【クロスオーバーとの相性は】CX-30 SKY ACTIV-X試乗レビュー

SUV

 クロスオーバーSUVと新時代エンジンの相性はいかに!

こんにちは。togariです!

今回紹介するクルマはマツダ CX-30 SKY ACTIV-Xモデル!

発売から話題を集めているマツダの新エンジンSKYACTIV-X。

今回は人気のコンパクトクロスオーバーSUV CX-30搭載モデルの試乗取材に伺いました!

先日試乗させて頂いたマツダ3セダンSKY Xモデルとは違った味わいも感じたSKY-X!

新時代ガソリンエンジンとトレンドのコンパクトSUVの相性は?

CX-30 SKY ACTIV Xの魅力に迫ります!

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

 

お世話になったディーラーさん

今回試乗させて頂頂きディーラーさんは、

広島マツダ 石内山田店さんです。

https://www.hiromaz.co.jp/dealer/ishiuchi_yamada.html

ありがとうございました!

ながー!!

ご覧の通り圧巻のショールーム!

まるでクルマ博物館のような外観のディーラーさんでした!

店内にはマツダのラインナップがズラリと展示!

こちらのディーラーさんでは、

黒マツダと言われる次世代型店舗にすると展示台数が限られてしまう為、あえてこのスタイルを取っているそうです

伺った日は週末だったのですが、多くのお客さんが来場され賑わっていました!

流石マツダのお膝元!

全国的にも珍しい大型店舗で最新のマツダ車を体感出来ますのでお近くの方は是非!

近郊の方で試乗や見積もりを検討されている方がいらっしゃれば、担当営業の方をご紹介出来ますのでお問い合わせ欄からご連絡下さい!

それではエクステリアからチェック!

CX-30 SKY Xエクステリア

フロントビュー

 

「厳つい目で見ないでー!」

スミマセンw

今回はヘッドライトを点灯してみました。

切れ長のヘッドライトとシグネチャーウィングが勇ましいフロントマスクです!

今回も試乗車のボディーカラーはマツダ新色のポリメリタルグレー。

試乗した日は晴れたり・曇ったりと天気が変わりやすかったのですが、

日陰で見るとボディーラインの印影がよりはっきり出てますね!

どれがSKY-Xのサイドビュー

いきなりですがここでCX-30クイズ!

当ブログで試乗さて頂いているCX-30は全てポリメタルグレー。

次のうち今回試乗取材のCX-30 SKY ACTIV-Xのサイドビューは次のうちどれでしょうか?

 

①こちらのSKY-X!

 

②いやいや、こちらがSKY-X!

 

③ちょっと待って!これがSKY-X!

これはちょっとw

正解は。。。

 

 

①こちらのCX-30です!

茶番をスミマセンw

背景が違うので分かる気がしますがw

ちなみに、

②CX-30 L XD

③CX-30 SIGNATURE STYLE

になります。

 

CX-30 SKY ACTIV-Xモデルサイドビューで差別化されているのは、

215/55R18タイヤ&18インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)のみです。

ホイールデザインもL Pakageと同じデザインで塗装仕上げだけの差別化。

ここをお伝えしたくてクイズ形式にしてみましたw

 

サイドを彩るS字リフレクションは今回も健在です!

ポリメタルグレーのボディーカラーは暗所でもカッコ良く映えてます!

SKY X専用装備

CX-30 SKY-Xその他のエクステリア専用の装備は、

バックドアのSKY ACTIV-Xエンブレムと、

 

大型マフラーカッターのみ。

遠目で見ると通常のL-Pakageと殆ど見分けが付きません。

新しい試みを始めるクルマとしてはもう少し差別化されるといいですね。

どっしりワイドなリアビュー

最近自分の地元でもCX-30を良く見掛けるようになってきたのですが、街中で特に印象的なポイントがリアビューです。

サイド一杯に張り出したカワカッコいいリアテールランプと、地面に向かってどっしり落とし込まれたデザインが個性的!

全幅1795mmを感じさせないどっしりワイドなリアビューがカッコ良い!

最近どれも同じに見えるとも言われているマツダ魂動デザインの中でも特に個性を放っています!

 

今回の試乗車はAWD仕様でした!

SKY ACTIV-Xとどんな反応を見せるの楽しみなトコロです!

 

CX-30 SKYACTIV-X 内装

フロントシート周り

今回の内装カラーはホワイトレザーとブラウンのコンビ!

大人の印象を思わせる内装でした!

 

シートはマツダお馴染みのパーフォレーションレザーの10Wayパワーシートが標準装備。

シートの厚み・質感共に申し分無し!

骨盤サポート効果で身体にしっかりフィットしてくれます!

ホワイト内装の違い

運転席全景で見るとCX-30 SKY ACTIV-Xモデルはダッシュボード周りにブラックレザーが張られていました。

 

以前試乗取材させて頂いたMZADA3 SEDAN SKY ACTIV-Xの内装はダッシュボードにまでホワイトレザーを使っています。

CX-30はより落ち着いた雰囲気を感じます。

 

コストにムラが無い内装仕上げ

ステアリング周りの仕上がりは同クラスSUVの中で飛び抜けて高い質感が保たれています。

最近のマツダデザインはコストを掛ける所にムラが無いので所有満足度の高い内装です!

 

マツダらしいスタイル

個人的に高く評価したい部分が運転ディスプレイです!

国産メーカーも次々フル液晶パネル化が進む中、

ベーシックな3連式の中に液晶表示をミックスしたスタイルがマツダらしい!

視認性と先進性を掛け合わせた提案は、走りにコダワルメーカーとして今後も続いて欲しい!

後席の工夫

 

後席の仕上がりも質感の低下を感じない高い仕上がりです!

最近コンパクトSUVの取材を多くさせて貰ってますが、

CX-30の後席アームレスト装備はこのクラスで大きなアドバンテージ!

 

今回改めて気づいたのですが、

後席の足元はステップに段差を設ける事により、足元空間を下へ広く取られていました。

 

低いフロアのおかげで着座しても足元に余裕が生まれます!

今回記事を書きながら気付いたのですが、

CX-30

全長4,395mm
ホイールベース2,655mm

MAZDA3 FAST BACK

全長4,460mm
ホイールベース2,725mm

MAZDA3 FAST BACKのほうがCX-30より全長・ホイールベースも長いんですね。

 

CX-30はラゲッジスペースと高い全高で居住性を確保しながら、取り回しの良いボディーサイズに収まっている点も魅力的です!

 

合わせて読みたい

 [adcode]2019年11月に発売予定のMAZDACX-30の先行展示イベントへ行って来ました!絶妙なサイズ感と新世代マツダデザインのSUVが融合!これは売れそうな予感がプンプンします[…]

 

合わせて読みたい

[adcode]CX-30ディーゼルモデルの本質はワインディング走行にあり!こんにちは。 togariです!今回は発売前から話題の1台となっているマツダ CX-30の試乗レビューの紹介です!絶妙なサイ[…]

CX-30のエクステリア・内装については以前詳しくレビューさせて頂いていますのでこちらも参考にしてみて下さい!

それでは最後にSKY ACTIV-X試乗レビューの紹介です!

 

CX-30 SKY ACTIV-X試乗レビュー

 

エントランスを出ると、まるでバスターミナルの様に試乗車がグルグル回る混雑振り!

スゴイ光景でしたw

週末ともあり多くのお客さんが試乗を楽しまれていました!

今回の試乗コースは、

  • 市街地平地走行
  • S字カーブが続く登り坂走行

試乗時間は約15分位と短めだったのですが、限られた時間内で感じた事をお伝えしたいと思います。

試乗車スペック

MAZDA CX-30 SKY ACTIV-X

全長4,395mm
全幅1,795mm
全高1,540mm
ホイールベース2,655mm
車両重量1,530kg
搭載エンジン2.0直列4気筒・マイルドハイブリッド搭載
最大出力/トルク180PS/224N・m
駆動方式AWD
使用燃料/燃費ハイオク推奨/WLTCモード16.8km/L
乗車定員5名
車両本体価格371万円

それでは試乗スタートです!

感じたXD感

「あっ、これはディーゼルっぽいかも。」

出足で感じたのはXDに通じる強いトルク感でした!

AWDの影響なのか踏み始めのアクセルレスポンスはマイルドハイブリッドのモーター走行よりも、エンジンのトルクで引っ張る感覚が強いです。

 

まずは市街地を走行。

シフトフィールは変速ショックを感じさせない躾の良さ。

マイルドハイブリッドのモーターアシストとAWDの接地感で、しっとりいうよりはどっしりした乗り味を感じます。

 

連動してステアフィールも直進安定性が強いです。

前回のMAZDA3SKY-Xはステアフィールがしなやかな印象でしたが、がっちりした安定性がクロスオーバーSUVとも相性が良い!

 

信号手前で減速すると完全停止手前でエンジンが停止。

ブレーキの踏み込みが浅めの位置で停止するタッチは今までもマツダ車との違いを感じます。

国産メーカーとして最初にアイドリングストップを採用したマツダとしては、

停止後1秒後にアイドリングストップの拘りをずつと貫いてきたそうです。

内燃エンジンの今後の展開はまだ分からないですが、古くからのオーナーさんからは賛否の声もあるそう。

暫く走っても強く感じるのはディーゼル寄りな乗り味。

もう少し詳しく確認したいと思っていたのですが、

角を曲がる事になり、次のセクション 上り坂へ向かいます。

上り坂での動力性能

次のセクションはS字カーブが続く様な上り坂を走行してみました。

アクセルを踏み込んだクルマの挙動は、

「おー!エンジンの吹け上がりが気持ちいい!」

高回転域までエンジンを回しても加速は非常クリア!

ディーゼルエンジンで感じるアクセルに伝わる微振動も抑えられ静粛性もキープ出来ています!

この場面ではSKY-Xのエンジンの特性を強く感じました!

素直な操舵性

S字カーブを曲がりながら上っていくとステアリングの素直な操舵性を改めて感じます。

高めのアイポントからステアリングをきると、足回りのしなやかさと組み合わさる安定感が魅力的!

ここ最近のマツダ車試乗の中でもG-ベクタリングコントロールプラスの恩恵を強く感じる瞬間でした!

 

スポーツモード体感

前回忘れていたスポーツモードを体感してみました!

体感した感想としては、

アクセルレスポンスはシャープにはなりますが、上り坂だと常に2500回転まで回ってしまいエンジン音の唸りが車内に結構入ってきます。

期待していたのですが、思ったよりは俊敏に変わる印象では無かったです。

下りで感じたブレーキフィール

上りきった所で今度は下り道を走らせますが、

CX-30のブレーキフィールはSKY-Xモデルも同じくタッチの効きは弱い印象。

強く踏み込めば充分に強く効くのですが、下りながら走ると制動力のコントロールが難しい。

一般的な国産車は浅いタッチでブレーキが強く効く仕様が多いので、この辺りはマツダの玄人好みな面が出ている所です。

そうしている内に国道へ出ると正面にはディーラーが。

全体の感想は良いような、物足りなさを感じるような良く分からないレビューとなってしまいました。

今回は短い試乗時間なので自分なりに感じた事をお伝えしましたが、以上で試乗レビュー完了です!

まとめ

試乗後のアンケートにも書かせて頂いたのですが、

SKY ACTIV-Xの乗り味を確認するには短時間では伝わりにくい印象を受けました。

全国のマツダディーラーでは店舗によって1日試乗キャンペーンを行っている所もあるようです。

色々なシーンを体感してこそマツダが新たに開発したSKYACTIV-Xの魅力を体感出来るのではないかと思います。

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

ご興味を持たれた方は、是非長めのコースでCX-30 SKYACTIV-Xの魅力を体感してみて下さい!

 

クルマの購入を検討中の方はクルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だなって思われているアナタ!

面倒な手続きや買取交渉を代行して行ってくれる新しいサービスがこちら!

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取法!
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない!
査定は提携のGSか自宅での1回でOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次の乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用アップ!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
入力は簡単30秒で完了!
買取額の見積もりだけも可能ですのでこちらから是非!

 

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

次回の予告

次回紹介するクルマは、

世代を超えて愛されるスポーツ・クーペ!

特別仕様車をMT試乗で魅力に迫ります!

お楽しみに!

今後もクルマの魅力を伝えるブログを発信して、試行錯誤しながらより分かりやすいコンテンツを目指そうと思っています!

最後まで読んで下さりありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG