充実装備のアーバンスポーツSUV【フィアット500X スポーツ】内外装試乗レポート

SUV

充実装備のアーバンスポーツに生まれ変わったコンパクトSUVをチェック!

こんにちは。togariです!

フィアットのコンパクトクロスオーバー500Xに追加された新グレードフィアット500X スポーツの試乗に伺ってきました!

名車フィアット500のスタイリングを4ドア仕様に仕上げたコンパクトSUVのスポーツモデルが登場です!

 

関連記事

FIAT 500Xクロスはエクステリアの印象とは異なる重厚な乗り味が魅力!こんにちは。togariです!イタリア生まれのコンパクトSUV!今回はFIAT 500X CROSSを試乗させて頂きました!個性的なエ[…]

 

以前500Xクロスに試乗させて頂いた事があったのですが、500Xスポーツは内外装共に専用装備が多く追加され非常にコスパの高い仕上がりに驚き!

今回は通常モデル500Xクロスとの比較も挟みながら、イタリア生まれのクロオーバーフィアット500Xスポーツの魅力に迫ります!

 

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

ディーラー紹介

今回試乗取材させて頂いたディーラーさんは、

フィアット/アバルト広島さんです。

 

ありがとうございました!

 

 

ディーラー駐車場にはFIAT/ABARHの試乗車がズラリと配車されています!

イタリア生まれの個性的なクルマは見ているだけでも楽しい♪

 

 

店内には500Xスポーツイメージカラー”セダクションレッド”も展示されていました!

やっぱカッコいいなぁw

フィアット500等に採用されているレッドより少しオレンジ掛かったボディーカラーは、アバルト595を彷彿させるレーシーなスタイリングが魅力!

画像で見るよりとても良い発色ですので気になっている方は現車をチェックしてみて下さい♪

それではフィアット500Xのモデルスペックからチェック!

 

FIAT 500X Sport エクステリアチェック

バーゲンプライス

 

新グレードになる500Xスポーツの価格設定がコスパ高過ぎなんです!

500Xクロス341万円
500Xスポーツ344万円

通常モデルとの価格差なんと3万円のバーゲンプライス!

フィアットさん太っ腹だなぁ^_^

フィアット500Xスポーツの主なエクステリア専用装備は、

  • 19インチ10スポークアルミホイール
  • ダークグレー仕上げエクステリアミラーハウジング
  • スポーツフロント/リアバンパー
  • ボディー同色サイドスカート
  • クロム仕上げデュアルエキゾーストパイプフィニッシャー

これは30万の間違いではないでしょうかw

パワートレインの変更は無いですが、内装にも更に専用装備が加わるコスパ良過ぎの価格設定になっています!

試乗車のボディーカラーは

ジェラートホワイト。

もうネーミングからしてオシャレですねw

個人的な推しカラーはイメージカラーのセダクションレッドだったんですが、

ダークグレー塗装された専用装備がホワイトボディーを引き立て、コテコテしないエレガントな仕上がりもカッコ良い♪

街中でサラっと乗りこなせそうなオシャレな雰囲気を感じます!

展開されているボディーカラーは、

  • セダクションレッド (展示車)
  • ジェラートホワイト (試乗車)
  • イタリアブルー
  • ファッショングレー

発色の良い4色のメタリックカラーが展開。

フィアット500Xスポーツのボディーサイズは、

VW T-CrossFIAT 500XSportMAZDA CX-30
全長4,115mm4,295mm4,395mm
全幅1,760mm1,795mm1,795mm
全高1,580mm1,610mm1,540mm

VW T-Crossよりも大きく、MAZDA CX-30よりも若干小さいという絶妙なサイズ感。

日常使いの取り回しやすさと積載性・居住性が程よいコンパクトSUVクラスです。

 

FIAT 500X CROSS

既に発売されているフィアット500Xクロスはクロスオーバースタイルを強めに出したスタイリング。

可愛らしさも感じるデザインで街中でも幅広い世代の方が乗られているクルマです。

 

今回追加された500Xスポーツは、

”クロスオーバーSUVからアーバンスポーツSUVにスタイルチェンジ!”

SUV市場で1番豊富なモデルが揃うカテゴリーに、

イタリア生まれのクロスオーバーが参戦といった所でしょうか!

それではフィアット500Xスポーツのエクステリアを細かくチェック!

 

ポップアイコンは健在

 

 

可愛い丸目ライトは今回も健在!

フィアット500のポップアイコンになる丸目型のLEDヘッドライトが個性的なフロントマスク。

下部のヘッドライトはC型に点灯するデイライトになり女性受けも良いデザインセンスです。

先進機能は現行モデルと同じくオートマチックハイビームまでの装備になってます。

 

500Xスポーツでは専用フロントスポイラーが装備され低重心をアップ。

グロス処理されたグレー塗装の質感も高い仕上がりです!

 

シンプルなサイドライン

 

プレラインを抑えた塊感の強いフォルムに、ボディー同色パーツが採用されシンプルなボディー構成。

同色カラーのフェンダーアーチモールがスタイリッシュさのポイントです。

 

500Xクロスは、

フェンダーアーチモールに樹脂パーツを採用しバンパーガード調のバンパーで力強さが強調されたデザイン。

ルーフレールが装備されているのは500Xクロスのみでクロスオーバーテイストを演出。

スタイルの違いで好みが分かれるところですが、グレード毎に巧くすみ分けされています。

 

500Xスポーツ専用装備

ダークグレー塗装されたサイドミラーと専用ロゴでスポーティーな加飾を演出。

ダークグレーカラーのアクセントがボディーをより際立てます!

 

専用大径タイヤ&ホイール

 

タイヤサイズは225/40R19

3500Xスポーツ専用装備になる、19インチ10スポークアルミホイール。

グレー塗装されたスポークデザインがカッコいい!

500Xクロスは17インチが標準装備ですので足元の印象も大きく変化!

やはり3万円の価格差とは思えませんw

更に13mmローダウンされた専用サスペンションが装備され足回りも強化が入ります!

500ファミリーを認識

 

特徴的なテールランプデザインフィアット500ファミリーを認識出来るデザインセンスは流石です♪

可愛いんだけどカッコいい絶妙なデザイン!

 

フルLEDテールランプ

立体的な形状と視認性を合わせた高品質なリアテールランプ。

夜間の映り込みは相当綺麗でしょう♪

 

リアエンドには専用装備のクローム仕上げデュアルエキゾーストパイプフィニッシャーを装備。

小気味よいサウンドを聞かせてくれました!

スポーツグレードらしいレーシーな造形もポイント高いです。

 

フィアット500Xスポーツ エクステリアの総評は、

各パーツが高い質感で仕上がり、価格に対するコスパは非常に良い印象です!

ラゲッジルーム

 

ラゲッジ容量は350L。

リアテールが大型にデザインされている為、同クラと比較すると横幅は若干狭い印象。

後席は6:4分割可倒方式を採用していました。

ラゲッジルームに関しては500Xクロスと大きな変更は無いようです。

続いて内装をチェック!

 


フィアット500Xスポーツ 内装チェック

 

 

ドアを開けるとブラックレザーの内装カラーが飛び込んでエクステリアとは対照的にシックな印象の内装。

どうしてもステアリングに目がいってしまいますがw細かく見て行きましょう!

 

ブラックレザーの上質な雰囲気

 

ドアトリム・ニーパッドに上質な本革レザーを使用したドア内側の仕上げ。

スイッチ類の加飾はシンプルですが、アルミ材や本革等マテリアルにこだわった質感が魅力的です。

 

フロントシートも本革シート仕様のシックな印象。

丸形のヘッドレストにはフィアット500のデザインアイコンが取り入れられてPOPさも忘れません!

レザーの触り心地がめっちゃ良い感触でした!

500の刺繍を施すなどイタリアの職人気質も感じられるオシャレなシートでした!

 

運転席には8WAYパワーシートが装備され同クラスに対抗出来る装備も確保。

アルミペダルやフロアマットからはデザイン性を重視したフィアットの魅力的なポイントが見えます♪

 

運転席全景

 

デザインと機能性を兼ねたオシャレなインパネ

全体的なデザインは500Xクロスと同様のデザインですが、

500Xスポーツの内装カラーはダークグレー内装1色のみの展開になっています。

3.5インチTFTメータークラスター

 

中央に3.5インチのインフォメーションディスプレイを搭載した仕様は500Xクロスと同様の仕上がり。

解像度としては国産メーカーと比較しても若干落ちる画質でした。

タイヤ空気圧の確認も出来ますが、

ディスプレイ内の表示は全て英語表示。

輸入車にありがちなカタカナ表記より潔くて良いかなとも感じました。

イタリア語表示だと困りますがw

画像が切れてますが、

500Xスポーツの専用加飾としてレッドステッチ仕上げとメーターフードにアルカンターラが加わります!

 

絶品!アルカンターラ・ステア

 

フィアット500スポーツ内装の大きな魅力ポイントは、

アルカンターラを使用した本革巻きステアリングホイールです!

10時10分位置に施されたアルカンターラレザーの触り心地は絶品そのもの!

乗り込む度にワクワクする事でしょうw

 

メーターフードにもアルカンターラを使用するレーシー仕様ですよ!

アバルトの車種には採用されているデザインみたいですが、

乗り込んでステアリングを握るとフェラーリやランボルギーニの様なスーパーカー気分が味わえますw

ステアの内側にもレッドステッチが入りクラスを超えた仕上がりが魅力的!

このステアが選べるのは500Xスポーツのみの大きな武器です!

 

スイッチ周りにはクロムベゼル塗装が追加され手に触れる部分の質感も高められています。

フィアット500Xスポーツの安全運転先進装備は、

  • 前面衝突警報
  • アダプティブクルーズコントロール(時速30キロ以上で使用可)
  • 車線逸脱警報
  • ブラインドスポットモニター
  • リアパーキングセンサー
  • オートマチックハイビーム
  • エレクトロニック スタビリティ コントロール

ACCの全速度追従機能は搭載されず価格帯からすると不足に感じる部分もあります。

ダッシュボードは単色設定

 

中央のナビゲーションは、

7インチタッチパネルモニター付きのUconectというインフォシステムを搭載。

ナビゲーション自体は装備されず、アップルカープレイやアンドロイドオートを接続する仕様です。

本国ではナビゲーションの普及が少なく、もっぱらスマホをナビ変わりに使うケースが殆どみたい。

この辺りはドイツ車と比べると国内展開では劣っているポイントです。

フィアット500の特徴になるボディー同色のダッシュボード仕様も、500Xスポーツはグレーメタリックのみしか選べません。

 

500Xクロス内装

カラーコーディネートを楽しめる部分もフィアット車の魅力なのでここは悩ましい部分です。

 

6速乾式デュアルクラッチAT

 

シフトレバーにはレザーのシフトブーツに留めボタンが付くコダワリの質感です♪

搭載される6DCTは特別な操作が必要な訳ではではないですが、立ち上がりにクセがあるトランスミッションでした。

電子式パーキングブレーキは搭載されていますが、ブレーキオートホールドは非搭載。

国内市場で展開していくにはブレーキオートホールド必須装備なので、早めの導入が待たれる部分でもあります。

続いて後席をチェック!

後席居住性チェック

 

500Xクロス後席

後席の画像を撮り忘れてしまいましたので500Xクロスの画像で代用です。

取材した日は3台目の試乗で最近疲れが溜まると最近物忘れが酷くなってますw

後席も前席同様のデザインアイコンが採用されてコストカットは感じさせません!

ブラウン内装も良いですねw

 

172cmのオッサンが座ると膝前空間は拳2個分位の余裕。

同クラスのSUVと比べて、後席のシート座面が高めにデザインされ前方視界の見晴らしが良く感じます!

以上で内装チェック完了!

最後に試乗レビューの紹介です!

 

 

フィアット500Xクロス試乗レビュー

試乗車両スペック

 

FIAT 500XSPORT

ボディーカラージェラートホワイト
全長4,295mm
全幅1,795mm
全高1.610mm
ホイールベース2,570mm
車両重量1,440kg
搭載エンジン1.3L直列4気筒DOHCターボ
最大出力/トルク151ps/270N・m 6速DCT
駆動方式FF
乗車定員5名
仕様燃料/燃費ハイオク/WLTCモード13.4Km/L
車両本体価格344万円

今回は時間帯が遅かった為、市街地を短時間走行させて頂いたレビューになります。

それでは試乗開始!

重厚な立ち上がり

 

走り出しは重厚感の強い加速で車内にエンジン音が入ってきます。

鈍重とまでは行かないですが、半テンポ遅れるレスポンスでシフトアップ時に若干引っ掛かる感覚でした。

アクセルストロークが長くじわじわ加速する感覚で、立ち上がりは少しクセがあるフィーリングに感じます。

2,000回転手前で最大トルクを発生するターボのダイレクト感とも感じとれますが、

ドイツ車のDCT制御の滑らかなシフトフィールとは性格が異なる加速性能。

今回の500Xはスポーツグレードという事であえてハードな方向に振っているのかもしれません。

 

19インチはベストマッチ

 

前車に合わせて街中を走行すると静粛性も高まりマイルドな乗り心地に安定。

以前500Xクロスの試乗の際は17インチでも硬めの印象が強かった乗り心地。

今回設定された19インチタイヤの乗り心地は、

路面からのタイヤの接地感は柔らかく、アスファルトの継ぎ目をしっかり収束してくれます。

ここは専用装備されたサスペンションのセッティングが19インチとベストマッチ。

見た目以上にしなやかにグリップしてくれるので乗り心地面は改善されていました!

 

クイックなステアフィール

 

全幅1.8mを切るボディーサイズは相変わらず取り回しが良く、右視界の見切りも良好です♪

女性でも運転しやすいサイズ感はコンパクトクラスを多くラインナップするフィアットの魅力です。

それに加えてアルカンターラ仕様のステアリングがクイックに応答してくれます。

指にアルカンターラの感触を感じながら視界に入ってくるメーターフード越しの車窓は、街中が違う風景に見えますよw

回転域の広さを体感

 

市街地を抜けて土手沿いの道に入ります。

前車の間隔が空いた所でアクセルをグィッと踏み込んでみると、

ペダルが軽くなり、加速性はシャープに変化!

ペダルを踏み込んだ先には鋭いスポーティーな領域を隠し持っていました!

今回は市街地試乗で体感出来たのは一瞬だったんですが、3,000回転以上の領域になると1.3Lターボの旨味が味わえそうな走りの質感を体感!

スポーツグレードらしくワインディングや高速では違った一面を感じられる1台だと思います!

以上で試乗レビュー完了です!

 

感性で乗るアーバンスポーツ

 

激戦区のコンパクトSUV市場に投入されたアーバンスポーツSUV フィアット500Xスポーツ。

専用装備が通常モデルと同価格で設定された価格帯が魅力的ですが、先進性やユーティリティー面ではライバルに劣る面も感じられます。

街中で目を惹く個性的なスタイリングは、

己の感性で乗る魅惑のアーバンスポーツSUV!

ちょっとカッコつけ過ぎてしまいましたw

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

イタリア生まれのアーバンスポーツSUVの魅力をお近くのディーラーで体感してみて下さい!

 

 

愛車の下取りを検討する方へのオススメはコチラ!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがあります!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!



 

 

次回の予告

 

 

次回紹介するクルマは、

これは!!

なんだか分らんw

スミマセン発売前なので今は情報公開NGなんですw

いよいよ発売される次世代国産SUV市販車モデルの内外装レビューをお伝えします!

とあるディーラーさんには車両が既に先行展示されていました!

上質さに磨きが掛かった内装の仕上がりから個性的なドア機構まで細かくチェック!

発売日当日に最速レビューでお伝えしますのでお楽しみに!

今後もクルマの魅力を分かり易くお伝え出来るよう、試行錯誤しながらより良い試乗ブログを目指して参ります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG