セダンライクなフィーリング【プジョー新型3008ハイブリッド4試乗】新世代のPHEVを体感

EV

フラットライドなハイテク・フレンチSUVを体感!

こんにちは。togariです!

今回紹介するクルマはこちらです!

 

プジョー新型3008ハイブリッド4の試乗レポートをお伝えします!

マイナーチェンジで追加されたプジョー初のパワートレインPHEVモデルの乗り味をチェック!

高いスペックを持つプラグインハイブリッドモデルは心地良さを重視したセダンライクなドライブフィールでした!

新世代プジョーの先駆モデル新型3008ハイブリッド4の魅力に迫ります!

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

 

 

ディーラー紹介

今回試乗させて頂いたディーラーさんは、

 

プジョー広島さんです。

 

ありがとうございました!

ブルーのオシャレな外観の建物が幹線道路沿いでひと際目立つディーラーさんです。

昨年の新型208の試乗から久しぶりにプジョー広島さんへ伺って来ました。

 

新型208

店内も青基調で統一され新世代プジョーモデルが展示されています。

スポーティーなファロ・イエローの展示車は新型208アリュール。

相変わらずホットハッチなスタイルがカッコいい♪

伺った日に緊急事態宣言が発表された慌ただしいなか、丁寧に対応して頂きました。

シトロエンも併設された新世代フレンチを体感出来るディーラーさんですのでお近くの方は是非!

後ろにはひと際鮮やかなブルーの車両が。

これはもしや。。

 

セレベス・マジック

 

508 SW

やっと見れたー!

セレベス・ブルーの508SW

低く構えたボディーラインはステーションワゴンと呼んでいいのか分からない様な美しさ!

こちらの展示車は、

508 SW GT Blue HDi プレミアムレザーエディション

本革レザーを追加した特別仕様車です。

内装デザインも相当良かった!

 

くびれた造形が唯一無二の存在感を放つリアエンド。

ソリッドなブルーカラーはより深みが増すセレベス・マジック!

屋外で見るとどんな色合いを見せてくれるのか気になる!

噂には聞いていましたが、508は全高が低くスポーツクーペの様なスタイリングでした♪

 

新型 5008

只今セレベス祭りです!

3列シートを装備したミドルSUV新型5008もセレベスブルーではグッと大人のスタイリングに。

 

いやいやセレベス・ブルーカッコいいですよ♪

プジョーの中でもひと際冴え渡る美カラーをやっと拝見出来ました。

セレベス・ブルーを語るにはこの方をご紹介しなければ!

くるすぺ

508SWが納車されて1ヶ月程が経ちました!乗れば乗るほど味わい深い走りになってくる508SWにメロメロになっているくる…

クルマ好きの方ならご存じ!

ブログ仲間”くるすぺさん”の歴代愛車をようやく拝見!

くるすぺ

独自の採点方式を使った試乗記なんかを書いてます。モデルチェンジ情報や各種ランキングもご用意しています。…

プジョーオーナーさんとしてのレポートやクルマの試乗描写がとても繊細で臨場感ある記事が魅力的ですのでこちらもチェックしてみて下さい!

それではプジョー新型3008ハイブリッド4のモデルスペックから紹介です!

 

 

プジョー3008ハイブリッド4 モデルスペック

プジョーのベンチマークモデル 3008

 

塊感あるフォルムが堪らん!

今回の主役プジョー3008は次世代プジョーのベンチマークになるミドルSUVです。

2017年の発売から4年が経ちますが、SUVが溢れる街中でもひと際フォルムが目を惹く人気モデル。

スポーティーな一面と先進性を合わせるスタイリングは今でもフレッシュな印象を受けます!

ブログを始める前から気になっていた1台だったのですが、PHEVモデル発売のタイミングでようやく取材させて頂きました!

 

プジョー新型3008のボディーサイズは、

新型3008MAZDA CX-5GLA 200 4MTIC
全長4,450mm4,545mm4,440mm
全幅1,840mm1,840mm1,850mm
全高1,630mm1,690mm1,605mm
ホイールベース2,675mm2,730mm

街中での取り回し易さとSUVとしての積載性を兼ね備えたミドルクラスの国内でも人気のサイズ感です。

新型3008のパワートレインの構成は、

30081.6Lガソリンターボ
3008 Blue HDi2.0Lディーゼルターボ
3008 GT HYBRID4(試乗車)1.6Lガソリンターボx81kW+83kWモーター

今回試乗したGT HYBRID4のトータル出力は、

300PS/520Nm

トルク500N超えのハイスペックを誇ります!

プジョー3008は乗り味にこだわるブログ仲間のUUさんの愛車としてずっと気になっていた1台でもありました。

 

クルマ好きから愛されるプジョーのクルマ達

 

UUさんサイトより

ちらがUUさんの愛車 プジョー3008 GT Line Blue HDi

ハリケーングレーのソリッドなセメントカラーがカッコ良い仕上がり!

UUさんの愛車はマイナチェンジ前のモデルになりますが、新型はフロントマスクのデザインが大きく変更されている事がわかります。

前期モデルはクロムメッキがあしらわれた上品な演出で高級感を高めた印象♫

  • 前期 フレンチプジョー
  • 新型 サイバープジョー

といった感じでしょうか♪

詳しくはUUさんのオーナーズレポートをどうぞ!

 

WONDERFUL CAR LIFE

プジョー3008エクステリアの好きなポイント、気になるポイントも     愛車「プジョー3008」が納車されて3ヶ月が経…

 

UUさんも自分と同じくクルマの試乗ブログを発信されているブロガーさんで、最近では動画レポートも積極的にアップされて多角的にクルマの魅力を体感出来るサイトです!

 

WONDERFUL CAR LIFE

年間約100台程試乗したり、触れたりしているクルマ好きが、試乗レビューと新型車の先行情報を中心に発信しています。 細かい…

 

愛車のCX-30と並べると3008はアグレッシブなスタイリングが際立ちます♪

同じディーゼルオーナー・試乗ブロガー仲間でディーゼル乗り比べ試乗を計画中ですので事態の収束を願いたい!

 

monogress[モノグレス]

「モノグレス」は、移動の道具・旅の道のりを愉しむための「モノ・コト」を、見栄や価格に左右されず大切にしたいと願う”まこま…

 

プジョー308SWに乗られるまこまちさんを紹介しない訳にはいきません!

圧倒的な表現力で一気に引き込まれる世界観を持たれるまこさんのブログ。

最近新しい試みを発表されて更に広い世界を見せてくれる”モノグレス”も要チェックです!

仲良くさせて頂いているブログ仲間から絶大な支持を集めるプジョーのクルマ達。

クルマ好きから愛されるプジョーは今後の動向にも目が離せませんね!

それでは新型3008ハイブリッド4のエクステリアをチェック!

 

 

新型3008 ハイブリッド4 エクステリアチェック

フレームレス・デザイン

マイナーチェンジ後の大きな変更点になるフロントマスクのデザイン。

ヘッドライト・グリルを一体化したフレームレス デザインが採用されています。

完成された前期モデルのフロントマスクを新世代モデルにフェイスリフトする大胆な戦略。

発表当初はオーナーさんから賛否が分かれた髭デザインですが、ヘッドライトと一体化されたシャープな顔付きはスマートさがより強調された印象です。

 

グリル加飾はグローバルなプジョー戦略の広がりを感じるw

画像で見るよりも実車は質感高く仕上がっています!

 

ぺルラ・ネラ・ブラック

ブラックになると髭デザインが目立たなくなる分、フロントグリルはよりアグレッシブな印象に。

3008はバンパープレートもボディー同色になっているので国内仕様も見栄えが良いですね♫

新世代プジョーのアイコン

 

個性的なLEDデイライト

こだわりを重ねた強烈なセンス!

牙をモチーフにした鋭い眼光が新世代プジョーのデザインアイコン。

208や508にも採用された貫通するデザインはどのクルマとも似つかない独創性を感じます。

業界ナンバーワンの長いデイライトは街中で目立つ事間違い無し!

3008はグリル面積が小さいので威圧感が抑えられて全体の纏まりも良い感じ♪

ボディーに沿って凹凸が排除されたデザインは空力性能にも影響しそうです!

 

秀逸なデザインバランス

 

躍動感を感じるアスリートデザインとショルダーラインを高く取ったサイドビューは前期モデルから大きく変更されていません。

加飾デザインとキャラクターラインのバランスが秀逸!

ボディー上部をスマートにデザインしたクーペライクなスタイリングは愛車のCX-30と通じるものを感じたのですが、

内装の圧倒的な包まれ感には敵いませんでしたw

ハイブリッド4 装着タイヤ

 

装着タイヤはミシュラン プライマシー4

静粛性の高さはハンパ無かったです!

確か新型208GTラインもプライマシー4を履いていたので、今後はこちらが標準になるのでしょうか。

しっかり詰めらたタイヤクリアランスはノーマルでも充分カッコいい!

国産メーカーさん見てますかーw

 

ガソリン・ディーゼルモデルは前期のデザインが採用されています。

ホイールデザインは前期モデルの方が個人的には好きかな。

ハイブリッド4専用エンブレム

 

ボディーサイドにハイブリッド4の専用エンブレムを装備。

プジョーの電動化モデルにはイメージカラーにエメラルドグリーンが採用されてるたいです。

それにしてもプレスラインが美しい♪

躍動感を感じるリア

 

リアビューは躍動感そのもの!

理屈抜きにカッコいいっす!

ホワイトボディーとブラックアウトされたルーフのカラーバランスがお見事な仕上がりです♪

 

ボディー上部はかなり複雑にキャラクターラインが入れ込んでいますが、エンド処理で違和感無くまとめられているのは流石のデザインセンスしかないw

撮影していると突然給油口が開いて。。

何故⁈

 

立体的なリアテール

 

マイナーチェンジでリアテールランプが改良されより立体的なデザインに進化!

折り重なる造形はSF映画のデザインのようで夜間が楽しみな仕様♪

ウィンカーはシーケンシャル式が新たに導入された様です。

続いてラゲッジスペースをチェック!

 

床面フラットの広大なラゲッジルーム!

5名乗車時のラゲッジ容量は520Lと日常からレジャーシーンまで幅広く使えそうです♪

後席はモチロン4:6分割可倒式が採用されてラゲッジ側から操作出来るワンタッチレバーも完備。

中央に長尺物を積める小窓が装備されて欧州車のフレキシブルな展開性も確保されています♪

アンダーデッキのハンドルもメッキ加飾される芸の細かさがニクイ!

 

ラゲッジアンダーは付属の専用ケーブルが格納されていました。

仕切りも設けられて床下バッテリーを搭載しても容量が確保されているのは嬉しいですね♪

3008ハイブリッド4のバッテリー走行距離はWLTCモードで64km

普通充電200Vのみに対応し、走行中の充電機能は装備されず、普段使いの街乗りをEV走行で楽しめるモデルになっています。

ここで当ブログで試乗してきたプラグインハイブリッドモデルを比較してみると、

3008 ハイブリッド4XC40 リチャージエクリプスクロス PHEVRAV4 PHVレネゲード4xe
EV走行距離64km45.6km57.3km95km48km
充電方法普通充電のみ普通充電のみ急速充電対応普通充電のみ普通充電のみ
走行充電不可不可可能可能不可
使用燃料ハイオクハイオクレギュラーレギュラーハイオク
車両価格565万円649万円415万円649万円503万円

振り返ってみるとPHEV結構乗ってますねw

プラグインハイブリッドでまとめ記事を作っても面白そうです♪

各メーカーから続々と発売されていますが、

PHEVは専用ボディーでは無く派生モデルになっているのも特徴的。

実質的なライバルはVOLVO XC40リチャージと言った所でしょうか?

続いて内装をチェックします!

 

 

新型3008ハイブリッド4 内装チェック

 

フロントドア

 

どっしりと剛性の高いフロントドアを開けるとアルカンターラ仕上げのドアトリムが目を惹きます。

巧みなマテリアルの使い分けが高級感を演出!

 

ラウンドしたアルカンターラパネルがフレンチ・センスを感じるドアトリム。

ライン上部にはブルーの装飾が。

アンビエントライトも装備されている様です!

 

サイドシルには泥はね防止のプロテクターも装備され足元への配慮も良き♪

傾斜するドアハンドル

 

実際に感じた3008の魅力ポイントは、

傾斜したドアハンドル・デザインです!

フロントに向かって傾斜するデザインセンスが最高にカッコいい!

 

乗り込むとドアハンドルが前傾した独特な包まれ感が!

スイッチの操作性が重視される部分を見事に機能美デザインデザイン化されています!

ここまで個性が強い内装デザインは見た事無いかもw

ドアトリムが繋がったコックピットの様な包まれ感が有名ですが、ドアハンドルの個性的な傾斜にも注目!

 

レザーパッケージを選ぶと

 

ドアトリムは人工的な木目の様な質で高級感はそこまで感じられないかなというのが正直な印象です。

 

ダッシュボードと繋がるデザインもレザーパッケージのトリムは浮いて見える気が。

アルカンターラ仕上げの方がプジョーのブランド・イメージにも合っている印象でした。

 

フロントシート

 

フレンチプレミアムなデザイン!

アルカンターラとレザーのコンビシートは色使いが抜群にオシャレでした!

見た目だけでなくホールド性も高く、柔らかなシートの当たりは極上の座り心地です!

 

足元装備も極太のスカッフプレートにアルミペダル装備のクラス超え!

見えない部分の質感が下げられてない点は所有満足度も高そうですね。

 

えっ。このスイッチは。。

3008ハイブリッド4にはマッサージ機能も装備されていました!

試乗中に分からなかったので早速試してみましたが、これはクルマから降りられない程気持ち良いww

 

レザーパッケージ仕様になるとオールブラック仕様の全面本革張りで高級感アップ!

一方でシートの当たりは若干硬めで好みが分かれる所ですね。

運転席全景

 

インパネデザインは前期モデルから大きな変更は無い様ですが、ハイテクデザインと機能性が両立された仕上がりは最新モデルにも負けない仕上がりに感じますね!

下げ気味ポジションがデフォルト?

 

プジョーの代表的な特徴になる小径ステアリング。

独特のポジションと操舵性で病みつきになる魅力ポイントですが、今回の試乗車もテレスコの位置は下げたポジションでした。

今回は通常の位置で体感したくて上げてみたのですが、どうもしっくりこない。。

やはり下げ気味ポジションがプジョーのデフォルトなんですねw

 

アイコックピットも差別化

 

運転ディスプレイもまたまたアイコンになっているアイ・コックピット。

新型208等で採用されている3D方式では無いですが、表示切替時に球体が反転するアニメーションがめっちゃ先進的です!

これはついつい動かしてしまいそうですねw

 

8インチタッチスクリーン

 

ナビゲーションはマイナーチェンジでも変更されず8インチタイプがそのままステイ。

ユーザーからの要望が多い海外仕様の導入を次期モデルでは期待したい所です!

実際ナビ画面を見てみると画像の様に3D表示も可能なので、質はそこまで悪くない印象でした。

 

これが本家のトグル・スイッチなのか

 

やっと体感!

これが本家のトグル・スイッチなのか!

個人的に初めて触っただけの事でしたw

鍵盤の様な見た目と絶妙なタッチ感はクルマのデザイン超えてましたw

機能美にこだわる姿勢は国産メーカーのマツダと似た様なクルマ造りの真面目さを感じます!

 

 

変更後気になった点も。

 

シフトレバー周りのデザインも大きな変更は無い様ですが、デザインが変わる事操作性が悪くなった点も。

ドライブセレクトスイッチは前期モデルの方が良かったかも。

ハイブリッド4は特にドライブモードが多い為、スイッチタイプでは素早く切替出来ない印象を受けました。

前期モデルデルのダイヤル式の方が操作性は高そうに感じます。

 

プジョー3008ベストシートはココ!!

 

ズバリ助手席でしょう!

包まれるコックピット造形に身体を預け傾斜したドアハンドルに腕を置くと未来を感じる上質な空間演出!

 

足元空間もゆったりでオッサンでも寛いでドライブする事が出来そうです!

3008は室内空間の演出がオシャレかつ機能的で独特な雰囲気を持っているので体感される際が助手席チェックも是非!

続いて後席へ参りましょう!

後席をチェック

 

後席ドアも前席同様高い質感と傾斜するドアハンドル採用で問題無し!

そこが基準?

 

後席シートもアルカンターラ&テップレザーのコンビ仕上げがキープされています!

アルカンターラのグレーが車内を明るく彩ってくれるので好印象ですね!

 

SUVとしての開放感

 

オプション価格15.3万円

パノラミックサンルーフが装着されると上部空間は更に広がります!

ミドルクラスSUVでもルーフが後方へスライドする開放感が味わえるのは輸入車だけの特権です!

 

複雑なサイドデザインも内部から見るとウインドウが大きくデザインされて圧迫感を感じさせない仕上がりでした♪

ルーフライニングにもブルーライトが!

上も光るの⁈

シート座面の違い

 

新型3008の後席シートはパワートレインによって座面形状が違うようです。

ハイブリッド4モデルはバツテリー搭載の影響かシートに厚みを持たせた形状。

乗り心地は良さそうですが、シート座面は短かくデザインされています。

 

3008ディーゼルモデルの後席シートはステーアングルが見えてしまって薄めな印象。

その分座面長は長く腿裏のサポートはこちらの方が良く感じました。

長距離移動を考慮すると後席の居住性は大きなポイントになる為検討中の方は後席シートにも注目!

以上で内装チェック完了。

最後に試乗レポートの紹介です!

 

 

新型3008ハイブリッド4試乗レポート

試乗車両スペック

 

プジョー3008 GT HYBRID4

全長4,450mm
全幅1,840mm
全高1,630mm
ホイールベース2,675mm
車両重量1,880kg
搭載エンジン1.6L直列4気筒ターボxモータ-
最大出力/トルク300ps/500N・m
EV航続距離64km
駆動方式4WD
車両本体価格565万円

今回は緊急事態宣言時という事で短時間での1人試乗となりましたが、新世代プジョーの実力を拝見です!

 

基本走行はFR駆動

 

パワースイッチを押すと無音でシステムが起動し静寂のなか試乗開始。

プジョー3008ハイブリッド4は4種類のドライブセレクトで構成され

  • ハイブリッド
  • エレクトリック
  • 4WD
  • スポーツ

モードや走行状況に応じて駆動方式が変わるシステムが搭載されています。

デフォルトになるのは後輪駆動の”ハイブリッドモード”です。

 

モニター内で駆動状況を確認すると確かに後輪モーターが作動していました。

市街地へ走り出したファーストインプレッションは。。

 

非常に滑らかな走り出し!

アクセルを踏むと途切れないシームレスな加速感で車体を軽々と動かします!

2トン近い車重を感じさせないスッキリした手応えからFR駆動の恩恵を感じるのかも。

SUVのFR駆動っていうだけで心躍るのですがw

路面からのインフォメーションをタイヤからサスへスムーズに伝達し突き上げ感は皆無です!

この静粛性の高さはクラストップレベルかもしれない。

ロードノイズも抑え込まれて聞こえてきたのは市営バスの排気音位でしたw

 

 

セダンライクなドライブフィール

 

アクセルワークは踏んだ分だけスムーズにに加速してくれるのですが、

スペックから想像するハイパワーな加速を期待するとe-208の様なパワフルな加速フィールとは違った印象。

あくまで乗り心地を重視したセダンライクなドライブフィールです。

試乗中にドライブモード切り替えたのでエンジンが掛かってしましたが、基本街乗りはEV走行で殆ど走れそうな印象です。

回生ブレーキの違和感

 

ここは個人的な感覚が強い所なのですが、

回生ブレーキの制動力に違和感を感じました。

ストップ&ゴーを繰り返す市街地でのブレーキタッチは踏み込み代が浅くて完全停止するのか怖くなる場面も。

初期制動が弱く感じたので内燃機関モデルの感覚で停まろうとすると早めに踏んでしまう印象です。

以前試乗させて貰ったVOLVO XC40リチャージでも感じられたのでプラグインハイブリッドはブレーキタッチが独特なんでしょうか?

プジョー3008の本質

ここからはプジョー3008の乗り味について感じた事をお伝えしたいと思います。

短時間試乗なので多くの事はお伝え出来ないのですが、

 

 

“アイポイントの高さと小径ステアの組み合わせが絶妙!”

上から見下ろすような前方視界と両脇を締めたハンドルポジションの運転感覚が気持ち良く、

両手で取り回す事でクルマとの一体感が生まれ腰高感を感じさせない絶妙フィールでした♪

加えて当たりの優しいアルカンターラ・シートの着座感が心地良い!

コシのあるサポート性とシート座面のクッション性が程よくマッチして心地良い印象。

 

コーナリングではプジョーの足周りの粘りが大きく作用します。

今回は長い試乗コースでは無かったのですが、交差点進入後の鋭く滑らかな応答性は車高の高いSUVとは思えないフットワーク!

これは楽しいわーw

機会が有ればワインディングでコーナーを攻めてみたい粘る足回りが魅力的です!

エレクトリックモードと4WD

 

街中で4WDとエレクトリックモードを試してみましたが、余り変化を感じられなかったのが正直な感想です。

走行状況に応じて自動的に制御するシステムが搭載されているので色々なシーンで確認したい所ですね。

スポーツモードを試す

 

直線が続く幹線道路に入ったので最後にスポーツモードを体感しました。

モードを切り替えるとエンジンが始動し、切替音も非常にスムーズ。

アクセルを踏み込んでみると、

「トルクを効かせながら吹け上がりシフトがグイグイ上がって行きます!」

あぁ。やっぱりプジョーはこの加速ですよ!

ステアリングもどっしりと安定しスポーティーなドライブフィールに変化!

EVモードのセダンライクな乗り味も心地良いですが、内燃機関のシフトフィールの良さを改めて感じた試乗となりました。

以上で試乗レポート完了です!

 

 

プレミア路線へ進む新世代プジョー

 

プジョー初のPHEVモデルとして国内導入された新型3008ハイブリッド4。

セダンを思わせるフラットライドな乗り味と多彩な駆動方式で先進的な仕上がりを感じましたが、

フラット感を強く出した乗り味は今後プレミア路線へ進むプジョーの先駆けモデルになるのでしょうか。

個人的には内燃機関モデルのプジョーらしい走りに魅力を感じてしまったのですが、街中での取り回しの良さと静粛性の高い3008ハイブリッド4はクセの無い扱い易さを全面に出したモデルだと感じました。

今回は短時間での試乗で本質の部分まで体感する事が出来なかったのですが、お近くのディーラーで新世代プジョーの先駆モデルを是非1度体感してみて下さい!

 

愛車の下取りを検討する方はオークション形式の買取方法がオススメ!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスが便利!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!


次回の予告

次回はベースグレードでもコスパの高い国産コンパクトSUVの試乗レポートをお伝えします!

お値段以上に楽しさを感じられたのでしょうか⁈

お楽しみに!

今後も”クルマの魅力を伝える試乗ブログ”を目指して日々精進していきますので次回もチェックよろしくお願い致します!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG