オン・オフ余裕でこなすオールラウンダーSUV【ディスカバリースポーツ2020 】内装・試乗レビュー

SUV

 

オン・オフ余裕でこなせる高い機能性がディスカバリースポーツの魅力!

こんちには。togariです!

今回は前回から引き続きランドローバー ディスカバリースポーツ2020モデルの内装・試乗レビューの紹介です!

マイナーチェンジながら最新のハイテク装備を導入し、動的質感をブラッシュアップした仕上がりにランドローバーの勢いを感じる1台でした!

前回のディスカバリースポーツ2020モデルエクステリアのレビュー記事はこちら!

関連記事

[adcode]伝統のクロカンSUVが都会的なスタイリングにフェイスリフト!こんにちは。togariです!サイト移転の為記事アップが遅れてしまいましたが、今回が2020年の初投稿となります。今年も試行錯誤しな[…]

ディスカバリースポーツフロント

1分間で見るディスカバリースポーツ2020モデル!

 

 

エクステリアの360°View動画はこちらからどうぞ!

マイナーチェンジ超えの充実した装備内容の1台!ディスカバリースポーツ2020モデルの魅力に迫ります!

 

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

お世話なったディーラーさん

前回に引き続きお世話になったディーラーさんは、

ランドローバー広島さんです。

ランドローバーの新車の購入をご検討されている方にも、認定中古車をお探しの方にも、ご愛車の点検をご希望の方にも、ランドロー…

ありがとうございました!

 

こちらのショールームではランドローバーのSUVをフルラインナップで展示中!

SUV一筋の伝統あるブランドのランドローバーはどのモデルも個性的なスタイリングです!

お近くの方は是非!

近郊の方で試乗や見積もりを検討されている方がいらっしゃれば、担当営業の方をご紹介出来ますのでお問い合わせ欄からご連絡下さい!

それではディスカバリースポーツ2020モデルの内装をチェック!

ディスカバリースポーツ内装レビュー

今回の内装レビューはショールームに展示されていたディスカバリースポーツS D180の展示車から紹介です。

ボディーカラーは”アイガーグレー”というメタリックペイント。

マツダのマシングレーの様な硬質な色合いでよりボディーが引き締まって見えます!

搭載エンジンは2.0L4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。

ディスカバリースポーツのディーゼルエンジンの特性は強いトルク!

最大トルク430N・mは長距離走行やオフロードで本領が発揮されます!

 

ドアを開けるとこの内装!

ホワイトとネイビーのコンビネーションでした! 無骨なエクステリアとは対称的に高級感ありますね!

実際の内装カラーは、ライトオイスター/エボニーインテリアという内装色です。

街乗りSUVと差別化!フロントドア

 

 

目を惹くのはディスカバリースポーツのキャラクターを出している金属製のゴツイドア・ハンドルです!

ドアトリムを貫通する大胆な配置がカッコよい! マテリアルのソフトパッドやレザーの質感も高く保れています。

ドアは重厚感ある開閉でドスンと閉まり、価格に似合った上質な仕上がり!

 

ウィンドウスイッチはトリム上部に配置されていました。

ランドローバーのフラッグシップであるレンジローバーやディスカバリー、ジャガー F-PACE等はこの位置に配置されていたのですが、モデルのデザインコンセプトによる配置の違いなのかもしれないです。

スイッチの質感は昨年フルモデルチェンジしたレンジローバーイヴォークのデザインがそのまま採用されていました。

新型イヴォークから搭載された新機能の、

ドアを開けた際、同乗者に近づくクルマや自転車をスイッチ内で警告するクリアイジットモニターはディスカバリースポーツには装備されみたいです。

 

「こういった部分に見えるランドローバーの世界観!」

分厚いサイドシルはドアと一体化して完全防水仕様です!

 

https://www.netcarshow.com/

ディスカバリースポーツの最大渡河水深は驚きの600mm!

あまり良い話では無いですが、

最近の全国的な異常気象や台風被害が大きくなっている状況で、日本でもこの様な機能が本当に必要になる事態が多くなるかもしれません。

市街地でも排水が間に合わず冠水する被害も想定すると、いざという時の安心感はありますね。

スタイリッシュなデザインに抜群の悪路走破性能を取り込むスタイリングが、トレンドの街乗りSUVと大きく差別化されるランドローバーの魅力です!

14WAYパワーフロントシート

 

運転席シートは14WAY電動パワーシート(シートヒーター付き)が装備されていました。

オプション装備で価格は5.8万円。

ライトオイスターグレインレザーシートは硬めでホールド性が高い感触でした!

画像を改めて見るとシートベルトがシート本体に固定されているのが分かりますね。

 

アクセルペダルは吊り下げ式を採用。

後程の試乗編でお伝えしますが、ペダルレスポンスはパワフルなタッチ感で好印象でした!

アクセルペダルの上にはなんと電子式のパーキングスイッチが!

という事はアレですよ!マイナーチェンジでもアレが付くんですか!

後程の試乗編で紹介しますw

 

ベストバランスなインパネデザイン!運転席全景

 

ディスカバリースポーツのインパネはランドローバーのデザインコンセプトを巧くミックスされたインパネデザインです!

先進的デザインに実用性をプラスしたランドローバーのイイ所取りになってます!

 

こちらは新型イヴォークの先進的なインパネデザインです。

ディスプレイを多用する未来感を全面に出した演出ですね!

 

兄貴分になるディスカバリーは物理スイッチを大きく配置して実用面に重視したインパネデザインになっています!

今回のディスカバリースポーツはこちらのデザインコンセプトを採用してますね。

この画像なんだかスゴイ所走ってますが、こちらは以前参加させて頂いた体験イベントからの1枚。

合わせて読みたい

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!当ブログではいつも言ってますが、まさにそんなイベントでした!こんにちは。 togariです!今回はいつもの試乗レビューとは違って、ランドローバーさん主催の試乗体感イ[…]

ランドローバーの真の実力を身を持って体験してきましたのでお時間ある時にどうぞw

 

話が逸れてしまいましたが、

ディスカバリスポーツのインパネは2つのデザイン・コンセプトをバランス良くミックスさせたイイ所取りの仕上がりでした!

ハイテク装備のステアリング

 

ステアリングデザインは新型イヴォークと同じ新デザインが採用されていました。

ディスカバリスポーツには中央に車名の刻印ロゴが入り所有満足度アップです!

黒く光るステアリングスイッチが目を惹きますが、こちらにはハイテクなギミックが!

 

ステアリングスイッチはタッチパネル式になっていて表示する項目をカスタムする事も可能です!

こういった演出は他メーカーでも採用されてなく新しいですね!

今回の車両には装備されていませんが、パドルシフトはオプション価格3.2万円で設定があるそうです。

 

運転ディスプレイは12.1インチのフル液晶パネルが標準装備!

地図の解像度も高く、多くの情報に切り替える事も出来ます!

ランドローバーはスピードメーターとタコメーターの配置が逆になっていました。

10インチ Touch Proインターフェース

 

インパネ中央にはタッチパネル対応の10インチディスプレイが標準装備されています!

マイナーチェンジで最新のテクノロジーが導入されるのはスゴイ!

新型イヴォークと違いはエンジン起動時にポップアップの演出は無く、はめ込み式になっていました。

中央に配置されセンターコンソールは、

回す・押す等の機能性を重視したデザインで温度調整・ドライブセレクターにもカスタム可能!

アウトドアシーンでも直線的に操作出来る実用性が魅力です!

好みが分かれるデザインですが、ハイテクの中にあえて実用面重視の物理スイッチを残す点にディスカバリスポーツのキャラクターが大きく現れています!

繊細なタッチのシフトレバー

 

今回のマイナーチェンジでシフトレバーもダイヤル式からシフトレバー式に変更になりました。

ステンレス仕上げの高い質感とシフトレバーのタッチ感が繊細で好印象!

シフトクリックの反力が心地よくて試乗中もテンション上がりましたw

 

ドリンクホルダーは分厚いゴム材のストッパーが採用され悪路を走ってもガッチリホールドされる機構が!

こういった所に妥協せずコストを掛けている姿勢は素晴らしい!

センターアームレストも十分な高さがあり分厚い表面で心地良い感触です!

内部は深型の収納スペースと充電ソケットが装備されていました。

続いて後席をチェック!

快適な2列目後席

 

「後席でも質感に変わり無し!」

レザーの質感が冴える高級感ある仕上がりです!

ベージュ系のレザーカラーとアクセントに入るダークグレーの組合わせは室内を広く見せる効果がありますね!

 

シートはリクライニング・前後スライド可能で足元空間も広々!

上部空間にも余裕があり、大人が座っても快適に過ごせます。

172cmの僕が座っても拳2個分の余裕があり、足先を入れる空間も十分にありました!

 

後席はクライメートコントロールを採用して独立したエアコン調節が可能!

充電設備も完備で不足は無し!

3列目の居住性

今回の試乗取材で確認したかったのが、ディスカバリスポーツ3列目の居住性です。

3列SUVとしてのサードシート居住性がずっと気になっていました。

サードシートの造りは見る限り丁寧に仕上がっています!

カタログ内の記載には、

小さなお子様から中高生向けのシートですが、短時間の移動なら大人の方でも十分ご利用いただけます。

 

とありましたので居住性を確かめるべく大人代表として実際に乗り込んでみました!

 

2列目後席の肩口レバーを引くとシートが連動して前へスライドします。

 

この状態から3列目へアクセスするのですが、開口部が狭い点と足元のレールの出っ張りが気になりました。

うーん。やはり狭そうに見えますがw

 

大人代表の中年オヤジが無理やり乗り込んでみたんですが、予想通り足元空間に余裕は無いですw

 

後席シートを戻すと、まともに足元が撮れない状態になってしまいました。

やはり大人の乗車は厳しかったですw

小学校中学くらいまでの子供さんならシートとして機能しそうです。

 

3列目にもエアコン吹き出し口や温度調整のダイヤルが装備されていたので、

パッケージングとしてはかなりコストが掛かっているのに居住性が優れないのが実に勿体ないです。

 

営業の方の話だとディスカバリスポーツはフル乗車を前提で購入する方は殆どいないそうです。

普段は3列目を格納して広いラゲッジスペースを有効活用しながら、あくまで緊急用のサードシートになりそうです。

以前プラドの試乗の時にも思ったのですが、

こういったスタイルのクルマはラゲッジに荷物をガシガシ積んで遊び倒すクルマなんだと思います。

少々長くなりましたが、以上で内装レビュー完了です!

 

ディスカバリースポーツ試乗レビュー

 

最後に試乗レビューの紹介です!

今回はディスカバリスポーツのガソリングレードモデルに試乗させ頂きました!

試乗車両スペック

ディスカバリスポーツS P200

全長4,610mm
全幅1,905mm
全高1,725mm
ホイールベース2,740mm
車両重量2,120kg
搭載エンジン2.0L直列4気筒ガソリンターボ 9速AT
最大出力/トルク200Pps/320N・m
駆動方式AWD
使用燃料/燃費ハイオク/WLTC 9.6km/L
乗車定員7名
車両本体価格513万円

先に結論から言うと

ディスカバリスポーツの動的質感かなり良かったです!!

クロカンイメージが強いディスカバリースポーツですが、オンロード試乗でも性能の高さを充分実感出来ました!

出足の印象は

エンジンを掛けると2.0Lターボの始動は非常に静か。

ディーラーから市街地へ出る為アクセルを踏み込みます。

強めのタッチを感じ、グァーンというエンジン音と強いトルクを感じます!

「この剛性と出足は不足無いですね!」

ディスカバリスポーツは車重2トンを超えるクルマなんですが、鈍さを感じない重厚な走り出しでした!

最大トルク320Nと多段化9速ATのコンビネーションは国産メーカーとの大きな差を感じるポイントです!

 

シャーシ改良でフラットな乗り心地

 

市街地を走行しながらドライブフィールを確かめますが、エンジン音を感じたのは低速時だけです。

速度が上がりきるとエンジン音は殆ど聞こえません。

街中を流しながら走ると2,000回転以内で収まってしまう非常にジェントルな乗り味!

以前新型イヴォークで少し感じたターボラグも、ディスカバリスポーツでは改良が入っているのかシフトショックを感じさせないスムーズな加速感です!

ディスカバリスポーツ自体は全高も高いので運転時のアイポイントも高めなんですが、足回りがどっしりと粘ってくれる感覚。

今回のマイナーチェンジでPTAというアーキーテクチャーが改良されフロントシャーシの改良が入っているそうです。

メルセデスやVOLVOで感じたエアサスとはまた違う感覚のフラットなフィーリングは街乗り走行でも十分に伝わります!

 

AWDならではの安定性

 

ランドローバーのラインナップは全て駆動方式を四輪駆動を採用していますが、コーナリングでも抜群のグリップ力!

マツダやトヨタなどでも採用されている、

  • トルク・ベクタリング機能

この機能がディスカバリスポーツにも採用されていました。

コーナリング時に内輪に掛かるブレーキをコントロールする機能で、アンダーステアを抑えたコーナリングは至ってスムーズ!

オンロード走行でもAWDの恩恵を直接的に感じるランドローバーのテクノロジーに驚きです!

あの機能も追加装備!

 

市街地走行中信号に掛った為、停止すると静かにアイドリングストップが作動。

この後更に驚きます。

オートブレーキホールド採用です!!

マジすか!マイナーチェンジで追加とは!

ディスカバリスポーツは全グレードにオートブレーキホールド標準装備!

ランドローバーとしては新型イヴォークから採用された機能で、現行のレンジローバーやヴェラールにはまだ採用がありません。

ここはライバル勢に追いつく大きなトピックです!

やっぱこの充実度はマイナーチェンジを軽く超えてます!

 

ふと上を見ると、ルームミラーも変更されています!

  • クリアサイト・インテリアビューミラー追加!

こちらのミラーはルーフにあるシャークフィンアンテナの位置から後方を映し出す事で、後方視界が悪い場面でも後ろがハッキリ見える優れもの!

ディスカバリスポーツだと3列目を使用した際に非常に助かる機能かと思います!

ただ残念な点も。

前回新型イヴォークの試乗時はオプション価格2万円とリーズナブルだったのですが、

今回は4.7万円と倍に値上げされていました。 

原材料高騰の影響らしいのですが、今後も更に値上がりが決まっているそうです。

個人的には一押しな装備なんですが、ルームミラーに5万以上掛かるとさすがにちょっと考えますよねw

高速での安定性

市街地を抜け少しの区間だけ高速試乗もさせて頂きました。

 

高速走行でもクルマの挙動は非常に安定です!

高速域でももステアリングのどっしりした感覚は薄れず安心感があります。

 

今回の試乗車には装備されていなくて確認出来ませんでしたが、

  • 全速度追従機能(ACC)
  • ブラインド・スポットアシスト
  • ステアリング・アシスト

オプション装備で最新の安全先進機能も設定がありますので安全装備も充実!

 

気になる点は

 

良い所ばかりでは無く、気になる点も幾つか感じました。

燃費と広い全幅です。

今回のガソリンモデルの燃費はWLTCモード 9.6km/L

トルクフルでフラットな動的質感と引き換えになっている点かもしれませんが、10km/Lを切ってるのは維持費が結構掛かりそうですね。

 

 

ディスカバリスポーツ D180のディーゼルモデルの燃費はWLTCモード12.0km/L

価格差はありますが、乗り方によってはディーゼルエンジンの低燃費は魅力的です!

トルクもかなり期待出来そうなのでw

もうひとつの全幅1900mmの問題はどうしても狭い場所や駐車場で気を遣いそうです。

 

クルマを透視した様なシースルー機能で前方下を映し出す世界初の、

  • クリアサイト・グランビュー

という機能がオプションとしてアシスト機能が用意されています。

関連記事

新型イヴォークのベストバイはガソリンモデルなのか⁉︎それともディーゼルモデルなのか!こんにちは。 togariです!今回は新型レンジローバー イヴォークのディーゼルモデルの試乗レビューです。[…]

この機能は以前新型イヴォークディーゼルモデル試乗時に体感していますので良かったら参考にしてみて下さい!

以上で試乗レビュー完了です!

 

まとめ

 

ランドローバーのクルマは以前からご厚意で何台か試乗させて頂いてますが、今回のディスカバリスポーツを体感して更に「いつかはランドローバー愛が強くなってしまいましたw」

ディスカバリスポーツはエクステリア・内装共に質感を上げ、更に動的質感までブラッシュアップする仕上がり!

マイナーチェンジで一新されたスタイリッシュな佇まいと指折りの悪路走破性能で、

オン・オフ思いっきりこなせるオールラウンダー!

として溢れるSUV市場に強い個性を出せる魅力的なモデルだと思いました!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

ディスカバリスポーツの魅力を是非お近くのディーラーで是体感してみて下さい!

 

ディスカバリースポーツフロント

クルマの購入を検討中の方はクルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だなって思われているアナタ!

面倒な手続きや買取交渉を代行して行ってくれる新しいサービスがこちら!

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取法!
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない!
査定は提携のGSか自宅での1回でOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次の乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用アップ!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
入力は簡単30秒で完了!
買取額の見積もりだけも可能ですので是非こちらから!

 

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

次回の予告

次回魅力をお伝えするクルマは、

またまたSUVです!

間もなく国内発売される”TさいSUV”先行展示イベントへ伺ってきました!

お楽しみに!

今後もクルマの魅力を伝えるブログを目指して試行錯誤しながらより伝わり易いコンテンツを目指して行きます!

最後まで読んで下さってありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG