へ張り出している為、室内長の短いAクラスだと若干圧迫感を感じます。

Edision1後席

これは個性的なフォルムw

Edision1になるとまるでフォーミュラカーの様なデザインのシートバックでした!

コンパクトクラスの後席とは思えない高い質感が印象的です!

WONDERFUL CAR LIFE

AMG A 45 S 4MATIC+ edition 1内外装レポート     メルセデスAMG A45Sの限定車エディ…

更にハイスペックなAMG A45 4MATICをブログ仲間のUUさんがレビューされていまのでこちらも参考にしてみて下さい!

マットブラックのAMGは激渋です!!

以上で内装レビュー完了です!

最後は本題の試乗レビューです!

 

AMG A35 4MATIC 試乗レビュー

試乗車両スペック

AMG A35 4MATIC

全長4,436mm
全幅1.797mm
全高1,405mm
ホイールベース2,729mm
車両重量1570kg
搭載エンジン2.0L直列4気筒ツインスクロールターボ
最大出力/トルク306ps/400N・m
駆動方式4WD
使用燃料/燃費ハイオク WLTC 12.2km/L
乗車定員5名
車両本体価格628万円

今回は市街地-バイパス道路-ワインディング走行で試乗体感して参りました!

コンパクト・ハイパフォーマンスモデルの動的質感をチェック!

AMGボディー剛性の高さ

エンジンを起動するとブルンッ!と低い排気音が鳴りいよいよ試乗開始。

ステアリングを握り市街地へ走り出すと、

「これはスゴイどっしり感! ステア・アクセルから剛性力の太さを感じます!」

初っ端からAMGモデルのボディー剛性の高さを実感しました!

AMGモデルにはシャーシにもかなりの補強が入っているようでステアリングの応答性は相当スパルタン。

これ位のどっしりした安定感大好きですw

この時のドライブモードは1番マイルドなコンフォート。

スポーツモードはどうなるのかと期待に胸を躍らせながら市街地を走らせます!

路面からの突き上げは道路の繋ぎ目からも結構段差を拾います。

通常のメルセデスAMGラインも乗り味は硬めに味付けされていますが、AMG A35はよりスポーティーに振った印象。

ただ突き上げの収まり方が、

ビシッ!と収束が早く不快に感じる前にボディーの剛性力で打ち消されていく印象でした!

ここはリア・マルチリンク採用のサスペンションが大きく働きます!

爆発する加速

市街地を抜けバイパスへとクルマを走らせます。

AMG A35 4MATICのドライブモードは、

  • スリッパリー
  • コンフォート
  • スポーツ
  • スポーツプラス
  • インディビジュアル

スリッパリーという滑り易い路面でトルクを制御するモードが追加になっていました。

直線道路へ入ったのでドライブモードをスポーツへ切り替えると、

更にステアとアクセルのレスポンスがシャープに反応!

車体の軽いコンパクトハッチだからこその動力性能は非常に魅力的!

研ぎ澄まされた精度の高いドライブフィールを体感出来ました!

それではいよいよフル加速行きますか!

車間が空いた所でアクセルを深く踏み込んでみると、

「グォーーン!」

エキゾーストを響かせながら一気にトップスピードまで加速!

爆発するような一瞬の出来事なので中間速を通り越してますw

搭載されているツインスクロールターボはAMG7速DCTの滑らかなシフトと合わって低速域からのレスポンスが飛び抜けて高いです!

この爆発力は五感を刺激する吹け上がり!

0-100kmタイムは4.7秒。

まるでレースゲームのブースト加速の様な現実味が感じられない加速でしたw

 

AMGモデルのディスプレイ内にはターボブーストが表示出来てアクセルレスポンスとリンクします!

すぐにレッドゾーンまで振り切ってしまいますがw

この感覚を公道で体感出来るとは。。

やはりAMGモデルは只者ではないです!

快適な装備群

再び市街地を走らせますが、コンフォートで走らないとレスポンス強過ぎて足が疲れますw

この頃にはクルマにも身体が順応して来て乗り味を楽しめるようになっていましたw

試乗した日は真冬なのに気温が19℃近くまで上がる暖かい日中でしたが、

  • MBUXを使用すると一声で車内の温度調整が可能!
  • ストップ&ゴーの多い街中でもブレーキオートホールドで疲れ知らず!
  • Sクラスに迫る高い安全支援機能が搭載!

AMG A35 4MATICは普段使いにも快適に利用出来る実用性の高さも持ち合わせています!

ワインディングを攻める!

試乗の最終セクションは以前BMW Z4でも走行したワインディングを攻めてみました!

ドライブモードをよりスパルタンなスポーツ プラスで駆け抜けてみると、

「パパンッ!とエキゾーストを鳴らしながら抜群のトラクションコントロールでグイグイ加速!」

いやー!楽しいです!ホントに楽しいw

この場面で効いてくるのは、高い安定性を誇るメルセデス伝統の4MATIC!

スポーツ プラスになるとステアリングの応答性が相当シビアになりますが、

4MATICのトルク配分でアンダーステアを抑え込んで気持ち良く曲がります!

1つ気になる点とすれば、燃費面でしょうか。これだけ速いと相当ガソリン喰いますねw

コンパクトなボディーにハイスペックの動力性能!

AMG A35 4MATICの魅力を充分に体感させて頂きました!

以上で試乗レビュー完了です!

 

AMG A35 4MATIC インスタ動画

コンパクトクラス最速のホットハッチ Mercedes AMG A35 4MATICを3分間でチェック!

最後にAMG A35 4MATICの紹介を3分間まとめたインスタントな動画。

インスタ動画をどうぞ!

画像では分かりにくい立体的な質感や、ブレブレですが試乗の様子も収めていますので参考にしてみて下さい!

 

まとめ

今回念願のAMGモデルの試乗取材をさせて頂きましたが、

やはり通常のメルセデスとは格段に高い動力性能を持つクルマでした!

クルマの車格って車体が大きい程高くなるイメージですが、

AMG A35 4MATICの様に小さいボディーの中に性能をギュッと詰め込んだクルマの形は大変魅力的だなとまたまた実感!

メルセデスのAMGモデルは機会を作ってまた体感して行こうと思っています!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

ご興味を持たれた方は、AMG A35 4MATICの魅力をお近くのメルセデス・ディーラーで是非体感してみて下さい!

 

クルマの購入を検討中の方はクルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だなって思われているアナタ!

面倒な手続きや買取交渉を代行して行ってくれる新しいサービスがこちら!

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取法!
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない!
査定は提携のGSか自宅での1回でOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次の乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用アップ!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
入力は簡単30秒で完了!
買取額の見積もりだけも可能ですのでこちらから是非!

 

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

次回の予告

次回の魅力を紹介するクルマは、

まだまだコンパクト続きますw」

オープエアにも変化する機能性に優れたスポーツハッチの試乗レビューをお伝えします!

お楽しみに!

今後もクルマの魅力を伝えるブログを発信して、試行錯誤しながらより分かりやすいコンテンツを目指そうと思っています!

最後まで読んで下さりありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG