魂動を感じるピックアップ【マツダ新型BT-50】エクステリアを徹底チェック!

SUV

国内初展示の魂動デザインのピックアップを大量画像でチェック!

こんにちは。togariです!

今回紹介するクルマはこちらです!

 

MAZDA BT-50! 

日本未発売のマツダのピックアップトラックを取材して参りました!

ひと目でマツダ車と分かるスタイリッシュ・クールな仕上がり!

今回のBT-50については、

  • エクステリアチェック編
  • 内装チェック編

2本立ての記事構成でお伝えしたいと思います!

こちらの記事ではBT-50 エクステリアの仕上がりを詳しくチェック!

マツダ唯一のピックアップトラック 新型BT-50の魅力に迫ります!

 

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

取材場所

今回取材に伺ってきたのは、
マツダ本社ビルです。
ありがとうございました!
ご存じ広島県にあるマツダの本社です。
敷地内にある新緑が爽やかにお出迎え♪
??
ビル正面には派手にラッピングされたCX-5が。
これって。。
建物正面でこの色はw
バイオ・ディーゼルのCX-5じゃないですか!!
まさか本社の駐車場に現れるとはw
使用済みの食用油などを原料にする次世代バイオディーゼルを搭載したパワートレイン。
EVに変わるカーボンニュートラルを実現するモデルとして今後注目される未来のディーゼルエンジンです!
マツダ ニュースリリース

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、ひろしま自動車産学官連携推進会議(以下、「ひろ自連」)で進めている自動車用次世代バイオ…

マツダの未来を創る次世代エンジンとして開発が進んでいるみたいですね!
ゆっくりと拝見したかったのですが、守衛さんに見られてたのでそそくさと退散w
早速本社ビルへ入りましょうw
「うわー。めっちゃオシャレ。」
ロビーには綺麗な受付のお姉さんが。いや、
モノトーンとウッド材を使用した空間にマツダの最新モデルが展示されていますw
先頭でお出迎えしてくれるのが主役のBT-50!
つらつらとMAZDA

(画像 MAZDA) 広島のマツダ本社ビル1階にあるロビー。 このスペースには常時マツダ車が展示されていますが、現在の展…

ブログ仲間で仲良くさせて貰っているtaku2さんの記事で情報を知り、本社ビルに近い自分が早速取材に伺って参りました!
つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。…

マツダの情報を毎日発信されている素晴らしいブログですのでこちらも要チェック!
今回は事前に広報の方へアポを取って色々とお聞きする予定だったのですが、
取材当日に広島県の緊急非常事態宣言が発表。
出掛ける前は言ってなかったのに。。
広報の方は出勤制限でお会い出来ず、電話でお礼をお伝えしてぼっち取材となりました。。
今回紹介するマツダBT-50は2021年5月31日までの期間限定展示でしたが、
緊急事態発令により予定が変更される場合がありますので伺う前に連絡してみて下さい!
それではマツダ BT-50のモデルスペックから紹介です!

MAZDA BT-50 モデルスペック

海外専用モデルBT-50

 

「魂動デザインを見事に融合!」

これはカッコいいですねぇ♪

ひと目でわかるマツダ流儀のピックアップトラックはインパクト抜群です!

マツダBT-50は2006年の発売開始からオセアニア・アジア・中年米・中近東・アフリカなど海外でアクティブに使用される海外専用モデル。

実用性の高いクルマとして世界的に広い地域で販売されています。

そう言えば新婚旅行先のグアムでスコールのなか、荷台でずぶ濡れで乗ってた現地の方を思い出しましたw

BT-50は残念ながら日本国内では販売されていません。

最近復活したトヨタハイラックスの堅調な売れ行きを見ると、、マツダさんどうでしょうか!!

 

“BT”は”シリーズトラックの略でマツダピックアップトラックという意味。
“50”は積載量500kg程度の小型トラックと大型トラックの中間サイズに位置することを表しているらしい。

今回の車両は9年振りにいすゞ自動車からOEM供給を受けた新型モデルになります。

いすゞ D-MAX

https://response.jp/

やんちゃスタイルのいすゞ D-MAXも個性的なスタイリングですね!

 

3代目BT-50

2年前に開催されたマツダオープンデイ2019からの画像。

新型BT-50はよりスタイリッシュに進化を遂げています!

 

関連記事

こんにちは。 togariです!6/1・6/2の2日間 広島のマツダ本社で行われたマツダのクルマ体感型イベントMAZDA OPEN DAY 2019へ参加してきました!今回初めて参加させて頂いたのですが、[…]

 

マツダがもっと好きになる素晴らしいファンイベントだったマツダオープンデイ。

今年も開催は厳しいかなぁ。。

 

受付の方へお聞きすると、

展示車はプロトタイプモデルという事でした。

右ハンドル仕様になっている事から、

BT-50オーストラリア向けダブルキャブ GT 4×4 AT

後席シートが設定された5人乗り仕様で、日本国内モデルのL-Packageに相当する上位グレードだと思われます。

 

販売される国によって様々なシーンに対応したボディータイプを展開。

“フリースタイルキャブ”のパワーワード感がスゴイw

 

マツダBT-50のボディーサイズは、

MAZDA BT-50TOYOTA HILUXMAZDA CX-8
全長5,280mm5,320mm4,900mm
全幅1,870mm1,885mm1,840mm
全高1,790mm1,800mm1,730mm
ホイールベース3,125mm3,085mm2,930mm

トヨタハイラックスと肩を並べる圧巻のボディーサイズでCX-8がお子様に見えます!

全長5m超え・ホイールベース3m超えは日本では日常的なサイズとは言えないかもw

規格外のサイズを所有する事がピックアップのオーナーさんが急増している人気の秘密なんでしょうね!

関連記事

[adcode]ブラックアウト仕様のハイラックスはライバル不在の存在感!こんにちは。togariです!今回紹介するクルマは、トヨタが世界に誇るグローバルモデルトヨタ ハイラックス Z Black Ra[…]

BT-50のスペック一覧を見ると、

全長5.280mm
全幅1,870mm
全高1,790mm
ホイールベース3.125mm
最小回転半径6.1m
乗車定員5名
トーインク能力3,500kg
タイヤ・サイズ265/R18
搭載エンジン3.0Lディーゼルターボ
最大出力/トルク190ps/450N・m(1,600-2,600rpm)

パワートレインも日本未採用の3.0Lディーゼルターボを搭載!

車重は2tを余裕で超えそうですが、1,600回転から450N・mを引き出すディーゼルトルクで荒野を駆け抜ける情景が浮かびます!

それでは新型BT-50のエクステリアからチェック!

 

 

MAZDA BT-50 エクステリアチェック

鼓動を感じるピックアップ

皆さんお待ちかねのフロントマスク!

鼓動デザインが取り入れられた迫力のフロントフェイスはピックアップトラックには見えません!

まるでCX-10みたいな位置づけ⁈

スミマセンw

ボディーカラーは7色の展開。

https://www.mazda.com.au/

展示車のボディーカラーは、深みのある“ガンブルーマイカ”という海外専用カラーになっています。

 

巨大なシグネチャーウイングも巧技のチリ合わせで質感高い!

中央のエンブレム内に単眼カメラが仕込れていた事から安全支援装備も装着されていると思われます。

最新のマツダ車はグリルデザインを緻密な意匠デザインに進化しましたが、シンプルな横ルーバー配置も良い感じですね♪

フロントに見える魂動デザイン

 

鼓動デザインお馴染みの丸目LEDランプ。

CX-5等に使用されているデザインと同等の高い質感がキープされています。

海外サイトを見ると安全支援はオートマチックハイビームまでの装備で、おそらくアダプティブハイビームは採用されていないみたい。

 

この造形をピックアップに採用するのがマツダの流儀!

波動砲のようなデザインをピックアップトラックに取り入れるマツダのコダワリの強さが見えます!

 

フォグランプはスマートなハロゲン式を採用。

LEDライトは凍結して使えない地域もあるみたいで、広い販売地域を持つBT-50ならではの装備と言えるでしょう!

 

フロント下部にはゴツいアンダーガードがが装着され、悪路走行に対応するタフな一面も見えます!

 

フロントビューをローアングルでチェック!

シャープなスタイリングと巨体ボディーが見事に融合しています♪

後ろに佇むMAZDA3FBとのコラボもなかなかレアなショット!

 

鼓動デザインを取り入れる事で都会的な雰囲気も感させるBT-50。

ロビー内にはオシャレなフォトギャラリーが映し出されていました。

 

ビジネスシーンはちょっと違和感あるかもw

マツダのピックアップ攻めてますねw

 

 

ワイルド・サイド・スタイル

 

サイドビューは機能性と道具感を表現したワイルド・サイド・スタイル!

実際に見た印象は、BT-50はキャビンが大きくデザインされてハイラックスよりも大きな車体に感じました!

ボディーカラーの”ガンブルーメタリック”は照明が当たる角度によって色合いの変化が見える美カラーです♪

 

このアングルからは力強さを感じますね!

フロントに向かって前傾したピックアップ特有の立ち姿がカッコ良い!

フロントオーバーハングが切り詰められたデザインからはマツダらしいスポーティーな一面も♪

足元にも個性を

 

ショートノーズで収めたフロントエンドでよりスポーティーさを強調!

足回りはラフロードにも対応するべくしっかり強化されている様子です。

装着タイヤは18インチですが、極太タイヤの肉厚で乗り心地も高いと予想!

 

ホイールデザインは流行りの切削塗装ですが、センターキャップだけ別塗装のユニークなデザインでした。

停まってると浮き出る様な印象で、走行中どんな風に見えるのか見てみたい!

 

サイドステップも幅広サイズがどっしり装着!

上位グレードはシルバー加飾されて質感も高められていました!

 

リアサスはラダーフレーム特有のリーフスプリングサスペンションを装備。

タイヤハウスからフレームが見る事が出来ましたが、溶接箇所も多数見られてボディー剛性は相当高められています!

 

サイドミラーも特大サイズ!

国産モデルだとAピラーに死角が!とか叩かれそうですが、

グローバルモデルはそんなの関係ねえw

ミラー内にはブラインドスポットモニターの表示も見えますね!

 

左サイドに回って見ました。

国産クロカンでも装着されているキノコ型の補助ミラーは見当たらずスッキリ!

国によって基準は変わる為、いつ日かの日本発売の際は是非ともサイドカメラの設定を!

 

振り返っても感じる魂動デザイン

 

躍動感溢れる力強いリアビューはこのまま走り出して行きそうな迫力を感じます!

バックスタイルでもマツダ魂動デザインを感じられるのが新型BT-50の魅力!

 

リアテールにも魂動入ってる!

丸目1灯のテールデザインは紛れもないマツダ車!

波動造形まで再現された立体的なテールデザインは、トラックでも妥協しないマツダのモノ造りを感じる事が出来ました!

 

テールデザイン1つが変わるだけでもスタイリッシュさが失われない魅力的なデザインセンスに仕上がっています!

国産ピックアップと異なる点は3,500kgまで対応した牽引能力の高さ!

 

https://www.mazda.com.au/

トレーラーハウスを引っ張って何処までも駆け抜けるタフなスタイリングも魅力的です!

もちろんCX-8に装備されているトーイング機能”スタビリティ・アシスト”も標準装備されています!

 

 

トラックとしての実用性

BT-50のピックアップトラックとしての実用性をチェック!

 

荷台スペースはボディー剥き出しの状態がノーマル仕様です。

展示車は結構傷が多く使用感が見られたので、オーストラリアの荒野を走って来たのでしょうか?

後席よりも広いこれだけの荷室スペースがあれば、趣味道具やキャンプ用品から人も乗り込めそうな広さですね♪

おっと。グアムの光景が再びw

 

開閉ハッチもメッキ加飾されて質感面も高められています!

ハッチの重さを確認したかったのですが、ロックされて開閉出来ませんでした。

 

リアガラスにはスモークフィルムと熱線処理が施された仕様。

ダブルキャブは後席の真後ろに窓がある為、スモークフィルムが無いと夏場は地獄を見ると思われますw

 

マフラーは極太1本出しの漢気仕様!

ラダーフレーム構造のサスペンションやドライブシャフトの造形が道具感満載で男心をくすぐります!

しゃがみ込んで撮影していたので受付方向から相当な視線を感じましたw

 

ラストはお決まりの斜め45度バックショット!

ワイルドさとスタイリッシュさを併せ持つ魅力的なマツダ流ピックアップトラックでした!

これは是非国内販売して欲しい!!

 

 

動画でチェック

 

 内外装をまとめたインスタ動画をどうぞ!

ブログをアシストする形で動画も発信して行きますので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

冒頭でもお伝えしましたが、

マツダ新型BT-50はマツダ本社1階ロビーで2021年5月31日まで一般の方でも見学可能です。

感染状況により変更される事もありますので事前に確認してから伺ってみて下さい!

マツダ新型BT-50のエクステリア紹介は以上です!

 

愛車の下取りを検討する方はオークション形式の買取方法がオススメ!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスが便利!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!


次回の予告

 

内装もブラウンレザーの上質な仕上がり!

予想を上回る高級感溢れる質感でした!

次回はマツダ新型BT-50の内装チェックレポートをお伝えします!

お楽しみに!

今後も現場取材にこだわった”クルマの魅力を伝える試乗ブログ”を目指しますのでよろしくお願い致します!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG