夜のディーラーが魅せる”光のうつろい”【CX-30 ブラックトーンエディション】2021年商品改良モデルレポート

SUV

変化球で勝負⁈

こんにちは。togariです!

今回はいつもと趣向を変えた特別編です!

CX-30ブラックトーンエディション取材して参りました!

今回は事前に許可を頂いて夜のディーラーさんでの撮影取材!

CX-30の美しいスタイリングを静寂のショールームからレポートしたいと思います!

ご協力頂いたディーラーさんありがとうございました!

CX-30を所有するオーナーの1人として違った一面を伝えたいと思います!

今冬一斉に発売された

“マツダ2021年商品改良モデル”

当ブログでは変化球スタイルで魅力をお伝えします!

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

CX-30  BTEモデルスペック

“ブラックトーンエディション”

最高にカッコいいCX-30!!

SNSでコメントを頂いた30のオーナーさんは“令和の名車だ”と豪語されていました♪

今回紹介する車両は、

MAZDA CX-30 20S Black Tone Edition

車両本体価格/266万円

2021年後半の商品改良モデルで追加されたCX-30初の特別仕様車です。

ブラックトーンエディションの特別装備は、

  • 自動格納式リモコン式カラードミラー(グロスブラック)
  • クルージング&トラフィックサポート(CTS)
  • 215/55R18 95H タイヤ&18インチアルミホイール(ブラックメタリック塗装)
  • シート:クロス(ブラック)

ベース車両になる20Sプロアクティブとの価格差約5万円のお買い得な価格設定!

美しいホワイトパールのボディーカラーは、

“スノーフレーク・ホワイトパールマイカ/3.3万円”

マツダは素敵なボディーカラーが多く悩ましい所ですが、

ご覧の通りCX-30とホワイトパールの組み合わせは最高な訳ですよ♪

それでは夜のショールームで”CX-30 ブラックトーンエディション”を拝見して行きましょう!

CX-30 BTE エクステリアをチェック

美しいフロントマスク

togari
新型モデルみたい!

暗闇に佇むCX-30はまるで新型モデルの様な神々しいオーラを放ちます。

2019年10月の発売からはや2年が経ちますが、マツダ7世代モデルの最新SUVとして魅力は今も健在!

夜の照明下で見るフロント造形が国産車とは思えない色気を醸し出してます!

CX-30はスモールライトがバンパー下に配置されている点が個性的♪

寄るとホワイトボディーが反射してしまいますが美しい造形が少しでも伝わっているでしょうかw

光りのうつろい

いやいやいや♪

これを見たかったんです!!

“フロントからリアへ向かう光りのうつろい”

CX-30の最も美しいアングルじゃないでしょうか!

ホワイトカラーが持つ美しいグラデーションを見せてくれます♪

通常照明下ではSUVとしてのクーペフォルムを強調。

完全な親バカですが、 CX-30はオーバーハングのバランスが秀逸な仕上がり♪

照明の違いでクルマの違った側面を見せてくれるのもホワイトカラーの魅力!

ブラックトーン専用装備

ブラックトーンエディション専用装備になる、

  • 215/55R18 95H タイヤ&18インチアルミホイール(ブラックメタリック塗装)

特徴的な樹脂フェンダーと組み合わせる事でスポーティーな足元が強調されSUVテイストアップ!

最近はボディー同色のフェンダーアーチモールがトレンドになりつつありますが、CX-30の大胆なデザインが数あるSUVの中で唯一無二の個性を生んでます♪

来年辺りスーパーエッジの影が見えている気がしないでもないですがw

それにしてもカウンター越しに見えるなだらかなボンネットライン最高じゃないですか!

リアエンドに向かっては大胆なフェンダーラインが採用されていますが、タイヤを大きく見せる効果も兼ねてCX-30の独特なフォルムを生んでいます。

他のブラックトーンエディションも同様ですが、ホイールカラーが変わる事で新たな魅力が生まれています。

サイドミラーも専用装備のブラック塗装。

  • 自動格納式リモコン式カラードミラー(グロスブラック)

ホワイトパールとの組み合わせはよりアクセントになり際立ちますね!

展示車には養生シールが貼られていますが、ピラー周りは全てグロスブラック塗装です♪

ボディーに光が当たる事で生まれる光の陰影が堪らない!

魂動デザインのテーマになっている”S字リフレクション”とは違った魅力を感じます♪

MAZDA CX-30のボディーサイズは、

  • 全長 4,395mm
  • 全幅 1,795mm
  • 全高 1,540mm
  • ホイールベース 2,655mm

コンパクトとミドルクラスの間を取った絶妙なサイジングが魅力的。

普段の取材とは違った環境の撮影で魅力が伝わるか心配ですが特別感はあるかとw

妖艶リアテール

普段自分の愛車のリアばかり撮ってるにも関わらず、改めてCX-30に惚れ直しましたw

低重心スタンスと妖艶リアテールがカッコ良過ぎる!

リアテールランプはもちろんフルLED仕様の高い質感をキープ。

サイドに回り込む波動砲の様なデザインからは“マツダ魂動デザイン”の共通デザインです♪

丸目半周のテールデザインが個人的にお気に入りのポイント♪

国産車離れしたデザイン・センスの塊!

お馴染みのローアングルもご覧の通り雰囲気ある1枚に。

今後ホワイトのCX-30で印鑑押す人が続出ですw

ラゲッジルームをチェック

全く見えません。。

ちょっと盛り過ぎたかw

これではレポートにならないので自分の愛車の画像を貼りますw

CX-30のラゲッジは奥行に対して縦方向が狭い為、容量自体は同クラス内でも少なめ

普段の日常使いで困る事は無いかな。と言った感じです。

我が家は月イチのコストコでまとめ買いしても何とか積み込めるレベルかとw

余り参考にならないかもしれませんが、

このロケーションでリアテールゲートが開く姿はなかなかレアな1枚ですw

ブラックトーンエディション内装

照明を落としてのレポートでしたので内装チェックは断念。。

CX-30 ブラックトーンエディションはブラック基調に仕上げにレッドステッチ加飾が施されています。

昼間に撮影したこちらのCX-30 ブラックトーンエディション。。

 

 

こちらは次の機会にお伝えしましょうw

ヤバかった!!

ブラックカラーのダッシュボードは自分が所有している100周年特別記念車が近い雰囲気になるかと思います。

関連記事

遂に愛車とご対面! こんにちは。togariです!   MAZDA CX-30 XD 100周年特別記念車納車しました!! おぉ。カッコ良過ぎる! 完全な自己満足ですが、うっとりする仕上がりに[…]

良かったらこちらの記事も参考に♪

関連記事

改良を重ねてより魅力的に! こんにちは。togariです! 年末商戦真っ最中のクルマ業界ですが今回はこちらのクルマを紹介します!   MAZDA 3セダンXD ブラックトーンエディション試乗して参りまし[…]

先日アップした“マツダ3セダン ブラックトーンエディション”の試乗レポートはこちらからどうぞ!

静寂の夜ディーラー

今回許可を頂いて撮影させて貰った“夜のショールーム”

車道から見ていた夜のショールームは引き込まれる魅力的な空間で念願叶って撮影出来ました!

お客さんで賑わう昼間とは別の顔を持った”静寂の夜ディーラー”は息を呑む程の素敵なロケーションです♪

暗闇の中で唯一スポットライトが当てられ輝きを放つCX-30。

静寂の空間はクルマの魅力をより引き立てる魔法が掛けられています。

実際にはオッサンが1人ぼそぼそ喋ってるw

“ガラス越しに対話するクルマ”

みたいな画を撮りたかったのですが、ピンボケしまくり。。

この条件では相当な撮影技術が無いとお伝え出来ないと痛感した取材でもありましたw

黒を基調とした新世代のマツダ店舗は夜も独特な雰囲気を持っています!

撮影当日は今年1番の寒波。

雪がチラつき出していたのですが、ふと外を見ると。。

雪の100周年コラボ

マツダ100周年特別記念車コラボ開催中!

スノーフレークが共演した“雪の100周年コラボ”です♪

極寒でしたがめちゃくちゃ良い画が撮影出来ました!

7世代マツダを代表するマツダ3ファストバックとCX-30の100周年記念車。

つい最近夢の100周年ミーティングに参加して参りましたが早くも再集結w

いやー。

互いのリアデザインは甲乙つけ難い素晴らしい造形ですよ♪

降り注ぐ雪との相乗効果でスノーフレークホワイトパールが一層魅力的に見える!

今回は夜をキーワードにCX-30の魅力を堪能出来た取材でした!

今回一応動画も撮影して参りましたが、世に出せるレベルであればまたアップしたいと思いますw

以上でレポート完了です!

CX-30が持つ”夜の顔”

今回はいつもとは趣向を変えた“変化球スタイル”で CX-30ブラックトーンエディション”が持つ夜の顔をお伝えしました。

“夜のショールーム”という特別な空間でCX-30が持つ魅力的なスタイリングが伝われば幸いです!

今回はホワイトボディーの車両でしたが、ソウルレッドやマシングレーのボディーカラーは更に魅力的な見えそうな予感♪

その前に自分の撮影技術を磨きたいと思いますw

年末にかけて次々と発売される2021年後半のマツダ商品改良モデル。

ちょっと編集が追い付かんw

2021年商品改良モデルは全国のディーラーさんへも続々配備中ですので是非!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

唯一無二の国産クロスオーバーをお近くのマツダ・ディーラーで体感してみて下さい!

新車購入時のクルマの売り方。

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがおススメ!

  • より簡単

一般的な車買取 一括査定で10社見積もりを取る場合は、1社につき約1時間ほど査定に時間が掛かるので1時間×10台の合計10時間も掛かってしまいます。

ユーカーパック 一度だけ1時間~1.5時間ほどの査定をすれば、その車両情報を基に最大8000店が入札するので一括査定よりも簡単に車を高く売れて簡単!

  • より安心

一般的な車買取 一括査定の場合は、申込をした瞬間に個人情報が各社に流れてしまうので突然多くの電話が鳴ったり家に押し掛けられてしまうこともあります。

ユーカーパック 買取会社へ公開されるのは「車の査定情報」だけで個人情報は一切公開されないので、多くの会社から電話が来ることは一切無いので安心!

  • 査定は自宅かお近くの提携店で1回のみ

一括査定で10社から金額を提示してもらうためには10回の査定を受ける必要があり時間が掛かってしまいますが、ユーカーパックなら一度の査定で最大8,000店という非常にラクに高く売れるサービス!

家に査定員が来て欲しくない場合はお近くの査定提携店で、近くに査定提携店がない場合や出向くのが面倒な場合は出張査定でぜひ査定を受けてみてください!

買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

次回の予告

度々伸ばしてスミマセン。。

いつもここまで読んで頂ける方がいるのか心配でもありますがw

次回はオレンジアクセントが抜群にカッコ良い国産ミドルSUVの試乗レポートです!

お楽しみに!

今後も現場取材にこだわったクルマの魅力を伝える試乗ブログを目指しますので、良かったらブックマーク宜しくお願いします!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!

ビデオクリップ感覚で見る動画

PV感覚でクルマの内外装をサクッとチェックする"クルマインスタ動画”も発信しています。チャンネル登録よろしくお願い致します!

CTR IMG