国内初採用200dx4MATIC搭載【新型GLA試乗レポート】

SUV

メルセデス国内モデル初採用になる”2Lディーゼルx4MATIC”の魅力的なドライブフィール!

こんにちは。togariです!

今回試乗に伺ってきたクルマは、

メルセデス・ベンツ新型GLAです!

プラットフォームを共通化して同時発売された新型GLBが注目されていますが、

ディーゼルのネガ要素が払拭された新型GLAのドライブフィールに注目!

スタイリッシュな都会派SUVと絶妙な乗り味が魅力的な新型GLAの魅力に迫ります!

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

ディーラー紹介

今回試乗取材させて頂いたディーラーさんは、

メルセデス・ベンツ広島西さんです。

ありがとうございました!

こちらのディーラーさんは“AMGパフォーマンスセンター”というAMGモデルを専門的に扱うディーラーさんです。

関連記事

隙の無い高い仕上がりが魅力的なメルセデスのAMG SUVを詳しくチェック!こんにちは。togariです!今回は2020年6月にマイナーチェンジされたメルセデス・ベンツのハイパフォーマンスSUV Mercedes- AMG GLC[…]

ショールーム内にはなかなか見掛ける機会の少ないAMGモデルが展示され、試乗可能な車両も多数配備されています!

通常モデルからハイスペックなAMGモデルまでメルセデスの魅力を体感出来るディーラーさんですのでお近くの方は是非!

近郊の方で試乗や見積もりを検討されている方がいらっしゃれば、担当営業の方をご紹介出来ますのでお問い合わせ欄からご連絡下さい!
それでは新型GLAの魅力に迫ります!

新型GLA200d エクステリアレビュー

モデル概要

先代のクロスオーバースタイルから都市型クーペSUVへとスタイルチェンジされました!

画像の印象よりも現車はワイドな全幅とホイールベース延長によるゆったりしたボディーラインが印象的。

車両本体価格は502万円。

同時発売された新型GLB200dは512万になり、価格差は10万円と近い設定になっています。

このクラスはアウディQ2やBMWX2など激戦区のセグメントになっていますが、

最大のライバルは新型GLBになりそうですw

試乗車のボディーカラーは、

コスモスブラック”

艶感が美しいメルセデス定番のメタリック・カラーです。

装備されていたオプションは、

  • AMGライン
  • ナビゲーションパッケージ
  • パノラミックス・スライディングルーフ
  • メタリック・ペイント

エクステリア・内装に加飾が加わるAMGラインはメルセデスでは定番の組合わせ。

装備が一つ足りない気がしますがそちらは後程!

新型GLAのボディーサイズは、

新型GLA新型GLB
全長4,440mm4,646mm
全幅1,850mm1,850mm
全高1,605mm1,706mm
ホイールベース2,730mm2,829mm

同時発売される新型GLBと比較すると、

ワイドな全幅を保ちながらも全長・全高は低くデザインされたクーペスタイルに仕上がっています。

戦略的なパワートレイン展開

新型GLAのパワートレインは、

GLA200d 4MATICのワングレードのみ。

メルセデス国内モデル初になる2Lディーゼルに4WDを組み合わせたパワートレインです!

この組合わせが新型GLA最大のポイント!

メルセデスのディーゼルと安定したトルクコントロールが生み出すドライブフィールは非常に魅力的でした!

詳しくは後半の試乗レビューでお伝えします!

後日レビュー予定です!

同時発売された新型GLBのディーゼルモデルは200d FF仕様のみのラインナップ。

スタイリング的にはクロカンスタイルのGLBに4MATICが搭載されそうですが、

なぜか都市型SUVの新型GLAに搭載。。

これは売れ行きが一方に偏らないようすみ分けられたメルセデスの販売戦略を感じますw

同時発売された2台は、スタイリング・動力性能が巧みに分けられているのも特徴的です。

それでは新型GLAのエクステリアから詳しくチェックします!

見間違えるフロント

ダイナミックなグリルデザインが迫力ある仕上がり!

メルセデスSUVモデルの共通デザインになるサイドグリル・ルーバーが特徴的です!

AMGラインが装備された最低地上高は179mm。

車高の低さで有名なメルセデスのセダンやクーペよりは高く設定されて段差の乗り超えも安心です♪

コンパクトクラスながらボンネットにはパワードームラインが入り力強さも表現!

  • 左:新型GLA
  • 右:現行GLC

ディーラーの外にGLCが並べて展示されていたんですが、

新型GLAの迫力あるフロントマスクがとても印象的でした!

遠目で見ると見間違える自信がありますw

クーぺライクなサイドビュー

滑らかにライン取りされたルーフラインと、

前後に広く配置されたタイヤがSUVの力強さを表したサイドビュー。

いつも思うのですがメルセデスのSUVはオーバーハングのバランスが秀逸です!

先代モデルよりホイールベースが延長され後席の居住性も広く確保されていました。

新型GLAはサイドアンダーにメッキモールが装備され都会派SUVとして主張している点もポイントです!

装着タイヤ・ホイール

「フェンダーアーチとタイヤ・クリアランスの取り合いが完璧!」

SUVらしくクリアランスを僅かに残した足回りは絶品の仕上がりです!

AMGラインを装着するとタイヤも大径19インチ235/50R19が装備されます。

都会派と言いながらタイヤの肉厚も分厚くワイルドな足回りに仕上がっていました!

サスペンションの装備は、

  • フロント:マクファーソン式
  • リア:4リンク式

こちらに加えて新型GLAには、スポーツコンフォートサスペンションが装備。

名前の通りなんでしょうが、試乗してなんとなく分かったような気がしますw

残念なのは今回もホイールデザイン。

装着されるのは他のAMGラインと共通化された、

19インチAMG5ツインスポークホイールが装着。

カッコ良いとは思うのですが、海外仕様の様にそろそろ個性が欲しい所です。

洗練されたリアビュー

ルーフに向かって絞り込まれたボディーラインが引き締まったリアビュー。

新型GLAにはクロムパーツが多用されてより洗練されたスタイルに仕上がっています。

大型車イコール高級車というセオリーは過去のものになる高い質感が魅力的です!

サイドのプレスラインを排除した曲面構成のキャラクターライン。

最近の新型車はエッジの効いたサイドプレスを使用せず、ボディーの写り込みを重視したデザインの移行を感じます。

新型GLAエクステリアの仕上がりは充分カッコ良いと思うのですが、

最近のトレンドになるクーペSUVの中で見ると、まとまりが良過ぎて個性は弱いかなとも感じました。

テールゲートにはクロム仕上げのガーニッシュが装備されてゴージャスな印象。

こういった細かな質感の差は所有後も満足度が高いポイント!

エントリーグレードのAクラスやBクラスと質感の差が付けられています。

エキゾーストを鳴らしそうな大径マフラーですが、

予想通りのダミー仕様でした。

かなりしゃがみ込まないと実際のマフラーは見えない位置にある為、これはこれで良いのかもしれませんw

使えるラゲッジ

ラゲッジ容量は425Lとクラスとしては必要充分な広さが確保されています。

新型GLAには足を近づける事でテールゲートが自動開閉する、

フット・トランクオープナーが標準装備!

最近ではミドルクラスのSUVに多く採用されてきましたが、

取り回しの良いコンパクトクラスに装備される事で、日常使いに使える利便性が魅力的です!

続いてインテリアの紹介です!

新型GLA インテリア

気遣いを感じるフロント ドア

コンパクトモデルでもメルセデスの重厚感の高い開閉フィールは健在。

サイドシルがドア下側まで覆われる事で、乗降時衣服が汚れ難い構造はメルセデスのおもてなしを感じます!

ドアトリム周りの仕上げは現行Bクラスと同デザインが採用。

お馴染みのパワーシート調整パネルに、

ヘアライン仕上げのアルミ材が使用されSUVらしくGood!

フロントシートは共通化

Bクラス フロントシート

新型GLAのフロントシートを取り忘れてしまいました。。

画像は代用のBクラスのシートですが、ほぼ同じ仕様だと思われます。

良かったw

硬めのホールド性を高めたスポーツシートは腰にフィットして好印象なんですが、

AMGラインを選択するとブラック内装しか選べないのはユーザー目線では無いかも。

アクセルペダルは吊り下げ式を採用。

ペダルレイアウト自体は良好ですが、左足置き部分が細く、プレート加飾も無し。

価格帯を考慮しても寂しい仕上がりで、いつも残念だなぁって思ってしまいます。

運転席全景

運転席全景のデザインは現行Bクラスと同デザインで共通化されています。

先進的でアバンギャルドなインパネ・デザインは新生メルセデスの象徴です!

https://www.netcarshow.com/

AMGラインに追加するオプションになる”レザーエクスクルーシブ・パッケージ”を装備するとご覧のような上質な内装カラーも選択が可能です!

マキアートベージュというオフホワイトの様な色合いが車内を上品に彩ります!

やっぱりクルマが好き。

フォロワーさんと初オフ会の報告です!オーナーさんのご厚意で愛車のメルセデス・Eクラスクーペに試乗させて頂きました!魅力的…

先日マキアートベージュの内装カラーを所有されるEクラスクーペのオーナーさんとオフ会させて頂きましたので是非参考にしてみて下さい♪

追加金額26.3万円と高額なオプションですが、

予算が許せば検討したい魅力的な内装カラーです!

安全支援機能が標準化

新型GLA・GLBから遂に”レーダーセーフティーパッケージ”が標準装備になりました!

これはユーザーにとっても嬉しい知らせです!

レーダーセーフティーパッケージの装備内容は、

アクティブディステンスアシスト・ディストロニックACC全速度追従機能
アクティブブレーキアシスト歩行者/飛び出し検知
プレセーフ衝突感知
プレセーフ・プラス被害軽減ブレーキ
プレセーフ・サウンド衝撃音軽減機能
緊急回避補助システムステアリング回避操作
渋滞時緊急ブレーキ
アクティブブラインド・スポットアシスト降車時警告機能
アクティブレーンキーピングアシスト車線逸脱防止
アクティブステアリングアシストレーンチェンジアシスト

現行Bクラスでは22万円プラスになっていた安全装備の価格を抑える事が出来ます!

今までオプション設定になっていた安全支援装備は、

今後マイナーチェンジや年次改良と共にメルセデス全車種に標準装備化されるそうです!

「プレオーダー メルセデス」は、メルセデス・ベンツ正規販売店へ行く前にお客様ご自身が、購入希望モデルや、購入時期、購入目…

安全装備の標準化に伴い、

昨年まで実施されていたプレオーダー・メルセデスのオプション半額キャンペーンの実施は無くなっていきそう。

僅かな期待をしていたのですがw

オフロードモード搭載

メルセデス通常のドライブセレクトモードに加えて、オフロードモードが追加されています。

このスタイリングで悪路も走行出来てしまう本格的な4WDシステムが装備!

  • ECO・コンフォート:80:20
  • スポーツ:70:30
  • オフロード:50:50

ドライブセレクトを切り変える事により路面に適したトルク配分を自動で制御。

http://www.mercedes-benz.jp/

確認出来なかったのですが、運転ディスプレイ内にも専用モードが追加されているようです!

街乗りからオフロードまで乗りこなせる機動力の高さはGLBには装備されていない魅力的な機能です!

ダッシュボード内部も起毛仕上げの質感をキープ!

メルセデスのグローブボックスは容量が多く、実用面もきちんとローカライズされていました!

クラスを超えた開放感

コンパクトクラスでも後席まで広がるパノラマルーフが装備!

間にフレームは入りますが、

スイッチを引くとフロントから順にガラスルーフが開く様が非常にカッコ良い!

メルセデスのパノラミックルーフは他のクラスを寄せ付けない広い開放感が魅力的です!



 

後席の居住性チェック

後席ドアも変わらず高い質感とサイドシルまで覆われるおもてなし機能が備わります。

気になったのはドアの開閉角度。

最大でも直角までは開ける事が出来ません。

広い場所では乗降に困る事は無いと思いますが、自宅の駐車環境によっては確認すると良いポイントだと思います。

後席シートも前席と変わらない高い質感で仕上げられ、後席アームレストも装備されていました!

メルセデスのアームレストは肘を置いた状態でもドリンクホルダーに干渉しないので非常に優れたデザインです!

足元の空間も余裕があり足先が窮屈になる心配もありません。

実際に乗り込んでみました。

172cmのオッサンが座っても拳3個分の膝前空間があり、上部の空間もゆったり余裕がありました!

センタートンネルが高いので、後席に大人3名が乗車するとセンターシートは窮屈に感じそう。

後席2名乗車で考えると、

大人でもゆったりした後席の居住性が確保されています!

後席スライド機構搭載

後席は前後スライド機構が搭載されていました!

画像は最前状態と最後方状態で撮影しています。

リクライングレバーでは無く、コードで調整するタイプでした。

前にスライドする事で、ラゲッジスペースに隙間が出来る為広くなるわけではないですが、

乗る方の体格に合わせたシートアレンジの広さも非常に魅力的なポイントです!

 

新型GLA 200d インスタ動画

メルセデス国内モデル初採用になる”2Lディーゼルx4MATIC”の魅力的なドライブフィール!同時発売された新型GLBが注目されていますが、新型GLAのドライブフィールに注目! スタイリッシュな都会派SUVと絶妙な乗り味が魅力的な新型GLAの魅力に迫ります!

新型GLAのエクステリア・インテリアを3分間でまとめたインスタ動画をどうぞ!

立体的な質感や造形が参考になれば幸いです。

最後に試乗レビューの紹介です!

新型GLA 試乗レビュー

試乗車両スペック

Mercedes GLA 200d 4MATIC

ボディーカラーコスモスブラック
全長4,440mm
全幅1,850mm
全高1,605mm
ホイールベース2,730mm
車両重量1,760kg
搭載エンジン2.0L直列4気筒ディーゼルターボ 8G-DCT
最大出力/トルク150ps/320N・m
駆動方式4WD
使用燃料/燃費軽油/WLTCモード 16.5km/l
車両本体価格502万円

今回は市街地走行でのレビューになります!

それでは試乗開始!

走り出しで感じた違い

ディーラーからゆっくりと車体を動かしていきます。

いきなり感じたのはディーゼルとは思えない軽快な加速感!

4WD仕様という事で出足の重さは覚悟していたのですが、見事に裏切られました!

新型GLAは低速時からグリップが強く作用して車体を軽々と動かしてくれます。

更にディーゼルエンジンの強いトルクと8速DCTが援護する滑らかな立ち上がり!

まだ走り出しの場面ですが、

”メルセデス・ベストディーゼルニスト”が現れてきましたw

高められた静粛性

室内の静粛性も非常に高いです。

関連記事

[adcode]クラスレスなスタイリングでCセグ市場に新たな風を巻き起こす新型CLA!こんにちは。togariです!今回は引き続きメルセデス・ベンツ新型CLAクーペ試乗レビューの後編 内装・試乗レビューをお伝[…]

以前試乗させて頂いたCLA200dでは室内に入るエンジン音を感じていたのですが、

新型GLAは静粛性が格段にアップしてます!

アクセルペダルへホント僅かに振動を感じますが、速度が上がると気にならないレベル。

カラカラ音なんていうディーゼル音は皆無で、ディーゼルのネガ要素が見事に払拭されています!

ステアリングの操舵性はコンフォート・モードでも重さを感じるどっしりしたステアフィール。

ここにも4MATICの恩恵が巧く作用しています!

着座位置は以前試乗したBクラスよりもアイポイントが高く、前方視界は非常に広い印象。

新型GLAの全幅は1850mmとワイドボディーなんですが、取り回しも非常に扱いやすいです。

個人的な感覚だと、MAZDA CX-30の様なサイズ感に感じました。

変わらぬ相棒

試乗した日はかなり暑く、エアコン調節をMBUXで操作してみました。

ハイ、メルセデスだけでシステムが起動して、室内温度を下げてくれるのはホントに便利!

物理スイッチが配置され両方で操作が行えるのも優れたポイントです。

ドライバーが話掛けると運転席のみ設定温度を下げてくれました!

相変わらず優秀な相棒に今回も感心してしまいましたw

スポーツモードを試す

長い直線道路に入ってきたのでドライブセレクトをスポーツモードに切り替えて踏み込んでみます。

「アクセルレスポンスが引き締まり、伸びやかなシフトフィール気持ちイイ!」

FF仕様のディーゼルだと硬めの乗り味に変わるのですが、

新型GLAはマイルドなシフトフィールが魅力的です!

19インチ大径タイヤを履きながらも路面のピッチング柔らかにカット。

これがAMGライン装備になる、

スポーツコンフォートサスペンションの収束性なんでしょうかw

4MATIC抜群のトルクコントロール

http://www.google.co.jp

試乗コースの折り返し箇所がロータリーのようになっていたので4MATICのトルクコントロールを確認してみました。

前にクルマも居なかった為、ある程度速度を保ったままコーナーへ進入すると、

「車体の強い踏ん張りを感じてコーナーをグイグイ攻めて行きます!」

いやー!このトルクコントロールは絶品ですよ!

コーナリング中もアンダーステアが抑えられて車内は傾かず、水平位置が保たれていました。

新型GLAの動力性能は同クラスでも飛び抜けて良い仕上がりかも!

オンロードでの高い動力性能に加えてオフロードもこなせる本格的なSUV。

メルセデス国内モデル初採用になる、

2.0Lディーゼルと4MATICのベストフィールな組み合わせを体感致しました!

以上で試乗レビュー完了です!

まとめ

同時発売された新型GLBに注目が集まり、控えめな印象の新型GLA200d。

僕自身はまだ新型GLBに試乗出来ていないのですが、新型GLAの高いドライブフィールは非常に魅力的に感じました!

  • 都市型SUVとしてのスタイリッシュなエクステリア
  • 安全装備・内装の質感共に高い仕上がり
  • 2.0Lディーゼルと4MATIC採用によるオン・オフこなせる動力性能

街乗り重視でサイズ的に事済んでしまう方には優れた要素が詰め込まれた魅力的な1台です!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

試乗車が2台あれば是非乗り比べ試乗されて新型GLAの魅力を体感してみて下さい!

クルマの購入を検討中の方はクルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だなって思われているアナタ!

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがこちらです!

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
こちらから是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

次回の予告

 

次回紹介するクルマは、

新型GLA最大のライバルになるもう1台の新型SUV!

残念ながら試乗は出来なったのですが、内外装をチェックしてきましたのでお伝えしようと思います!

お楽しみに!

今後もクルマの魅力を伝えられるよう、試行錯誤しながらより良い試乗サイトを目指して参ります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG