令和生まれの正統派ライトウェイトスポーツ【新型BRZ 試乗】STI装着モデルをチェック

走る楽しさを追求する国産ライトスポーツを体感!

こんにちは。togariです!

今回はこちらのクルマを紹介です!

 

スバル新型BRZようやく試乗して参りました!!

スタイル通り走る楽しさを感じる国産ライトウェイトモデルです!

久しぶりの6MT試乗!

試乗の終盤ではクラッチミートする楽しさも感じられましたが、序盤にやらかすのが当ブログですw

試乗車は純正・STIエアロ装着モデルでしたのでそちらも詳しくチェック!

トヨタと共同開発された”国産ライトウェイトの本命モデル”スバル新型BRZの魅力に迫ります!

 

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

取材ディーラー紹介

今回取材させて頂いたディーラーさんは、

 

山口スバル岩国店さんです。

 

ありがとうございました!

当ブログでもお世話になっているスバルの正規ディーラーさんです。

来場された方へ喜んで頂けるよう週末には楽しめるイベントを開催され地域に根付いたお店!

山口スバルさんでは新型BRZの試乗車は県内1台のみ。

こちらの車両が各店舗を回っているそうで、今回は試乗イベントに参加させて頂きました。

関連記事

国産ステーションワゴンのフラッグシップモデルを体感! こんにちは。togariです! 今回紹介するクルマはこちらです!   スバル新型レヴォーグ! フルモデルチェンジした話題のステーションワゴ[…]

一新された先進装備と抜群の動力製性能で生まれ変わった新型レヴォーグの試乗車も配備!

関連記事

2年振りに復活した直噴ターボを一足先に体感! こんにちは。togariです! 今回紹介するクルマはこちらです!   スバル フォレスタースポーツ! 1.8L直噴ターボエンジンを搭載した追加グレ[…]

2Lターボの加速が気持ち良いフォレスタースポーツにも以前試乗させて頂きました。

当ブログでも人気の記事になっています♪

 

https://www.yamaguchi-subaru.co.jp/iwakuni

なんと!!

新型フォレスターD型モデルも届いている様で!

また伺わせて頂きますw

更に新型レガシィアウトバックの受注も開始され年末までスバルから目が離せません!

決算時期のお買い得な特選車両もマル秘で売り出し中ですのでお近くの方は是非!

それでは新型BRZのモデルスペックからスタートです!

 

 

新型BRZ モデルスペック

200倍カッコいい現車

大袈裟じゃありませんw

生で見る新型BRZは低く構えた低重心ボディーと完成されたフォルムでカッコ良さ200倍!

WRCラリー専用カラーの異名を持つWRブルー・パールの深いブルーコントラストがよりフォルムを美しく魅せます♪

色々なクルマを取材させて頂いていますが、ワクワクさせてくれるスポーツカーがホントに好きなんだなと実感w

グレード展開

 

新型BRZのグレード展開はシンプルな構成です。

グレード車両本体価格
BRZ R 6MT308万円
BRZ R 6AT324万円
BRZ S 6MT(試乗車)326万円
BRZ S 6AT343万円

ベースグレードRと装備充実グレードSの2グレード構成。

試乗した車両は上位グレードSの6MTモデル。

1番お求めやすいR 6MTモデルが308万円からのスタートで、ここ最近の車両価格の上昇を抑えた魅力的な価格設定です♪

BRZの様なスペシャリティーな1台は、8割の方がMTモデルを選ばれるそうでまだまだ内燃機関モデルも頑張ってる!

関連記事

国産スポーツハッチ11代目の進化! こんにちは。togariです! 今回紹介するクルマは。。   ホンダ新型シビック試乗レポートをお伝えします! クルマ好きを唸らせたFK7型がFL1型へ進化の[…]

先日取材させて頂いたホンダシビックの上位グレードEXは353万円。

新型BRZ 上位グレードとの価格差27万円と開いていますが、MTモデルを比較すると先進安全装備面では新型シビックの方が充実しています。

 

BOXERエンジン搭載

 

搭載エンジンは先代から排気量アップされた2.4L BOXER D-4Sエンジン。

トヨタと共同開発された燃料噴射システムD-4Sの採用で小気味よいアクセルワークを見せてくれました!

最高出力235ps
最大トルク250Nm

ダウンサイジング・エンジンが増えるなか、ユーザーの要望に答える形の排気量アップは高回転まで回せる楽しさを手に入れた新型BRZ!

続いて新型BRZのエクステリアをチェック!

 

 

新型BRZエクステアリアチェック

低重心を強調

低く配置されたヘキサゴングリルがより低重心なスタンスを強調するフロントマスク。

左右にボリュームを持たせたボディーラインも印象的ですが、エンブレムをグリル外にレイアウトしたデザインでスッキリした仕上がりです♪

 

コの字型に配置されたLEDヘッドランプにはステアリング操作に連動するハイテク機能を装備!

運転支援装備はAT車のみにオートマチックハイビームが装備されMTモデルには非採用。

新型BRZはMTモデルとATモデルで装備差が有る事も特徴的。

ボンネットはアルミ製に変更され軽量化を実現。

ボンネットサイドの膨んだ形状が堪らんですが、運転席側からも目線に入り車幅感覚が取り易いデザインの妙も感じられました♪

心躍るデザイン

 

心躍るデザインとはこういう事ですよw

ロングノーズショーデッキの完璧なプロポーションに釘付け!

隆起したアスリートデザインは王道スポーツカーらしい仕上がりです!

新型BRZのボディーサイズは、

全長4,265mm
全幅1,775mm
全高1,310mm
ホイールベース2,575mm

スポーツカー市場もボディーサイズが拡大されるなかでコンパクトにまとめられ機動性を高めています。

全高1,300mmしかないんですねぇ。

機能的デザイン

特徴的なフロントアウトレットはホイール内の外気を排出して直進安定性を高める機能的デザイン。

記事とは関係無いですが、ふとレクサスGS復活しないかなぁと思ってしまいした。

 

全体のフォルムを崩さずにボリューム感が強調されたフェンダーラインがツボ!

アクの強いサイドシルスポイラーから巧く中和された収まり方です!

リアエンドはダックテールで締めくくるという見事な着地。

スポーツカーとしてのデザインと機能性が凝縮されたサイドビューでした!

 

Sグレード18インチ装着

 

Sグレードに装着されるのは215/40R18ハイパフォーマンスタイヤ。

高いグリップ力で定評の高いミシュラン・パイロットスーツ4を採用。

最近ではGRヤリスにも使用されたりと国産車も積極的にハイパフォーマンス仕様のタイヤが設定されてきましたね!

新型BRZは前後異形タイヤを履かせず、タイヤを維持する点でもコスパの高い仕様になっています!

 

togari
うわー。カッコ良過ぎるよBRZ!

18インチのマッドダーク塗装の引き締め効果が効いてますね!

スポークのクリアランスも含めて足元もぬかり無い仕上がりです!

主張するリア

 

リアで目を惹くのは漢気を感じるデュアルテールマフラーでしょう!

異形デザインのバンパーの中で存在感を放っています♪

リアアンダーの質感も充分ですね!

スバルはクルマの基本構造の造り込みが非常に高いメーカーだと思います。

リアテールにはガーニッシュが繋がる一文字トレンドを取り入れたデザインも。

ここは共同開発されたGR86と同デザインかな?

 

トランクルームもスポーティー⁈

 

トランクの立ち姿もスポーティーな新型BRZ。

直立する姿にスポーツカーらしさを感じるトランクフェチなんですw

防音材も張られてしっかり対策取られています♪

容量237Lと一般的な広さをキープ。

可倒する事でタイヤ4本が積めるスペースが確保されています。

スポーツカーで旅する日を老後の夢に日々精進したいと思いますw

 

艶やかなブルーが映えるバックショットでエクステリア・チェック完了です!

続いて試乗車に装着されていたエアロパーツを紹介しますので、検討中の方へ参考になれば幸いです!

新型BRZ 純正&STIエアロ装備をチェック

今回取材した車両には、

  • STI フロントアンダースポイラー
  • LEDアクセサリーライナー
  • STI サイドアンダースポイラー
  • STI リアサイドアンダースポイラー
  • リアアンダーディフューザー
  • リアフォグランプキット
  • トランクスポイラー
  • ボルテックスジェネレーター

合計8点のオプション装備を個別に紹介したいと思います!

STI フロントアンダースポイラー

4.1万円+1.0万円 合計5.1万円

純正スポイラーの下に薄型で装着される為、後付け感が少なく自然な仕上がり。

スポイラーの中央部分にはSTIのプレートがさりげなく入ります。

より低重心に見せる効果も高いので予算が許せば付けたい装備です!

 

LEDアクセサリーライナー

6.0万円+5.2千円 合計6.5万円

先進デザインを取り入れたいならこちら!

デイライトを縦配置する形状はスバル共通のデザインアイコン。

グロス塗装も施され令和のスポーツカーとして必須装備になるでしょう!

 

STI サイドアンダースポイラー

4万円+5.6千円 合計4.5万円

特徴的なサイドシルスポイラーの後端に付いたスタビライザーフィン。

個人的には後付け感が強く感じレス仕様でも良いかなと思いました。

フロントスポイラー5.1万円と比べても価格設定も高め。

 

STI リアサイドアンダースポイラー

3.5万円+6.8千円 合計計4.1万円

同じくリアサイドもほぼ同額の価格帯。

パーツの大きさで考えちゃダメなんでしょうけど割高に感じてしまいますw

斜めアングルから見る足元はタイヤの踏ん張りが効いてカッコ良過ぎるw

 

装着する事で整流効果や安定性向上に期待出来るとは思うんですが、

個人的にはサイドスポイラーを装着するとせっかくのボディーラインが崩れている様な気もします。

 

https://www.netcarshow.com

サイドシルスポイラーのデザインを際立てるノーマル仕様も美しいですね!

マウンテンショットカッコええw

 

 

リアフォグランプキット&リア・アンダーディフューザー

 

デュアルテールの間に装着されるスポーツ意匠のリアフォグ。

走り去る姿を想像するとここも必須装備になりそうですね!

アンダーディフューザーは本来のバンパーディフューザーに重なる形で装着されています。

トランクスポイラー

 

5万円+6.4千円 合計5.6万円

ダックテールの上に取り付けられているのでボディーカラーによっては好みが分かれる部分ですかね。

マリオ高野さんが装着されていた特大カーボンウイングはインパクト抜群でしたw

ボルテックスジェネレーター

2.6万円+2.4千円 合計3.1万円

おっ!

ルーフにもスタビライザーフィンが付いています。

このデザインは何処で。。

 

 

https://www.webcartop.jp/2017/07/136298/

スバルさんスミマセン!

映画マッドマックスのマシンを連想してしまいましたw

今見てもセプターはカッコいイイです♪

遠目で見るとそこまで主張は無いと思いますので、お好みで選択するポイントですね!

新型SUBARU BRZ

上質な快適性とクオリティを高める純正アイテムや、最高純度のパフォーマンスを引き出すSTIパフォーマンスパーツなど。走りへ…

今回紹介したエアロパーツは単体販売と価格を抑えたセット販売もメーカーサイトで確認出来ますので参考にしてみて下さい!

続いて内装をチェックに移ります!

 

新型BRZ 内装チェック

サッシュレスドア

2ドアクーペの新型BRZはもちろんサッシュレスドアを採用。

ドア内部はレッドステッチやアルカンターラが使用され質感もキープ。

クーペモデル特有のラウンドしたドアデザインが堪らんですw

スイッチ加飾も一応はされてますが、基本デザインは他のスバル車と統一。

新型レヴォーグも先代モデルと同じ型だったりとスバルはスイッチデザインへのこだわりが強い⁈

ウルトラスエード採用シート

 

フロントシートはセミバケット形状のスエードx本革のコンビ仕上げ。

全体的のにサポート強めに作られていますが、新型BRZは肩口のサポートデザインが特徴的です♪

シートは手動式ですが、後席展開用のレザーフックがあったりと丁寧な造り込み。

大きくデザインされたシートショルダーは横Gに対して上半身をしっかり受け止めくれる安心感があります。

一方で新型BRZはシートサポートとサイドシルが大きくデザインされて乗り込み辛い印象も受けました。

コンソールの張り出しも少なく良好なペダルレイアウト♪

乗り込んでみると足を放り出せる様な余裕のスペースが。

MTモデルは3ペダルになってしまうので閉塞感を感じさせないっゆったりした足元空間はライトユーザーにも親切な設計です♪

運転席全景

 

今回は試乗イベント取材という事で余り撮影出来ませんでしたので内装はサクッと紹介します!

RRZを象徴するステアリング

 

小径の本革巻ステアリングは新型BRZを象徴していると言っていい仕上がり。

応答性・操舵フィール共に相当気持ち良いです!

一方でMTモデルは安全支援装備のカットが気になるポイント。

ATモデルに装備されるアイサイトがMTモデルは不採用になっています。

時速30kmから作動するクルーズコントロールやブラインドスポットモニターは装備されてますが、最新の運転支援装備はATモデル限定の機能。

本格的なスポーツモデルなので必要ないよ!と言えばそれまですが、

価格帯が近いトヨタGRヤリスやホンダ新型シビックはMTモデルにも運転支援装備が搭載されている為、令和のスポーツカーとしては不足を感じるポイントです。

BOXERメーター

運転ディスプレイはスポーツカーらしいグラフィックが気持ちを高めます♪

表示出来る情報は必要最低限。

クルマの挙動をダイレクトに感じられるBOXERエンジンをモチーフにしたディスプレイです!

9インチナビ

 

ナビゲーションは画面の大きいの9インチタイプ。

カロッツェリアサイバーナビ/28.2万円

室内空間を考慮しても充分過ぎる大きさで視認性も高い!

ただ、エンジン始動後の読み込みが長く立ち上がるまで結構時間が掛かった印象です。

国産トグルスイッチ採用

操作性重視の大型ダイヤルが配置されたエアコン操作パネル。

左右独立エアコンも装備されて見た目以上に機能性も高い仕上がりです。

その下にはプジョーを彷彿させる国産トグルスイッチを配置!

最近の国産メーカーはデジタル化に振っているモデルが多く、新型BRZのトグルスイッチ採用は思い切りが感じられて嬉しい!

ショートストロークのシフト

6速マニュアルを素早く操作可能出来るショートストロークのシフトノブ。

今回は試乗前に入力練習を行って臨んだ訳ですが、普段MT慣れしていない自分でも入力操作が簡単に行えました!

これで安心だとは思っていたのですが、いざ本番になるとやはりw

サイドブレーキは昔ながらのレバー式。

もちろん電動パーキングブレーキやブレーキ・オートホールドは装備されていませんが、ATモデルもサイドレバー式仕様でホールド無しの様です。

もう画像がありませんので内装チェック完了になってしまいました!

最後に試乗レポートの紹介です!!

 

 

新型BRZ試乗レポート

車両スペック

SUBARU BRZ S 6MT

全長4,265mm
全幅1,775mm
全高1,310mm
ホイールベース2,575mm
車両重量1,270kg
搭載エンジン2.4L水平対向4気筒BOXER D-4Sエンジン
最大出力/トルク235ps/250N・m
駆動方式RWD
使用燃料/燃費ハイオク/WLTCモード11.9km/L
車両本体価格326万円

今回は営業さんと同行試乗して、市街地走行から登り坂での加速や直線道路を走行して令和のライトスポーツを体感です!

緊張のクラッチミート

 

車内の消毒も終わり、いよいよ試乗の準備が整いました。

普段からハイクラスの車両にも試乗させて頂いてますが、いつにも増してMTモデルは緊張します。。

クラッチ、シフトは思いの外ライトな入力で安心。

サイドを引き緊張のクラッチミートへ!

「ストンッ。」

 

営業さん
togariさん。4速です♪
togari
えっ。スミマセン!!

歴史は繰り返される。

またやらかしてしまいました。。

結構入力確認したんだけどなぁw

新型BRZのファーストタッチはエンストですw

気を取り直して市街地へ繰り出します!

伝わるクルマの素性

走り出して真っ先に伝わるのは車体の軽さ。

NAエンジンが得意とする俊敏な加速性で車体を軽々と押し出してくれます。

 

低速ギアからのクルマを軽々と引っ張ってくれる加速性はトルクアップしたエンジンが大きく影響。

トヨタと共同開発されたD4-Sシステムがアクセルレスポンスの向上に大きく作用しているのでしょうか。

ターボモデル追加されるとの噂もありますが、NAエンジンの軽快なレスポンスも楽しい。

説得力無いですが、走り出せばシフトはスコスコ入力出来るので街乗りは3速で事足りてしまう印象でしたw

換気の為窓全開の状態で試乗したのですが、

街乗りでの排気音はそこまで吠えない感じ。

アクティブサウンドコントロールという電子音を車内に聞かせる機能は上質な音色を奏でます。

2ドアクーペのコックピットレイアウトとホールド性の高いシートでタイトな室内空間なんですが、

頭上部空間に余裕が持たせてあるのでゆったりしたドライブポジション。

水平デザインされたインパネデザインとのW効果で前方視界も良好です♪

 

乗り心地はマイルド

 

低重心ボディーを実現したスポーティーなBRZ。

路面からの突き上げはある程度予想していたのですが、意外にも乗り心地はマイルド。

コツコツとジョイントは拾って来ますが、新型レヴォーグよりも突き上げは少ないかも。

同乗して貰った営業さんも前期モデルのザックス製サスよりマイルドになっているとの事でした。

スポーツカーらしい路面から入力は気薄になっている様に感じたので好みが分かれる所ですかね。

加えてブレーキタッチも他のスバル車よりも甘めな剛性。

同ブランドのフォレスターやレヴォーグは浅い所でしっかり効く制動力に対し、新型BRZは制動ポイントが奥側にある感覚でした。

MT慣れしていない自分には扱い易く感じたのでが、普段からスポーツカーに乗られている方には好みが分かれそうです。

アフターパーツで幾らでも強化出来ると思うので、新型では扱い易さにシフトしたのかもしれないですね。

 

 

吸い付く様なハンドリング

新型BRZ1番の魅力ポイントは応答性の高いハンドリングです!

小径のステアリングがもたらす手に吸い付く様な反応の良さ。

初めて運転したとは思えない程指先まで馴染んで、意のままに操れる感動レベルの楽しさです!

記事を書いてる今でもハンドリングの余韻が思い出せるステアフィールでした。

パワステの反力も絶妙な加減でライトウェイトスポーツ本来の姿が堪能出来ます♪

 

引っ張る楽しさを体感

 

街乗りを堪能した後、長い登り坂のコースへ入りました。

この頃にはクラッチミートにも慣れて操る楽しさも感じる♪

低速から引っ張る様に加速すると、

「ブァーーン♪」

車内に響き渡るNAサウンドが気持ち良く吠えてくれます♪

6,000回転付近まで回せましたがまだ伸ばせる余裕♪

自分にテクニックでは5速で打ち切りですw

下りのシーンでそののままコーナーへ進入しても抜群のアクセルコントロールで怖さは皆無。

ここはスバル直伝の水平レイアウトの安定性の高さもポイント高いですね!

クルマの素性を肌で感じられるライトウェイトスポーツの魅力。

慣れないMTモデルでの試乗でしたが最後は笑顔で完了です!

 

 

令和のライトウエイトスポーツ

細部に至るまで走りに徹した造り込みを打ち出した令和のライトウェイトスポーツモデル新型BRZ。

MT操作に不慣れな自分でも操る楽しさを感じられる1台でした。

今秋発売予定のトヨタGR86との乗り味の違いもまた機会を作ってお伝えしたいと思います!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

“クルマの魅力は自分で体感してナンボ!”

令和生まれの国産ライトウェイトスポーツをお近くのディーラーで是非体感してみて下さい!

愛車の下取りを検討する方はオークション形式の買取方法がオススメ!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスが便利!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です。
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役立ちます!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

次回の予告

こちらもようやく取材して参りました!

発売から7年経った今も進化を続ける国産Bセグハッチの魅力に迫ります!

お楽しみに!

我慢する生活に疲れを感じるご時世ですが、

引き続き感染予防の対策をしっかり取りながら現場取材にこだわった”クルマの魅力を伝える試乗ブログ”を目指しますのでチェックよろしくお願いします!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!

ビデオクリップ感覚で見る動画

PV感覚でクルマの内外装をサクッとチェックする"クルマインスタ動画”も発信しています。チャンネル登録よろしくお願い致します!

CTR IMG