マグネタイトグレーが最強【 D型フォレスターX-BREAK試乗レポート】大人のアクティブSUV

SUV

D型モデル最良のボディーカラー登場!

こんにちは。togariです!

今年もあと僅かになりましたが、今回はこちらの試乗レポートをお届けします!

スバル D型フォレスター X-BREAK 試乗して参りました!!

マグネタイトグレーxオレンジアクセントが鬼カッコイイ仕上がり!

ギア感とスポーツテイストが両立された大人の渋みを感じるスタイリングです!

一方でようやく試乗出来たD型モデルの“e-BOXERエンジン

先代C型モデルからどう進化したのでしょうか?

街乗りからアウトドアまで

乗り手を刺激する国産ミドルSUVスバル D型フォレスターX-BREAKの魅力に迫ります!

当ブログではクルマを実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

取材ディーラー紹介

今回取材させて頂いたディーラーさんは、

 

山口スバル 岩国店さんです。

 

ありがとうございました!

当ブログでも何度もお世話になっているスバルの正規ディーラーさんです。

地元に根を張りながら週末には様々なイベントを開催されスバルの魅力を伝えられているお店!

いつも取材に協力して頂き感謝です。

今回伺ってみると敷地内には、

新型BRZ

ブラックカラーも激シブな仕上がり!

今年話題をさらった新型BRZが展示されていました!

今年のカーオブザイヤー“2位と大健闘した魅力的なライトウェイトスポーツです!

こちらは展示車になりますが、

山口県内では新型BRZの試乗車は各店舗を回っている状態。

実際に現車を見る事が出来る事はユーザーにとっても良い知らせです

店内には今回の主役D型フォレスターがもう1台展示されています!

  • グレード/フォレスタースポーツ
  • ボディーカラー/クリスタルブラックシリカ

X-BREAKグレードとスタイリングや装備面を比較する事が出来ますのでお近くの方は是非!

今回記事アップが遅れてしまったのですが、

お店のブログを拝見すると最近発売されたばかりの”アノ新型モデル”も届いているようです!

続いてD型フォレスターX-BREAKのモデルスペックの紹介です!

D型フォレスター X-ブレイク モデルスペック

D型モデルのアクティブグレード

D型フォレスターX-BERAKのボディーカラーは4色で展開されています。

  • クリスタルホワイト・パール(3.3万円高)
  • アイスグレーシルバー・メタリック
  • マグネタイトグレー・メタリック
  • クリスタル・ブラック・シリカ

取材した車両はカタログカラーでも採用されたマグネタイトグレー・メタリック

現車は相当カッコいいですよお客さん!(しつこい)

今回初めてマグネタイトグレー・メタリックの車両を拝見させて頂きしたが、光の加減によって色々な表情を見せるいぶし銀の輝きを感ます!

Attract Car

2021年10月に新型BRZが納車されて、すでに3000kmを突破しました。 エンジン、足回りもこなれてきたと思うので、…

Twitterで仲良くさせて頂いている”Attract Carさん”も最近マグネタイトグレーの新型BRZに乗り替えられました!

改めておめでとうございます!

BRZのマグネタイトグレー相当カッコいいと思います♪

今後もAttractさんのブログではマグネタイトグレーメタリックのカッコイイ画像がチェック出来ると思いますので是非!

今回紹介するX-BREAKD型フォレスターの中間グレードに位置するモデルです。

グレード車両本体価格
ツーリング293万円
X-BREAK308万円
アドバンス317万円
スポーツ330万円

スタンダードグレードのツーリングにアウトドア・テイストの専用装備を加えたD型フォレスター唯一のアクティブグレード。

ここ最近のSUV市場はアウトドア志向を取り入れたSUVが続々登場していますが、フォレスターX-BREAKは以前からスタイリングを提示して来た先駆者モデルです

e-BOXERエンジン搭載

搭載されるパワートレインは、

2L水平対向エンジンxモーターを組み合わせたe-BOXERエンジンを採用。

145ps/188Nmのエンジンをモーターでアシストするハイブリッドシステムです。

スバルが提唱するハイブリッドモデルですが、C型モデルからどんな進化を遂げたのでしょうか!

関連記事

2年振りに復活した直噴ターボを一足先に体感! こんにちは。togariです! 今回紹介するクルマはこちらです!   スバル フォレスタースポーツ! 1.8L直噴ターボエンジンを搭載した追加グレ[…]

個人的にはC型から初採用された1.8Lターボモデルが非常に良い仕上がりでしたのでスバルのハイブリッドモデルがどんな走りを見せてくれるのか楽しみなところ

お馴染みの記念撮影♪

続いてエクステリアをチェック!

D型フォレスター X-BREAK エクステリアチェック

大人のギアSUV

X-BREAK/マグネタイトグレー・メタリック

フロントデザインは新型レヴォーグで採用された“BOLDERデザインコンセプトを採用。

“大人のギア”を感じる渋さの中に遊び心を感じます♪

シャープなヘッドライトと大型のヘキサゴングリルで先進的にフェイスリフト。

グレーメタリックとの組み合わせが非常に秀逸で無骨なSUVスタイルがより増加してる♪

X-BREAKは随所に入る専用デザインが魅力!

現行フォレスターは2018年から発売され3年目に入りますが、最近はビッグマイナークラスの意匠直しが当たり前になっている為モデルライフを感じさせない仕上がりです

SPORT/クリスタルホワイト・パール

こちらは先日取材させて頂いたD型フォレスタースポーツのフロント。

X-BREAKと対称的なホワイトカラーの1台ですが、バンパーデザインの違いからも印象が変わります。

関連記事

アクティブSUVが先進的にマイナーチェンジ! こんにちは。togariです! 今回はこちらのクルマを紹介したいと思います。   スバル D型フォレスタースポーツの拝見して参りました! 改良モデ[…]

D型フォレスタースポーツの詳細はこちらも参考になれば幸いです!

至高のヘキサゴンフォグ

D型フォレスターで一新されたヘッドライト周りの意匠変更。

マグネタイトグレーのボディーとX-BREAK専用のオレンジ加飾が遊び心を引き立てる♪

ウィンカーもフルLED仕様になり質感アップしていますが、

X-BREAKのヤバいポイントはその下です!

ヘキサゴンフォグライトがカッケー!

“サッカーボールなのか⁈”

という錯覚は置いておいて街中の視線をさらう個性的なデザインです♪

LEDフォグで視認性も高そうですよね♪

本気の悪路ではハロゲンライトの方が有効みたいですが、質感を重視のした仕上がりです!

ゼロ次安全ボディー

サイドビューは安全性を優先したどっしりしたスタンス。

強固なボディーと大きくデザインされたウインドウはスバルが目指す“ゼロ次安全”に基づいています

サイドミラーはX-BREAK専用のテクスチャー素材仕上げ。

汚れに強い加工が施されています。

オレンジの専用サイドマーカーが装着されますが、フォレスタースポーツだけ無いのは何故?

ロープホールもオレンジ加飾で差別化。

細かい部分もしっかりとタフ仕様になった真面目なスバルのクルマ造りです!

X-BREAK 専用ガンメタホイール

225/60R17 17インチアルミホイール

ホイールデザインはツーリンググレードと統一されていますが、ガンメタ塗装のタフネス仕様。

洗車も楽そうな色味ですw

タイヤ銘柄は”ブリヂストン エコピア”オールシーズンタイヤ。

山口県では日常で雪道を走る事は余り無いのですが、いざという時の安心感はありますね。

乗り心地面もC型から更に進化してました♪

SUV本来のアスリートデザインですな!

浮き出るマグネタイトグレーのメタリック感と足元のビビッドなオレンジラインが堪らんw

正統派デザイン

“ザ SUVって感じのリア”

どんな感じですかw

スバルがこだわる水平対向エンジンの安定感をイメージした様な感じ⁈

片出しマフラーのバランスを取った様なデザインは安定感を感じませんがw

リアテールランプのデザイン変更は無し。

ウィンカーも前期同様の豆球式です。

大きめなバックランプのデザインにモデルライフの長さを感じるかも。

リアスポ意匠の違い

X-BREAK

フォレスターはリアスポイラーのデザインがグレード毎に違って面白い♪

X-BREAKはイメージ通り汚れに強いテクスチャー素材が使用されています。

SPORT

フォレスタースポーツはグレーメタリック素材で引き締め効果。

これはこれでアクセントポイントになってますね♪

こうなったらあと2台フォレスター・リアスポ取材しましょうかw

マフラーは片側1本出し仕様。

近くに寄ると太めマフラーでやる気にさせるデザインです!

続いてラゲッジスペースをチェック!

国産トップレベルの利便性

ラゲッジ容量は509L。

スクエアボディーを活用した無駄の無い広いラゲッジルームを誇ります。

やっぱSUVは広くてナンボだなぁw

X-BREAK専用装備の”撥水カーゴフロアボード”

汚れたらそのまま洗える利便性しっかりしたボード強度でガシガシ使えそうな予感♪

タイヤハウス周りまでフラットにデザインされた丁寧な造り込みです♪

最近商品改良されたCX-5を拝見して来たのですが、フォレスターの影響を大きく受けた仕上がりでした!

ハイブリッドモデルはアンダーラゲッジが狭いクルマが多いのですが、フォレスターは結構深さのある収納場所が確保されています♪

サイドにあるワンタッチレバーを倒すと。。

車中泊も出来ちゃうラゲッジルームが誕生!

デザインより機能性に振ったスバルの魅力的な実用デザインです!

D型フォレスターは更に便利な装備が追加!

カーゴアッパーフック追加!!

マイナーチェンジで装備を追加してくるスバルの姿勢に拍手を!!

3kgまで対応しているので、釣竿を掛けるゲージだとか趣味の道具を吊る為に快適な装備が追加されました!

更にX-BREAKには唯一無二のあそこにランプが!!

LEDリアゲートランプ標準装備!

X-BREAKの隠れた装備は所有後の満足度アップする便利機能です!

かれこれ3年色々クルマを取材させて頂いてますが、

リアゲード内部にライトを仕込んだクルマはフォレスターだけ!

レジャーの場面だけでなく日常使いでも助かる事間違い無しです!

機能的装備考えたデザイナーさんにも大きな拍手をw

togari
カッコ良いアングル♪
スミマセン。
マニアックに紹介し過ぎてしまいましたw
続いて内装チェックの紹介です!

D型フォレスター X-BREAK 内装チェック

デザイン面での大きな変更は無いみたいですが、改めてD型フォレスター X-BREAKの内装をチェックします!

防水ポリウレタンシート装備

X-BREAKには撥水加工された専用シートを装備。

シートステッチにもしっかりオレンジ加飾されてメリハリの効いたデザインになっています。

シート座面はテクスチャー模様の様な加工が施されていますが、見た目以上に柔らかな感触♪

足元スペースも広く取られてゆったりした着座感でした!

大人のオレンジ加飾

D型 フォレスター X-BREAK

インパネデザインに大きな変更は無いですが、X-BREAKの特徴になるオレンジ加飾のポイントが変わっています。

C型 フォレスター X-BREAK

 

C型の前期モデルと比較すると、D型X-BREAKはエアコン吹き出し口やシフトレバー周りの仕上げがブラックに変更。

控えめなオレンジ加飾の大人っぽい内装になりました。

オレンジ加飾が強過ぎて苦手だった方には朗報ですね♪

本革巻きステアリング

ステアリングは時オレンジのアクセントをプラス。

下ベゼル部分のみ塗装なのでこれ位色の見味が入る方が良いかも!

しつこく書いてしまいますが、

スバルはステアリングスイッチ内にドライブモードセレクトが装備が最高!

運転中に手元で操作出来るクイックさは他の国産メーカーでも見習って欲しい♪

ステアリングヒーターまでスイッチを設ける芸の細かさ!

アナログとデジタルの融合

 

運転ディスプレイはシンプルなアナログ2連式タイプ。

中央にマルチインフォメーションディスプレイが装備されいていますが、アナログ式の視認性を重視した仕上がりです。

 

デジタルインナーミラーめっちゃ綺麗じゃん!

スッキリしたフレームレスタイプで解像度も非常に高いです♪

まさに”アナログとデジタルの融合を体現するD型フォレスター”

ちょっとカッコ良くまとまったでしょw

スバル初の先進装備

D型フォレスターから初採用された先進的な機能をご存じですか?

それは、

“ジェスチャーコントロール”機能です!!

グラフィックで車両情報が表示されるマルチファンクションディスプレイへ手をかざす事でエアコン調整が遠隔操作で可能!

初採用された機能を営業さんに実践して頂きました!

https://twitter.com/togari11/status/1470599289919389701

おぉ!

グー・パーすると温度が2度毎に変わって行く!

左右シンクロモードだと同時変更、シングルモードでは運転席のみが変更可能で風量の変更は出来ません。

こちらの機能は新型レヴォーグにも、新型アウトバックにもまだ搭載されていないD型フォレスターだけの先進装備だそうです!

使用する為には“ドライバーモニタリングシステム”で車両へ顔認証する必要がありますので是非体感!

収まり抜群のビルトイン・ナビ

ナビゲーションはダイヤトーン”製の8インチビルトインナビを装着。

国産メーカーの中でもスマートデザインのUIで収まり抜群です♪

8インチディスプレイと聞くと小さく思えるかもしれませんが、スバルは上部のマルチファンクションと連動する事で情報を分けて表示されるので見栄えも悪くないです♪

バックカメラの解像度もクッキリ表示。

うむ。合格!!

センターコンソールの質感

中央に大型ダイヤルスイッチを使用した左右独立エアコンですが、デザイン的にはモデルライフの古さを感じるかも。

質感は非常に高いのですが。。

シフトレバー周りはオレンジ加飾が廃止されてシンプルな造り込みに。

常に目に入る部分なのでこれ位の色使いだと気にならない印象です。

個人的にはD型の方が好みの色使いでした♪

肘置きは高いに限る。

フォレスターはセンターアームレストが高いんですよ!!

最近のSUVはデザインを重視してかローポジションのレイアウトが多いのですが、肘置きはこれ位高い方がドライブポジションが良くないですか?

アームレストも質実剛健の和製フォルクス・ワーゲンですね!

スミマセンw

ニーパッドの柔らかな当たりも先代同様丁寧な造り込み。

オレンジアクセントを抑える事で高級感とアクティブ感がバランス良く配置されたフロント・シートでした!

続いて後席をチェック!

後席をチェック

フォレスターはドア開口部が広い!

90°近くまで開くドアを大きく開いた開口部で乗降性の高さが魅力的!

ルーフラインを下げていない分内部空間に余裕が出る為、乗り降りのし易さが抜群に良いです!

後席シートも価格に見合った丁寧な造り込みです。

背もたれ部が高くデザインされているので大人が座っても肩までしっかり預かる事が可能♪

シート厚も合格かつ、アームレスト高さもドアグリップと水平位置で合格です!

足元空間もしっかり奥行が取られてる♪

4WDモデルとしては珍しくセンタートンネルが低いのでウォークスルーも楽に出来そう!

オッサンの見苦しい足をスミマセンw

172cm・27.5cm足のオッサンが座っても足先を入れるスペースがあります。

前席のスライドアングルが左右に避けたデザインになっている為足先をゆったり伸ばせます♪

もちろんユーティリティも充実。

充実した装備群は新型モデルと張り合えて機能性も高い!

SUV本来の居住性がしっかり確保された後席は評価出来るポイントだと思います!

D型フォレスター X-BREAK インスタ動画

内外装を動画でまとめた”D型フォレスターX-BREAKインスタ動画”をどうぞ!

マグネタイトグレーの色合いや質感が参考になれば幸いです!

最後に試乗レポートの紹介です!

D型フォレスター X-BREAK 試乗レポート

車両スペック

SUBARU FORESTER X-BREAK

ボディーカラーマグネタイトグレー・メタリック
全長4,640mm
全幅1,815mm
全高1,730mm
ホイールベース2,670mm
車両重量1,630g
搭載エンジン2.0L DOHC直噴エンジン+モーター
システム最大出力/トルク145ps/188N・m/10ps/65N・m
駆動方式AWD
乗車定員5名
使用燃料/燃費WLTCモード18.6km/L
使用燃料レギュr-
車両本体価格308万円

今回は営業さんと同乗して市街地走行でe-BOXERエンジンの走りを体感です!

ハイブリッドのアシスト

市街地をゆっくりと走り出します。

走り始めの印象は低速から立ち上がるパワフルな加速。

スバルのe-BOXERハイブリッドシステムは低速時のアシストを行うマイルドハイブリッドの様な位置づけでモーターで引っ張るよりもエンジンの主張が強いです。

トランスミッションは”リアトロニック”というCVT制御が採用されてますが、低速加速時のラバーバンドフィール感が解消され前期モデルよりもダイレクト感が増している気がします。

D型モデルがパワートレイン毎に乗り味を差別化してくるかと思っていたのですが、

1.8Lターボモデルの”フォレスタースポーツ”に寄せて来た感じ⁈

オールシーズンタイヤの乗り心地

今回のD型フォレスターはメーカーアナウンスによると、

“サスペンションとダンパーの改善によって乗り心地を改善”とあるのですが、

足まわりは予想よりも硬めに感じました。

硬いといってもフォレスタースポーツほどの突き上げを伝えてくるタイプとは違うのですが、路面の凹凸を明確に伝えてくるサスペンションの動き。

“X-BREAKとSPORT”装着タイヤはオールシーズンタイヤの同仕様です。

ハイブリッドモデルとしてのマイルドな乗り味を期待するとX-BREAKは乗り心地もスポーティー寄りに感じるかもしれません。

となるとサマータイヤ仕様のアドバンスグレードが気になるw

コントロール性能抜群のハンドリング

一方でハンドリングのコントロール性能は目を見張る楽しさ♪

ここ最近の国産SUVの中で追従性の高さはピカイチでした!

ピカイチってw

中立付近の重さはさほどないのですが、直進時でも安定感が高くコーナーでは切れ角に対して素直に付いてきてくれます♪

フォレスターは前方視界の良いSUVとして安全な視界確保と運転のし易さを大きな売りにしていると思うのですが、

トルク・ベクタリングコントール機能が働きステアリングとブレーキングのスポーティーなバランス。

改めてコントロール性能抜群のハンドリングはSUVとは思えない楽しさがあります♪

安全意識の高さ

動力性能とは関係のないところなんですが、

スバル車には後退時に速度を抑制するリミッターが装備されています。

踏み間違いによる事故が報道され高齢化社会がいよいよ近付いています。

スバルと言えば”アイ・サイト”がどうしても取り上げられてしまいますが、

スバルはクルマの基本動作に基づいた安全意識が高いメーカーだと思います。

スポーツモードを試す

市街地を抜けて長い直線道路に入りましたので、Si DRIVEを発動!

手元操作で素早く切替出来る操作性の良さが最高!

アクセルを踏み込んでみると。。

「クォーーン!!」

エンジン音は鳴り響くのですが、回転数と車速が合わない様な感覚。

若干パワーダウンしている⁈

加速度の伸びは感じるのすが、速度が頭打ちの感覚も受けました。

辛口になってしまうのですが、ここはフォレスタースポーツのターボ加速の方が気持ち良いかな。

実はつい最近他メーカーの国産SUVガソリンモデルでも同じ感覚を持ってしまったのですが、X-BREAKも加速とトランスミッションの嚙み合わせに違和感を感じてしまいます。

中速域までは滑らかだったのですが、ここは個人差があると思いますので乗られた方の感想をお聞かせ下さいw

でもマグネタイトグレーのカッコ良さには変わりはないので良いクルマです!

スミマセンw

以上で試乗レポート完了です!

いぶし銀のアクティブSUV

長いモデルライフを重ねながら、実用性と時代に添った先進装備を追加してブラッシュアップされたスバルフォレスター。

スバルが誇る高い技術力と真面目なクルマ造りが現れた”いぶし銀のアクティブSUV”して実力あるモデルに仕上がっていました。

特に今回ご紹介したマグネタイトグレー・メタリックの渋みはX-BREAKを検討中の方には是非現車を見て頂きたい1台です!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

大人の渋みを感じる元祖SUVをお近くのスバル・ディーラーで体感してみて下さい!

 

新車購入時のクルマの売り方。

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがおススメ!

  • より簡単

一般的な車買取 一括査定で10社見積もりを取る場合は、1社につき約1時間ほど査定に時間が掛かるので1時間×10台の合計10時間も掛かってしまいます。

ユーカーパック 一度だけ1時間~1.5時間ほどの査定をすれば、その車両情報を基に最大8000店が入札するので一括査定よりも簡単に車を高く売れて簡単!

  • より安心

一般的な車買取 一括査定の場合は、申込をした瞬間に個人情報が各社に流れてしまうので突然多くの電話が鳴ったり家に押し掛けられてしまうこともあります。

ユーカーパック 買取会社へ公開されるのは「車の査定情報」だけで個人情報は一切公開されないので、多くの会社から電話が来ることは一切無いので安心!

  • 査定は自宅かお近くの提携店で1回のみ

一括査定で10社から金額を提示してもらうためには10回の査定を受ける必要があり時間が掛かってしまいますが、ユーカーパックなら一度の査定で最大8,000店という非常にラクに高く売れるサービス!

家に査定員が来て欲しくない場合はお近くの査定提携店で、近くに査定提携店がない場合や出向くのが面倒な場合は出張査定でぜひ査定を受けてみてください!

買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

次回の予告

次回が2021年最後のブログアップになる訳ですが、未消化案件が非常に溜まっております。。

新型車レポートも書きたい所ですが、今年を総括する試乗レポートまとめ記事を書きたい気も。。

まだ決まっておりませんw

今後も現場取材にこだわってクルマの魅力を伝える試乗ブログを発進していきますのでまた読みに来て頂けると嬉しいです♪

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
>ビデオクリップ感覚で見る動画

ビデオクリップ感覚で見る動画

PV感覚でクルマの内外装をサクッとチェックする"クルマインスタ動画”も発信しています。チャンネル登録よろしくお願い致します!

CTR IMG