【VW T-Roc試乗レポート】ゴルフベースの個性派SUV

SUV

個性的なスタイリングと動力性能の魅力的なバランス感覚!

こんにちは。togariです!

 

 

Volks Wagen T-Rocの試乗に伺って来ました!

トータルバランスが非常に高い仕上がりのクーペスタイルSUV!

国内導入を待ち望んでいたユーザーさんも多いのではないでしょうか。

SUV市場のど真ん中!

コンパクトSUVクラスに投入されたVW T-Rocの魅力に迫ります!

 

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。
カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

 

ディーラー紹介

今回取材させて頂いたディーラーさんは、

Volks Wagen 周南シティさんです。

 

ありがとうございました!

フォルクスワーゲン正規ディーラー 「フォルクスワーゲン周南シティ」の公式サイト。営業時間や店舗設備をはじめ、キャンペーン…

左から、

  • T-Cross・T-Roc・Tiuan

Volks WagenSUV3兄弟の試乗車が配備されています!

それぞれキャラクターが違うSUVラインナップを乗り比べ試乗も可能!

関連記事

コンパクトなT-Crossの走りは正統派SUV!こんにちは。togariです!今回はVolksWagenのコンパクトSUV T-Crossの試乗レビューの紹介です!先月の先行展示イベントでレビューさせて頂きましたが、[…]

以前T-Cross試乗の際にお世話になったディーラーさんですが、

営業さんからT-Roc入庫の連絡を頂いて取材に伺って参りました!

ディーラーさんから連絡を頂けるのはホントに有り難い限りです。

いつも丁寧な対応をして下さるディーラーさんですのでお近くの方は是非!

 

T-Roc モデル概要

 

 

クーペライクなSUVを掛け合わせた個性的なスタイリング!

低重心なエクステリアに惹かれてしまいました。

海外では3年前から発売されていたT-Rocですがようやく国内販売が開始されました。

国内導入モデルのパワートレインは、2.0L直列4気筒ディーゼルターボ・FF仕様のみの展開。

搭載されているTDIエンジンを今回初めて体感しましたが、

高トルクによる低速からの力強さと、滑らかなシフトフィールが日本の道路事情に適した高性能ディーゼルでした!

 

 

試乗車のグレードは、

TDI Style Design Pakageという中間グレード。

T-Rocのグレード展開を見ると、

 

  • TDI Style
384万円
TDI Style Design Pakage(試乗車)405万円
  • TDI Sport
419万円
  • TDI R-Line
453万円

 

グレードが上がる毎に加飾や装備群が豊富になるラインナップです。

エントリーグレードのTDI Styleは受注生産モデルになっている為、

  • リアカメラ
  • LEDヘッドライト
  • フロントフォグランプ
  • パワーテールゲート
  • ルーフレール
  • 17インチアルミホイール

内外装の装備を追加したTDI Style Design Packageが実質のベースグレード。

かなりお得感ある追加内容になっています!

ボディーカラーは、ピュアホワイトにブラックルーフを組み合わせたツートン仕様車でした。

ボディーカラーは全9色の設定がありますが、

こちらもグレードが上がるにつれて選択肢が多くなる設定です。

 

3台の並びを見ると,

より低重心なスタイリングを意識したT-Rocの佇まい。

T-Rocのボディーサイズは、

全長4,240mm
全幅1,825mm
全高1,590mm
ホイールベース2,590mm

 

T-CRossとTiguanの間に位置するサイズですが、

ゴルフをベースにしたSUVモデルだとお聞きしました。

なるほど!

抑えれた全高からはハッチバックの様な雰囲気も感じられるT-Roc。

それではエクステリアをチェック致します!

 

水平デザインに拘ったフロント

 

 

水平デザインに拘ったフロントマスクはVWの共通デザイン。

クロムパーツとハニカムデザインのグリルデザインが繊細かつ力強い印象。

パーツ自体はダイナミックにデザインされながら、どこか落ち着いた印象を与える大人なデザインです。

なんとも語彙力が無いw

 

 

ラインが延長されたヘッドライトとグリルの収まりが秀逸な収まり!

シャープな形状のLEDヘッドライトは全グレードオートマチックハイビームまでの装備です。

時速60km/hから起動する仕様みたいですが、

国産車は反応が遅くあまり機能していないモデルが多いのが現状。

ドイツ車の反応加減が気になる所です。

ヘッドライト下のハニカム形状の部分がLEDウィンカーとデイタイムライトを兼用。

点灯するとかなりのインパクトがあります!

フロントリップ下にはハロゲン仕様のフォグライトが装備されます。

巧みなサイドビュー

 

 

ルーフが傾斜されたクーペスタイルで美しく、足元はSUVらしくダイナミックに仕上げたサイド。

サイドだけを切り取ってみるとショートボディーのSUV感が強く出ていますね。

ボンネットのラインを境界に、

クーペとSUVの良さを巧みにミックスされたデザインはVW SUVの中でも個性が光るサイドビューです!

 

17インチアルミ装着

 

 

TDI Style Designパッケージに装着されているのは、

215/55 R17タイヤ&17インチアルミホイール。

最上位グレードのR-Lineになると19インチアルミが装備されますが、

フェンダーにプレスが入る事でチープな印象は感じさせない仕上がり!

僕の愛車ハリアーが17インチなので余計に親近感が沸くのもありますがw

搭載されるサスペンションは、

  • フロント:マクファーソンストラット
  • リア:トレーリングアーム

VolksWagenの上位モデルには”DCC”というダンパー設定やハンドリングをコントロールする機能が搭載されていますが、

ノーマルサスでも接地感や段差の収束性の高さを感じ取れました。

ここは17インチ装着の恩恵を感じるポイントです。

 

 

サイドミラーもブラックアウトされたスタイリッシュなデザイン。

Aピラーが根元に付く為死角になってしまうデザインですが、

クルマのデザインとしては大好物な取付位置♪

 

 

Dピラーまで弧を描くクロムパーツが個性的なサイドエンド。

エンドに向かって太くなるデザイン処理は国産車では出せない大胆な仕上がりです。

無条件でカッコ良い!

ハッチバックを再現するリア

 

T-Crossと並べてみると、どっしりしたスタイリングが際立ちます。

ナンバープレートの取り付け位置に注目!

バンパー下に付く事でハッチバックのような低重心のリアビューが再現されてます。

このアングルから見るとゴルフを連想させるリアデザインは個性的な仕上がりです!

 

「今回もプレスラインが効いてる!」

リアテールランプを貫通する事で腰高感が抑えられ重心が下げられる好デザイン。

T-Rocのエクステリアは相当計算されてデザインされてますね!

 

 

クロム加工されたマフラー部分はダミーデザインになっていました。

遠目で見ると分からないデザインですが、これって最近のトレンドになってる?

 

 

Volks WagenのSUVとして初めて採用されたツートンルーフ。

ボディーカラーによって組み合わせが決まりますが、車高を低く見せる効果的なツートン仕様です。

今回ツートン仕様は無償で選択出来るのも嬉しい仕様。

VW伝統のサイドプレスは、

リアハンドルで一端途切れるトリッキーなライン取りがフレッシュ!

ラゲッジスペース

 

 

TDI Style Design Pakege以上にはパワーテールゲートが標準装備。

開閉速度が国産モデルよりも速い動作感でした。

ラゲッジスペースは445Lを確保。

クラスとしての広さは確保されてますが、奥行き方向は若干短め。

後席の分割可倒方式は6:4式が採用されて、

後席アームレストを使用すると、セダンのようにトランスルーが可能!

ユーティリティの高さも国産メーカーと差別化される魅力ポイントです!

続いて内装をチェックします!



 

Volks Wagen T-Roc 内装チェック

 

ドアトリムチェック

 

 

ドアトリムは布地を張り付けたシンプルな仕上がり。

内装カラーがブラックなると地味な印象が強く、同クラスと比較しても質感が寂しく感じます。

ホワイトのアビエントライトも装備されているみたいなんですが、

加飾を抑えられた必要最低限の仕上げはVWの美学?

フロントシート

 

 

ドアトリムと同じく布地を組み合わたようなシンプルな質感です。

今回は内装カラーがブラックになっていますが、

ボディーカラーとの組み合わせでブルーやイエロー内装もコーディネート可能。

デザイン自体はシンプルさを出した印象ですかが、

シートの張りは非常に高く、身体にフィットするように仕上げられています!

見た目以上にシートにコシがあり、心地よい座り心地でした!

T-Crossフロントシート

 

T-Rocも上位グレードになるとレザー仕様も選択出来ますが、

弟分のT-Crossは内装カラーもオシャレな仕上がりでしたのでコンセプトの違いが見える部分です。

 

 

全グレードでパワーシートの設定は無く手動式シートが採用。

ペダルレイアウトは良好で上手くローカライズされています。

VW車はアクセルペダルの横に足置きが配置されているのも特徴的です!

 

 

ライト類のスイッチはハンドル下に配置されていました。

やはりインパネ周りの仕上げもハードプラが目立っている印象です。

運転席全景

 

フロントマスクと同様にドライバーに傾けた水平調デザインのインパネ。

基本的なデザインはT-Crossと同じ様に見えますが、上位車種として先進的な装備で差別化されています!

フル液晶ディスプレイ

 

 

「全画面地図表示!」

アナログ表示だったT-Crossから一気に飛躍!

フル液晶画面のアクティブインフォディスプレイはT-Roc全グレード標準装備です!

国内メーカーが出遅れているフル液晶ディスプレイは大きく差を付けている魅力的なポイント!

 

 

画像が粗くてスミマセン。

液晶ディスプレイの表示画面も多彩でクラスを考えると満足度は高いです。

後日アップ予定のインスタ動画で紹介致します!

 

ステアリング

 

 

本革巻き・Dシェイプ型のステアリング。

このクラスでもパドルシフトも装備され、スイッチ類の質感を除けば充分過ぎる仕上がりでしょう!

T-Rocはモード切り替えによってハンドリングのレスポンスの違いが楽しめます!

後程の試乗レポートでお伝えします!

T-Rocの安全支援装備群は、

オールインセーフティーと呼ばれる安全予防装備が全グレード標準装備。

グレードによる装備やスタイルの違いでコミコミ価格差が大きく変わらない点も良心的です!

 

ナビゲーションは標準装備

 

 

VWの純正インフォテインメントシステム”Discover Pro”が全グレード標準装備。

9インチのナビ画面サイズとヘルプネット等の支援機能は装備されていないですが、

輸入車はオプションパッケージが多い為、支払い総額が跳ね上がってしまう点でも良心的な設定です!

 

 

エアコン操作パネルは大型ダイヤルを採用した物理スイッチ式。

温度調整は左右独立式を採用していますが、

画像のSYNC(シンク)スイッチを起動すると運転席・助手席が同時に温度調整が可能!

国産メーカーでは見られない細かな工夫が凝らされています。

DSGトランスミッション

 

 

T-Rocに搭載されているのは7速DSGトランスミッション。

立ち上がりからのシフトチェンジは滑らかな加速を生み出してくれますが、

このシフトノブには走りを楽しませてくれる仕掛けが施されていました。

後程試乗レビューでお伝えします!

勿体ぶってスミマセンw

 

快適装備搭載

 

 

電動パーキングブレーキxブレーキオートホールドを搭載!

サイドブレーキ式だったT-Crossのネガ要素を払拭する事で差別化されています。

ただしセンターコンソール周りの質感もハードプラ感強し。

価格帯を考えると所有満足度の部分で気になってしまいます。

手に触れる部の質感はある程度確保して欲しかった印象。

続いて後席の居住性のチェックです!

T-Roc後席チェック

 

 

後席の開閉角度は大きく開き、乗降性も確保されていました。

足元空間を取る為に段差を跨いで乗り込む形になります。

 

 

後席アームレストのドリンクホルダー幅を仕切りで調整出来る工夫も見られます。

後席アームレスト裏にはレバーがあり倒してみると、

 

セダンの様にトランクスルーが可能!

これはアイデア機能ですね!

国産SUVには無い発想の転換が面白い!

VW車に乗られているブログ仲間の方もスキー板やキャンプ用品を積み込めるので大変重宝していると言われていました♪

 

旅恋写【リョコウシャ】

フォルクスワーゲン パサートオールトラック(B8型)のオーナーズレビュー、今回は荷室編です。2020年4月に我が家にやっ…

ブログ仲間の10maxさんが愛車パサートオールトラックのラゲッジルームについて熱く語られています!

旅行記事からクルマのレビュー記事まで幅広いカテゴリーのブログを発信されていますので是非読んで見て下さい。

 

後席の居住性は

 

173cmのオッサンが乗車すると膝前空間は拳2個半といった所です。

大人でも余裕を持って座れる後席空間。

足先を入れる空間はフロントレールの出っ張りが内側に出ている為、足の長い人は窮屈に感じられるかもしれません。

足の短い僕は大丈夫でしたw

 

 

クーペライクな見た目からドライバーズカーデザインの強いT-Rocですが、

上部空間の居住性とユーティリティの高さも魅力的なポイントです。

 

MAZDA CX-30と比較

ただ400万スタートの価格設定を考慮すると、

内装の仕上がりは国産メーカーも質感を上げている中、見劣りする部分も感じてしまいます。

質感部分でどう感じ取れるかがユーザーによって大きく分かれるトコロ。

VW T-Roc インスタ動画

 

国内SUV市場のど真ん中! コンパクトSUVクラスに個性的な1台が登場! VWから遂に国内導入されたT-Rocの内外装を3分間でチェック!

内外装を3分間でまとめたインスタ動画をどうぞ!

VW T-Rocの立体的な質感や個性的なスタリングが参考になれば幸いです。

チャンネル登録よろしくお願いします!

最後に試乗レポートの紹介です!

 

VW T-Roc 試乗レポート

 

試乗車スペック

Volks Wagen T-Roc TDI Design Package

ボディーカラーピュアホワイトxブラックルーフ
全長4,240mm
全幅1,825mm
全高1,590mm
ホイールベース2,590mm
車両重量1,430kg
搭載エンジン2.0L直列4気筒ディーゼルターボ 7DSG
最大出力/トルク150ps/340N・m
駆動方式FF
使用燃料/燃費軽油/WLTCモード19.5km/L
車両本体価格405万円

基準の厳しいWLTCモードで19.5km/Lの高燃費を出すとは!

Volks Wagenのディーゼルはお財布にも優しいエンジンなんですね!

TDIディーゼル出足の印象

 

 

初めはノーマルモードで試乗開始です。

走り出しで直ぐに感じたのは出足からのパワフルな加速性能。

アクセルのレスポンスが俊敏に反応してくれます!

ストップ&ゴーを繰り返す街中でも、

ディーゼル特有のタイムラグを感じさせないシフトフィールでストレスフリーな軽快感を味わえます。

初めてTDIエンジンを体感して感心したポイントは、

アクセルに伝わる微振動の抑え込み。

ここ最近のディーゼルエンジンの中でもT-Rocのアクセルペダルへの振動はかなり抑えられていると感じました。

踏み込めば車内にスポーティーなエンジン音が入ってきますが、

1.000回転を超えた辺りからトルクがグイグイ効いてくるのでガソリンエンジンに近いフィーリングが楽しめます♪

 

クイックなハンドリング

 

 

トルクフルなアクセルフィールに対して、

ハンドリングはクイック寄りな味付けに感じました。

軽さが優先されている感覚で、個人的にはどっしりした手応えが少し欲しい印象。

ハンドリングの軽さについてVWオーナーさんの話では、

高速域に達するとしっかりと落ち着いてくるセッティングみたいです。

街乗りでの取り廻しの良さやライトに運転出来るこのクイック加減がVWの狙いなのかもしれません。

これはあくまでノーマルモードでの反応でした。

その後スポーツモードでは挙動が一転しますw

17インチの乗り心地

 

 

TDI Design Package装着される17インチの乗り心地も非常に良好。

角が取られたマイルドな収束性は17インチの利点が活かされています。

18インチ装備が当たり前になっている今、

見た目の乏しさと引き換えにマイルドな足回りを表現する17インチの魅力を伝えたいw

T-Rocの上位グレードR-Lineになると、

”アダプティブシャシーコントロールDCC”が装備。

アダプティブサスペンションが装着される事によってサスペンションのセレクトモード切替が可能になります。

19インチ装着でどんな足回りに変化するのか非常に興味深い!

ブレーキフィールに関しては全域で制動力が非常に高いです。

これに慣れてしまうと国産車では違和感を感じてしまう程ブレーキの利きは非常に良い♪

楽し過ぎるスポーツシフト!

 

ある程度試乗が終わった所で、

ドライブセレクトのスポーツモードを試す為に営業さんへお聞きしました。

すると、

「シフトレバーを軽く倒してしてみて下さい。」と言われました。

ん??

僕自身はVWのクルマに疎いので、言われるがままシフトレバーをコクっと操作します。

 

おー!!

ハンドリング・アクセルレスポンスグっとが引き締まりスポーティーなフィーリングへ変化!

ドイツ車らしいどっしりした応答性待ってました!

シフトレバーで素早く切替られるレスポンスの速さが楽し過ぎる!!

走りに直結する機能美がVolks Wagen走りの美学なんでしょうか。

オーナーさんはご存じの機能なんだと思うのですがw

試乗車のシフト操作で変更可能なモードは、ノーマル・スポーツのみ。

運転ディスプレイとリンクして表示でも確認出来る仕組みになっていました。

 

 

通常のドライブセレクトは、

センターパネル内のドライビングプロファイル機能でエコやカスタムモード等細かく切り替える事も出来ます。

VolksWagenのクルマではポロ以外にはスポーツシフトを楽しめるこの機能が搭載されているそうです。

試乗の最後で気付いてしまったので走りの違いをもっと試したかった。。

なんとも無念w

これから試乗に伺われる方は是非体感してみて下さい!

以上でVW T-Roc試乗レポート完了です!

 

ライバル多勢の中で

 

個性的なスタイリングとユーティリティの高さ・高い動力性能が魅力的なT-Roc。

発売開始からの売れ行きは思っていたよりもスローなスタートみたいです。

クルマ業界のトレンドになっているSUV市場では、

関連記事

[adcode]CX-30ディーゼルモデルの本質はワインディング走行にあり!こんにちは。 togariです!今回は発売前から話題の1台となっているマツダ CX-30の試乗レビューの紹介です!絶妙なサイ[…]

コスパの高い装備群と拘り抜いた内装仕上げが好調なマツダCX-30や、

 

関連記事

メルセデス国内モデル初採用になる”2Lディーゼルx4MATIC”の魅力的なドライブフィール!こんにちは。togariです!今回試乗に伺ってきたクルマは、メルセデス・ベンツ新型GLAです!プラットフォームを[…]

同時期に発売されて2Lディーゼルと4MATIC搭載が魅力的なメルセデス新型GLAなど激戦区のセグメント。

国内導入が3年遅れた事がディーラーにとって大きなハンデになっている事は非常に大きいです。

価格帯を考慮してもライバル多勢の中での発売開始になってしまいました。

内装仕上げは劣っているポイントになるかとは思いますが、

クルマの基本性能が非常に高い優秀な1台です。

コンパクトクラスを検討中の方へもオススメ出来る高バランスな1台!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

お近くのディーラーでVW T-Rocの魅力を是非体感してみて下さい!

 

 

クルマの購入を検討する際は愛車の下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがあります!

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
見積もり依頼はこちらから是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!



 

次回の予告

 

次回はロングセラー国産ミドルSUVをスポーツモデルに仕上げたカスタムモデルを試乗レポートです!

今度もSUV。。

今月はSUVマンスリーになってしまいましたw

お楽しみに!

今後もクルマの魅力を分かり易くお伝え出来るよう、試行錯誤しながらより良い試乗ブログを目指して参ります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG