MT初心者が体感するホットハッチ【GRヤリスRZ 】市街地・ワインディング試乗レポート

HB

トヨタ渾身のコンパクトハッチ体感!

こんにちは。togariです!

今回紹介するクルマは、

 

 

TOYOTA GRヤリス!

トヨタがイチから造り上げたコンパクトスポーツモデルに試乗して参りました!

このクルマ凶暴に付き!!

街乗りではパワーが勝る動力性能に圧倒されてしまいましたw

タイトル通り普段からマニュアル操作に慣れないMT初心者ですが、自分なりに試乗で感じた様子をお伝え出来たらと思います!

国産ホットハッチの最高峰モデル トヨタGRヤリスの魅力に迫ります!

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。 カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

ディーラー紹介

今回試乗させて頂いたディーラーさんは、

 

GRGarage周南 INGINGさんです。

 

ありがとうございました!

新しい形のクルマサービスの集合エリア

Felix88 は山口県下松望町にある新しい形のクルマサービスの集合エリア です。トヨタの新車販売 、中古車販売 、ジェ…

当ブログでもお世話になっているこちらのディーラーさんは、

  • カーディーラー
  • GRガレージ
  • 中古車販売

クルマの総合サービスを取り扱う複合型店舗になっています!

 

ピットをイメージした店内にはクルマの展示やカーグッズの販売コーナーも充実。

気軽に立ち寄れる店構えが魅力的です!

 

暫く休止されていた2階のカフェスペースも再開されていました。

フードメニューも豊富で週末に各種イベントも行われていますので家族連れでもゆっくり過ごせます!

 

もちろんトヨタの試乗車もGRモデルを中心にラインナップ!

伺った時は出力アップされたGRスープラRZマイナーモデルの試乗車が早くも入庫されていました!

これは次回楽しみw

気軽にクルマと触れ合える店舗スタイルが魅力的なお店ですのでお近くの方は是非!

 

近郊の方で試乗や見積もりを検討されている方がいらっしゃれば、担当営業の方をご紹介出来ますのでお問い合わせ欄からご連絡下さい!

 

それではGRヤリスをチェック!

GRヤリスモデルスペック

 

「うわぁ!がっちりキマってる!」

今回の試乗車は、

GRヤリス RZ “High performance”

GRヤリスのラインナップ中でも足回りの強化を加えた最上位モデルです。

グレードトランスミッション駆動方式車両価格
RZ “High performance”(試乗車)6MT4WD456万円
RZ6MT4WD396万円
RSCVTFF265万円

CVT/FF仕様のRSグレードと価格差は約200万と価格帯もかなり広くなっています。

手頃な価格帯で街中でも扱い易そうなRSグレードも気になるトコロですが、

このモンスターマシンの真の性能が発揮されるのは4WD/6MT仕様でしょう!

自分にはじゃじゃ馬過ぎて身体が持たなかったですw

搭載されるパワートレインは、

フードの3本スリットが3気筒を表現

272ps/370N・mを誇る1.6L直列3気筒ターボエンジン

低速ギアから野太いトルクで立ち上がる加速性能は市販車レベルを超えた本格仕様!

試乗した日は午前中にRAV4 PHV試乗の後にGRヤリスを試乗してきたのですが、

先進的なエンジンから本格的仕様までトヨタは車種のみならずパワートレインの幅広さでも国内シェアを獲りに来てますね!

GRヤリスのボディーサイズは、

 

全長3,995mm
全幅1,805mm
全高1,445mm
ホイールベース2,560mm

4mを切る全長にヤリスよりも拡大された車体は理想的なワイド&ロースタイルに仕上がっています。

それではGRヤリスのエクステリアをチェック!

 

GRヤリスRZ エクステリアチェック

迫力増しのワイドボディー

コンパクトクラスとは思えない迫力増しのワイドボディー!

試乗車のボディーカラーは、

プラチナホワイトパールマイカ

先行イベントで見たブラックカラーよりも膨張されより大きく見えるサイズ感です。

 

関連記事

20年振りに復活した高性能4WDスポーツGRヤリスを詳しくチェック!こんにちは。togariです!トヨタ渾身のコンパクトスポーツGRヤリスの先行展示イベントへ伺って来ました!コロナの影響で展示会も中止されてい[…]

GRヤリスRZ 1stEditionの漆黒ブラックモデルは先行展示イベントで取材していますのでこちらも是非!

RZグレードはピアノブラック塗装された専用パーツがアクセントになり質感高い仕上がりです!

LEDヘッドライト

 

鋭いヘッドライトデザインは上部分にカーボン素材を使用してよりスポーティーな演出を表現。

下分のアイラインがデイタイムランニングライトとウィンンカーを共用し反転して点灯する仕様。

安全支援装備はオートマチックハイビームが全グレード標準装備されています。

GRヤリス専用フロントグリル

 

フロントバンパーは各GRモデルと共通したスクェアデザインになっていますが、

左右に大きなエアディフューザーが装備されブレーキを冷却。

更にナンバープレート裏には、

激しい走行に耐える熱対策としてインタークーラーを水で冷却するスプレー装置を搭載!

市販車に装備してくる所がスゴイw

ドレスアップデザインでは無く、走りに直結した機能装備がヤリスと大きく異なります!

グリル全体にピアノブラック塗装された仕上がりはRZ”High performance”専用装備です。

コンパクトスポーツを凝縮

 

コンパクトスポーツの魅力を見事に表現!

全長4mを切るコンパクトボディーに、

  • エアロダイナミクス
  • 2ドアクーペ
  • 低重心ボディー

コンパクトスポーツの魅力が凝縮されたプロポーションが魅力的です!

タイヤ&ホイール

 

RZ”High peaformance”専用装備の18インチ鍛造アルミホイール(BBS製)

日本刀をモチーフにしたシャープなホイールデザインは鬼滅仕様といった所でしょうか!

あっ。スミマセンw

スタッフさんの話ではBBS製鍛造ホイールを履く事で軽量化が図られるだけでなく、走行時のグリップ力にも大きく影響してくるそうです!

装着されていたタイヤは高いグリップ力で有名なミシュランパイロットスポーツ4S。

GRシリーズの中でもGRモデルにるとタイヤ銘柄も指定が入るそうです!

 

試乗車としておろしたての状態でも、ホイールに付着したブレーキダストが目立ちました。

制動力の高い4ポッド式ディスクブレーキを採用しているのでグロスブラック塗装を綺麗に保つ為にはホイールコーティングが必須になりそうですね!

 

2ドアクーペなのでリアウィンドウのピラーデザインも独特な形になっていました。

試乗車に装着されたサイドバイザーは途中で切れしまうデザインになっています。

見た目を重視される方は付けないほうがカッコ良さそうです。

 

どっしりリア

 

「今回のローアングルショットはどうでしょうか!」

サイドフェンダーの存在感がリアを更にどっしり主張する堪らないリアデザイン!

GRヤリスの大胆なフェンダーデザインに惚れ込んいる方も多いはず!

 

ヤリスから採用されているリアテールとスポイラーが一体化したデザインは先進的なイメージも感じられます。

車名エンブレムの下には20年振りに復活したスポーツ4WDを表す“GR-FOUR”ロゴが主張。

 

https://global.toyota/jp

過酷なラリーを走る4WD機構を3ドアバックハッチに落とし込んでしまうトヨタの本気仕様です!

 

専用装備のカーボンルーフは炭素樹脂をシート状に浸透させる技術を採用。

GRヤリスは左右・バックドアに至るまでアルミを使用し軽量化に特化したモデルになっています!

 

左右2本出しの極太マフラーは走り出しからエキゾーストをバリバリ鳴らしてくれました!

リアバンパー部のピアノブラック塗装はフロントと同じくRZ”High performance”専用装備です。

ラゲッジスペースの実用性は

 

バックドアは手動式ですがアルミ製ドアなので開閉がめっちゃ軽い♪

4名乗車でのラゲッジ容量は174L。

6:4分割可倒式シートが採用され、2ドアクーペと思えばラゲッジは意外と使えるかもしれないです。

 

前後の重量バランスを取る為にラゲッジ下にはバッテリーを搭載。

実用面よりも走行面を重視した造りはラゲッジスペースも同じですね。

以上でエクステリアチェック完了。

続いて内装をチェックしましょう!

 

GRヤリスRZ 内装チェック

 

サッシュレスドア

 

サッシュレスドアを採用したGRヤリス。

アルミ製のドアを閉めると、車内の機密性を高める為パワーウィンドウがシュッと閉まります。

こういった部分からもヤリスとは別物のクルマに仕上げられています!

GR専用スポーツシート

 

RZグレード以上に装備されるシートは、ウルトラスェード+合成皮革コンビ採用のバケットデザイン。

軽量化に特化している為パワーシートの装備はありませんが、腰とシート座面のサポートが身体にピッタリとフィットします!

座り心地は他のGRモデルよりも少し硬めに仕上げられています。

 

画像だとペダルレイアウトはタイトに見えますが、運転してみるとそこまで狭くないかも。

普段からMT慣れしていないのでクラッチのストロークが短い点は非常に助かりますw

 

運転席全景

 

基本的なインパネデザインはヤリスと共通化。

内装色はブラックのみで各所にGR専用装備が加わっています。

走りに特化したモデルなので内装の質感はシンプルで価格帯を考えるともう少し上質さが欲しい所。

発売前から注目を浴びているGRヤリスはAMGモデルやMモデルに乗られているオーナーさんも試乗に来られるみたいです。

動力性能の部分は高く評価されるけど、”良くも悪くも内装がトヨタだね”というご意見も有るようでした。

 

GRステアリング

 

GR仕様の本革巻きステアはハンドル剛性がめっちゃ強い!

左右にステアリングスイッチが装備され、本格スポーツモデルでもトヨタセーフティーセンスが標準装備で安全面も大きくカバーされています!

 

ステアリング下にはオートマチックハイビームやステアリングヒーターのスイッチが配置。

おっ!

その横にインタークーラー冷却スプレーのスイッチがありますね!

液晶ディスプレイ

 

中央ディスプレイにはGRヤリスの特徴になる4WDのトルク配分状態が各タイヤのゲージで表示されます。

先行展示の時は地味めな印象を受けたんですが、実車を見ると速さが表現されたデザインはモデルイメージに合ってる感じ!

7000回転に設定されているレブミリットや280km/hまで刻まれたをスピードメーターを見ると普通のクルマじゃない事は明確ですww

ディスプレイオーディオ

最近のトヨタ車と同じく8インチのディスプレイオーディオが標準装備されていました。

ナビゲーションを使用するには有線接続する仕組み。

ディスクスロットが無い仕様はGRヤリスも同じですが、RZ”High performance”にはJBLサウンドシステムが標準装備されています!

 

左右独立のエアコンパネルもヤリスと共通デザインですね。

運転席・助手席にシートヒーターが装備されているのは実用的で好印象です!

4WDモードセレクト

 

大型のダイヤルスイッチを操作する事でGRヤリスの武器になる4WDモードのダイレクト操作が可能!

ノーマル60:40
スポーツ30:70
トラック50:50

運転中の状況に応じてトルク配分を瞬時に制御してトラクションを維持しながら走りを楽しめます!

今回の試乗でもモード切替を行ってドライブモードの違いを確認して来ました!

6速MT

 

GRヤリスを試乗する上で避けて通れない6速MT。

今回は試乗前にシフト操作を確認。

入力自体は86GRの時よりも操作し易くて安心していたんですが、試乗中ちょっとやらかしてしまいました。

続いてを後席チェック!

後席の居住性は

 

後席へ乗り込む為には、前席をスライドする形です。

フロントドアが長い為、駐車場等の狭い場所では乗り込み辛い場面はありそうです。

 

4WDシャフトが真ん中を通る為センタートンネルは高く足元もタイト。

後席は2名乗車が可能ですが、シート中央の溝の様なデザインは今回も謎のまま。。

 

フロントシートを戻してない状態でご覧の足元スペースです。

後席のシート自体はしっかり造り込まれていますが、172cmの座高の高いオッサンは頭が擦ってしまいますw

このクルマでフル乗車を前提する方はなかなか居ないかと思いますが、大人が乗車するにはあくまで補助席用ですね。

2名乗車で使用するには後席へ手も回し易く荷物置きとしては最適なスペースだと思います!

以上で内装チェック完了です!

ここまでの内外装は動画も撮影していますので後日インスタ動画としてアップ予定です!

 

GRヤリスRZ インスタ動画

 

トヨタがイチから造り上げた国産最速ホットハッチGRヤリスを3分間でチェック!

ここまでの内外装をまとめたGRヤリスインスタ動画をどうぞ!

立体的な造形や質感が参考になれば幸いです。

ブログをアシストする形で動画配信も継続していきますので、チャンネル登録よろしくお願い致します!

最後に試乗レビューの紹介です!

 

 

GRヤリスRZ 試乗レビュー

試乗車両スペック

TOYOTA GRYARIS RZ”High performance”

ボディーカラープラチナホワイトパールマイカ
全長3,995mm
全幅1,805mm
全高1.445mm
ホイールベース2,500mm
車両重量1,280kg
搭載エンジン1.6L直列3気筒ターボ6MT
最大出力/トルク272ps/370N・m
駆動方式4WD
乗車定員4名
仕様燃料/燃費ハイオク/WLTCモード13.6Km/L
車両本体価格456万円

今回は市街地走行から一部ワインディング道を試乗させて頂きました!

それでは試乗開始!

飛び出す加速

 

エンジンを起動すると、

「ドゥルン!」とマフラーが鳴りピュアスポーツの世界へ引き込まれます!

最初はトルク配分60:40のノーマルモードで走行してみます。

市街地へ走り出しアクセルを踏むと、

ドカーンとリアから押し出されるような鋭いレスポンス!

軽量ボディー・高出力エンジンは出足からフルスペックを発揮してきます。

踏み始めでターボはまだ効いて無いと思うんですが、立ち上がりのトルクが並じゃないです!

クラッチミートが強烈で切った後の戻りが強く車体を揺らせてしまいました。

ストップアンドゴーの多い街中では1・2速の強トルクでクルマに操られてる感が強いw

その後の信号待ちで悲劇は起こります。。

 

 

togari

いやー!出足からトラクション効いてめっちゃ速いですね!

 

 

スタッフさん

そうなんですよ。togariさん今3速でしたのでローギアは左へ思いっきり入れて大丈夫ですよ!

 

togari

えっ。スミマセン!

やらかしてしまいました。。

シフト操作を確認して臨んだのですがw

改めてローギアから発進しますが、加速性能が素晴らしく速いです!(説得力無い)

試乗中忘れて試せなかった6速iMTという機能を使用するとシフトチェンジを回転数に合わせてスムーズにアシストしてくれるかもしれません。

同乗して頂いたスタッフさんがホント優しい方で助かりました。

試乗中色々と話させて貰ったのですが、

今までの愛車歴はマニュアル車のみという相当なクルマ好きの方でした!

シフトチェンジに戸惑う自分を見ると目も当てられませんw

同乗されたスタッフさんは今回GRヤリスを販売されるに当たって、

 

https://toyotagazooracing.com/

GRヤリスを製造するGRファクトリーへ直接見学に行かれたそうです!

実際の製造過程の中でもトヨタとしてはエンジンへの拘りが特に強かったと言われていました。

最終的なアライメント作業まで見学され、通常のトヨタ車とは全く違うクルマ造りをされているみたいです!

エンドユーザーに1番近いディーラーさんがこういった取り組みをされている事は素晴らしい事だと思います!

4WDの恩恵

 

ガチガチに固められた足回りからは想像出来ないですが、街乗りでの18インチの乗り心地は良好。

さすがにマンホールやグレーチングを通過した時は突き上げを感じられますがアスファルトの段差はフラットに通過します。

ボディーからの剛性の強さを伝えながらサスペンションの動きはしなやかで路面を滑らかにグリップしてくれます。

トルク配分60:40ノーマルモードはFFの様な感覚は余り感じられず4WD感の方が強い印象でした。

4輪で踏ん張る感覚は以前試乗させて貰ったジャガーF-TYPEクーペにも近い印象。

本格的なホットハッチでここまで乗り心地を出してくるトヨタはスゴイ!

しっかり掴むステアフィール

 

どっしりと剛性の高いステアリングはクルマの挙動をしっかり掴み安定した操舵性。

国産車でここまでどっしりしているステアフィールは少ないかも。

86やスープラと比べてもアイポイントが高い為、

取りまわしやすいサイズ感も魅力的です!

 

安全性能も充実

 

ミラー越しのフェンダーも良い♪

再び信号待ちで止まっていると、車内に突然アラーム音が鳴りました。

左後方からバイクが進入し、ブラインドスポットモニターが起動。

本格モデルでも安全支援装置が標準装備されてい点も国産車ならではの魅力です!

こちらは完全停止していたのですが、よくあるバイクの割り込みは怖いですね。

MT慣れしていいる方だとGRヤリスのスタートダッシュで負ける気はしないと思いますがw

 

ワインディング最高です

 

市街地を抜けて登り坂が続くワインディング道へ移ります。

ドライブセレクトをトルク配分30:70のスポーツモードへ切り替え。

ディスプレイが赤く表示される演出も気持ちが高まります♪

交通量も減ってきたのでアクセルをグっと踏み込んでみると、

 

長い登り坂をもろともせずターボを効かせてグイグイ加速!

2速でもかなり引っ張れて、加速の伸びと同時に鳴り続けるエキゾースト音が最高です!

3速以降はシフトフィールが滑らかな気持ち良い加速感に変化し伸びやかな走りが楽しめます♪

ワインディングに入り初めて心地良いドライブフィールを感じられた気がするw

更に驚いたのがコーナリング性能の高さです。

 

コーナーから立ち上がった直後、リアから押し出す様な鋭い加速を見せてくれました!

ここはFRを表現する後輪トルク配分とRZ”High performance”だけに装備されるトルセンLSDの効果が大きく作用!

この後ストレートで直線加速を体感したかったのですが、この日は片側工事が行われていた為この瞬間が試乗レポートのピークになってしまいました。

当初は戸惑う時もありましたが、最後はGRヤリスの実力を肌で感じられた試乗となりました!

以上で試乗レビュー完了です!

 

 

トヨタ渾身のGRヤリス

 

WRCラリー仕様のクルマを市販車として発売されたGRヤリス。

クラスの壁を超えたハイスペックは動力性能と専門的な装備群はクルマのメインストリームとは方向性を変えた1台に仕上がっていました。

低燃費性や環境性能が重視された新型車とは違ったアプローチで国内市場に相当なインパクトを与えそうです!

記事を書いている内に,

2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤーにGRヤリスがノミネートされたようです!

 

日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

日本カー・オブ・ザ・イヤーの公式サイトです。市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なク…

 

今年はコロナの影響でクルマ業界も相当なダメージを受けていますが、ライバルの中でGRヤリスがどこまで食い込んでいくのか発表が楽しみな所!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

お近くのディーラーでトヨタ渾身の1台 GRヤリスの魅力を体感してみて下さい!

 

愛車の下取りを検討する方はコチラがオススメ。

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがあります!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。 買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。 査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

今後もクルマの魅力を分かり易くお伝え出来るように試行錯誤しながらより良い試乗ブログを目指して参ります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG