【CX-30 XD 100周年特別記念車】納車しました!納車式& 内外装チェック “動画追加”

遂に愛車とご対面!

こんにちは。togariです!

 

MAZDA CX-30 XD 100周年特別記念車納車しました!!

おぉ。カッコ良過ぎる!

完全な自己満足ですが、うっとりする仕上がりに大満足してます

今回は、愛車の納車式の模様とCX-30 XD 100周年特別記念車の内外装チェックレポートをお伝えしたいと思います。

最後までよろしくお願いします!

 

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

ブロガーさん紹介

納車レポートの前に、

CX-30を契約後、ブログ仲間のUUさんから契約お祝いの記事を書いて頂きました!

WONDERFUL CAR LIFE

ブログ仲間のトガリさんがマツダ・CX-30の100周年記念車をご契約     どうもUUです。 今回は題名の通りお祝い記…

ありがとうございました!

ブロガーとして最高のプレゼントがホントに嬉しく、何より先にお礼を伝えさせて頂きます。

クルマ好きの方ならご存じだと思いますが、

UUさんは試乗ブログ“WONDERFUL CAR LIFE”を運営されている車ブロガーさんです。

 

WONDERFUL CAR LIFE

年間約100台程試乗したり、触れたりしているクルマ好きが、試乗レビューと新型車の先行情報を中心に発信しています。 細かい…

クルマ好きの方は要チェック!

試乗レポートの細かな着眼点は同じクルマを試乗してもこんなに違うのか。といつも感心。

今回のお祝い記事も流石のまとめ方でオーナーとしてかなりのプレッシャーがw

UUさんとはブログ立ち上げ当時からアドバイスを貰ったり、ブログ仲間で情報交換したりとお世話になりっぱなしの方です。

仲間との繋がりが継続のモチベーションになった2年間。

今後もブログ仲間として、良きライバルとしてお互い試乗ブログを盛り上げましょう!

UUさんの愛車プジョー3008とのディーゼルオフを楽しみにしてます!

という事で続いて愛車の納車式のレポートをお伝えします!

CX-30納車式

週末はいつも雨

 

1月下旬にCX-30を契約して早2カ月。

いよいよ納車を迎える事になりましたが、近づくにつれ週末はいつも雨という悪循環に。

肝心の納車日当日も、予報通り朝から大雨の中ディーラーへ向かいました。

 

年度末という事もあり、ディーラー内は朝から入れ替わりで納車が。

ようやく自分の予定時刻になり納車スペースへクルマを移動。

一向に天気は回復せず外は大雨のなか愛車CX-30との初対面はびしょ濡れ。。

濡れてもカッコいい30w

スタッフさんに綺麗に拭いて貰う間、納車ブース横のスペースで書類の手続きを行います。

 

納車ブースの壁には“RX-VISION “が。

こんなの見た事ないぞw

コネクテッドサービスやドラレコの説明を受けると、例のモノが出てきました。

 

100周年専用アドバンストキー

 

「おぉ。100周年の刻印が輝く専用ケース!」

家族は何の事だか分かっていませんが、1人テンション上がりますw

上に小さい箱がありますが早速開けてみると、

 

こちらが100周年記念モデル専用のアドバンストキーです!

化粧箱の中に納まって特別感ありますね

今回はマツダオフィシャルコレクションのキーリング バーガンディーも同時購入しました

 

レザー部分は実際の車両内装と同じバーガンディーが使用される本格仕様!

暫く品薄状態だったのですが、最近オンラインショップに再入荷していますので気になった方はチェックしてみて下さい

マツダコレクションは、お客さまが生活のさまざまなシーンで、マツダの世界観を楽しんでいただくことができるマツダオフィシャル…

一通り手続きが終わりいよいよ愛車とご対面です!

 

いよいよ愛車と対面

 

想像よりカッコ良い。。

ホワイトのCX-30は膨張色のワイドなスタイリングと上品な佇まいが絶妙!

 

全身ピカピカになった!

流麗なボディーラインが堪らんw

担当営業さんとも話していたんですが、

特別装備の高輝度ダーク塗装ホイールが足元の印象を大きく変えます!

後程詳しくお伝えします。

 

ぼやけてスミマセン。

色々と手続きがあって納車中の画像が余り無くて。。

続いて営業さんと家族で養生を剥がしながら内装を確認。

ホワイト/レッドを組み合わせた特別内装は高級感あります

 

その後ディーラースタッフさんと整備担当の方を紹介して頂きました。

予定時刻に近づいた為、納車式は以上で終了。

ディーラーを出る際はスタッフさん総出の拍手で見送って頂きました

さあ大雨の中愛車になったCX-30で早速ドライブへ!

XDディーゼルの伸びやかなトルクを味わいながら向かった先は。。

向かった先は。

 

 

???

新型ヴェゼルの先行展示イベントへ行って来ましたー!!

納車後2時間で違うクルマを見に行くクルマバカw

かなりの重症です。

流石に家族は呆れてましたが、納車日と重なったから仕方ない。。

新型ヴェゼル早く見たいじゃないですかw

 

関連記事

要注目の国産コンパクトSUVを発売前にチェック! こんにちは。togariです! 今回はこちらのクルマを紹介します。   ホンダ 新型ヴェゼルの先行展示イベントに伺って参りました!! ブラック[…]

 

現場取材にこだわる試乗ブロガーとして早速レポートしましたので是非チェックしてみて下さいw

 

という事で、特に特別な感じは無かったかもしれませんが無事愛車の納車を迎える事が出来ました!

ディーラーの担当営業さん含め関係者の方々よろしくお願い致します。

続いて後日撮影したCX-30 XD 100周年記念モデルの内外装をチェックしたいと思います!

 

 

CX-30 100周年モデル エクステリアチェック

CX-30 100周年記念モデル概要

 

CX-30カッコ良過ぎるぞ!

納車後初洗車してようやく撮影

今回自分が購入したクルマは、MAZDA CX-30 XD 100周年特別記念車。

マツダ創立100周年を記念して発売されたモデルです。

既に2021331日をもって販売を終了してしまいましたが、今しか買えない特別感も購入した決め手。

ボディーカラーは、スノーフレークホワイトパールマイカのみの設定。

マツダ車はどのボディーカラーも魅力的で、選択肢が限られるのは少し心配もあったけど実車を見て納得!

 

 

 

どうですかこの破壊力!

CX-30はホワイトボディーとの相性抜群!

シンプルな造形とブラックアウトされた色合いは何処か欧州車の様な雰囲気も

 

早速マツダファンの聖地?と呼ばれているスポットで撮影

もう何年も月イチで買い物してるんですが、初めて屋上に上がりましたw

CX-30のボディーサイズは、

全長4,395mm
全幅1,795mm
全高1,540mm
ホイールベース2,655mm

CX-3CX-5の間に位置する絶妙なサイズ感。

コンパクトにもワイドにも見えるプロポーションの良さもお気に入りのポイントです。

 

今回自分が選んだパワートレインは、1.8L直列4気筒ディーゼルターボ。

念願だったディーゼルオーナーになりました!

CX-30は昨年12月に発売後初の年次改良が行われ、

エンジン最高出力は180psから190ps

最大トルクは224Nmから240Nmへ出力アップを実施。

納車から約2週間が経ちますが、改良後は立ち上がりのレスポンスが素早くなり街乗りでも非常に満足しています!

改良後のスカイアクティブDの試乗レポートも後日記事アップする予定ですのでお楽しみに!

それではCX-30 XD 100周年記念モデルのエクステリアからチェックしたいと思います。

7世代モデルのSUV

 

真正面から見るとキリっとした凛々しさを感じるフロントマスク。

どっしり構えたワイド&ロースタイルでコンパクトモデルに見えない迫力を感じます!

現在マツダでラインナップされる7世代モデルのSUVCX-30MX-30

MX-30は頭文字通り特別なコンセプトデザインになりますので、シグネチャーウイングを採用した7世代モデルのCX-30SUV群の中でもひと際スタイリッシュに感じていました。

 

100周年記念モデルは上位グレードL-Packageがベースになっている為質感も不足無いです。

今回初めて洗車しましたが、フロントマスクの造形が複雑過ぎて拭き上げ作業が大変でしたw

特にグリル周りはブロワーで先に飛ばさないと厳しい。。

クロスオーバースタイル

 

サイドデザインはクーペデザインを取り入れたクロスオーバースタイル。

CX-30は大きめな樹脂フェンダーが特徴的ですが、ホワイトボディーとの組み合わせは足元のアクセントへまとまり感が出ています。

 

リアにかけてシュッとお尻が上がるファストバックスタイルも魅力的。

100周年モデル専用装備の高輝度ダーク塗装ホイールとの相性が堪らんですw

100周年モデル特別装備

 

215/55R18タイヤ&18インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)

ホイールデザインは通常モデルと同じですが、ダーク塗装仕様上品な仕上がりで想像以上に良かった!

 

もう1枚!

MAZDA3はランダム装着みたいですが、CX-30はブリヂストン トランザで統一されているそうです。

 

黒光りしてますねー

センターには100周年記念専用のホイールキャップを装備。

この角度で撮影するの地味に大変でしたw

 

フロントサイドにもマツダ創立100年を記すオーナメントを装備。

控えめなプレートサイズがマツダらしくて好きです

 

リアデザイン

 

おにぎりみたいな可愛さもありますが、シンプルな造形でまとめられたリアデザイン。

マフラーは左右2本出しの本格仕様でコンパクトクラスでもコストカットが見当たりません。

アングルを変えて見ると、

 

 

いやー。 眼福ローアングル!!

今回は褒めレポートばかりでスミマセンw

フェンダーアーチモールがもたらす力強さとボディー上部のクーペデザインの融合。

キャラクターラインがくっきりと現れて欧州車の様なスタイリングに!

 

ピラー周りの処理も美しい

樹脂フェンダーの維持は大変そうですが、大事にメンテしていこうと思います!

ラゲッジスペース

 

リアハッチにはパワーテールゲートが標準装備。

最近は採用が増えて来ましたがコンパクトクラスでも快適装備が付いているのは嬉しいです。

ラゲッジスペースは流石にミドルクラス程の広さは無いです。

納車後はディーラーのMGコーティングを施工していますが、床下にBOSEのアンプがある為メンテキットをしまう場所もありあせん。

前愛車ハリアーから乗り替える際、ラゲッジ容量の問題が一番気になっていました。

思い切ってトノカバーを外してみると、

 

どうでしょう!

ちょっとは広くなった様なw

個人的にはトノカバーがあると後席からラゲッジへ荷物を出し入れ出来ないので無くてもいいかなと思ってます。

またもトノカバーを車外にしまう必要はありますがw

ディーラーで実際にラゲッジを見るとトノカバーで意外に狭く見えるかもしれませんね。

特別仕様のシートカラーがチラ見えしていますが、後程詳しくお伝えします!

 

60:40の後席分割可倒式を使用すると案外ラゲッジも活用出来そうな気がします!

続いて100周年特別装備を含む内装をチェック!

 

 

CX-30 100周年モデル 内装チェック

 

内装もこの破壊力!

スミマセンw

ホワイト・レッドを組み合わせた100周年特別記念車専用のカラーコーディネートです

それでは内装を詳しくチェック!

 

ホワイト・ドアトリム

 

ドア内部はホワイトレザーのグリップをあしらった機能美デザイン。

本革とソフトパッドを組み合わせた仕上がりの高さはクラスの質感超え!

惜しい点はCX-30はBOSEのスピーカーパネルがピアノブラック仕様なんです。

 

MAZDA3 SDEAN X L-Package

MAZDA3はアルミパネル仕上げで更に質感良し。

なんとか交換出来ないものか。。

 

ウインドウスイッチも隙の無い仕上がりで反力のあるスイッチタッチが気持ち良い!

今まで取材してきた中でスイッチタッチにこだわっているメーカーはマツダとメルセデス・ベンツが印象的でした。

日常的に触れる部分の質感は生活に彩りを与えてくれます!

レザーステッチの入り方もさりげなくて上品

 

専用レッドレザーシート

 

出ましたこの特別感!

レッドレザーシートのインパクトも購入した決め手です。

実際にはもう少し上品な色合いに見えるのですが、後日動画でも紹介予定です!

 

フロアマットのみならずフロアライニングまでレッド仕様!

ドアを開けた瞬間から溜息w

メンテナンスには気を遣いそうですが、頑張って維持したいと思います。

出来れば雨の日は乗りたく無い気持ちも。。

是非レッドカーペットを踏みに来て下さいw

100周年特別記念車にはスカッフプレートが標準装備されてません。

担当営業さんとアルミスカッフプレートを見積もりの中に仕込んでおいたのですが、商談の中で奥さんに見事にカットされましたw

シートの性能は言うまでも無く最高。

直進時はホールドし、コーナリングではサイドのサポートが横Gをしっかり受け止めてくれます♪

 

ドア下にはサイドシルのプロテクターとパッキンが装備されてました。

こういった部分も剛性や遮音性能に効果ありそうですね!

 

チラ見えするヘッドレストのエンボス加工も良き!

運転中は見えませんがw

運転席全景

 

ダッシュボードはブラックでコーディネート。

デザイン自体は7世代モデルと共通です。

シートがド派手なので上手くバランスが取られている仕上がりですね。

 

MAZDA3 SEDAN X L-Package

ドアトリムが繋がるセダン専用カラーのホワイト内装も良いなぁ。。

2週間お借りすると余計に恋しいですw

 

関連記事

新世代ガソリンエンジンの長期試乗で走りの本質に迫ります! こんにちは。togariです! 今回は趣向を変えたこちらの記事をお伝えします。   マツダ3セダンスカイアクティブXを長期試乗レポートして参[…]

 

本革巻きステアリング

 

サラサラしたスムースレザーのステアリングは国産車の中でもトップクラスの仕上がり。

改良後はステアの座りがセンターに寄り遊びが少なくなった気も。

ステアスイッチのタッチ感がまた最高なんですが、センターコンソールにあるツマミスイッチが以外に使い易くて余り使用出来てませんw

 

細かな質感

 

コンパクトクラスでは珍しくサングラスホルダーも装備。

中にはフェルトが貼られて異音対策もバッチリです!

 

ルームミラーはスリムデザインの自動防眩式ミラーを装備。

UUさんみたくカッコ良く撮りたかったけど、ボケボケになってしまいましたw

 

快適装備も充実

 

電動パーキングブレーキxブレーキオートホールドが装備されて最新モデルの快適装備が標準になる点もポイント高いです。

マツダのディーゼルモデルはドライブセレクトが無い為、アクセルの踏み代で好みのポイントを探す楽しみも♪

マツダコネクトはタッチパネル操作に対応していない為、コマンドコントローラーで全ての操作を行いますが、文字入力意外は操作性も良くて使い易い♪

 

センターコンソールに入る美しいホワイトレザー。

汚れは気になりますが、この上質感を楽しんで行きたいと思います!

コンソールサイドの材質がフカフカでドライブ中も足元が心地良く預けられます♪

 

センターアームレストはオールホワイト仕様。

運転中も目線に入ってくるオシャレな色合いです♪

奥さんは女社長が乗ってそうな車と言ってましたがw

 

ダッシュボードの包み込みデザインもマツダの魅力ですね。

一方納車後少し気になったポイントは、

 

運転席側から見ると、助手席サイドミラーの取り付け位置が低い気がします。

ミラーの調整で若干は変わりますが、後方視界よりデザインが優先されている印象。

サイドウインドウが高めの位置にデザインされている為、駐車券が取り難い場面もありました。

最後に後席をチェック!

 

 

後席の質感をチェック

 

後席のドアトリムは前席より質感ダウンし、パネル上部はハードプラ仕上げ。

ドアハンドルやスイッチ周りの質感は良いのですが、こういった所でラージモデルと差別化されています。

 

ちょっと画像が眩しいですが後席シートも前席同様にレッドレザーが鮮烈!

全席この仕様の内装カラーは目に飛び込むインパクトが相当大きいです。

 

後席アームレストも立派な大きさでしっかり装備されています。

USBポートなど充電装備は無いのですが、今後の年次改良に取ってあるのかもw

 

シートバックもインパクト抜群の色使い。

後席窓も大きくはデザインされていますが、取り付け位置は高めのレイアウトです。

 

足元もしっかりレッドカラーで統一。

運転席下のスペースって普段余り気にならないのですが、ここまで赤いと掃除も気合が入りそうw

 

後席は3人乗りですが、センタートンネルが高い為実質大人2名までの乗車がベストですね。

エアコン吹き出し口が装備されているのは喜ばしい事ですが、

横移動でスルーする際にコンソールに足が当たって傷つき易いかなとも感じました。

駐車事情で片側からしか乗り降り出来な場合は注意が必要かもです。

 

居住性の部分では気になるポイントもありますが、

内装カラーの美しさと質感の高さで許容出来てしまうCX-30 100周年特別記念車の内装でした!

以上で内外装チェックレポート完了です!

 

 

CX-30 100周年モデル インスタ動画

 

ここまでの内外装をまとめたインスタ動画をどうぞ!

ホワイトボディーの美麗スタイルや内装カラーの色合いが参になれば幸いです!

ブログと並行してより良いコンテンツを目指して参りますので、チャンネル登録よろしくお願いします!

 

お祝いコメントありがとうございました!

 

先日は皆さんから納車お祝いコメントを頂きありがとうございました!

いつも仲良くして貰っているフォロワーさん、共に頑張っているブログ仲間・ユーチューバーの方々、実際に自分の愛車を運んでくださったキャリカーのドライバーの方からコメントまで!

CX-30を通じて多くのご縁を感じています。

愛車CX-30を迎えて色々な方と繋がれたらと思いますので今後とも宜しくお願い致します!

クルマ好きな皆さんとのオフ会にも参加してみたい♪

今回紹介した100周年記特別記念車は残念ながら販売が終了していますが、CX-30はパワートレインやグレードも豊富なクルマですので気になった方は是非!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

お近くのマツダディーラーでCX-30の魅力を是非体感してみて下さい!

 

愛車の下取りを検討する方はオークション形式の買取方法がオススメ!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスが便利!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!


試乗ブログも継続します。

 

愛車CX-30の魅力もお伝えして行たいと思いますが、引き続き試乗レポートも継続して行きますのでよろしくお願いします!

既に何台か取材に伺っていますが、またまた面白いクルマとの出会いもありました!

お楽しみに!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!

ビデオクリップ感覚で見る動画

PV感覚でクルマの内外装をサクッとチェックする"クルマインスタ動画”も発信しています。チャンネル登録よろしくお願い致します!

CTR IMG