1.8Lターボ追加【新型フォレスタースポーツ試乗】仕上がりは”大人のスポーツSUV”

SUV

2年振りに復活した直噴ターボを一足先に体感!

こんにちは。togariです!

今回紹介するクルマはこちらです!

 

スバル フォレスタースポーツ!

1.8L直噴ターボエンジンを搭載した追加グレードモデルに試乗して参りました!

注目ポイントは間も無く発売される新型レヴォーグと同型の新開発エンジンを搭載!

重厚感が活かされた加速性能は大人のスポーツSUVといった印象で、

フォレスターのベストバイグレードではないでしょうか!

スバルの新しい走りが提案された新型フォレスタースポーツの魅力に迫ります!

 

当ブログではクルマの実際に見て感じた感覚を大事にしたいと思っています。 カタログだけでは伝わりにくいクルマの魅力を現場から楽しくお伝えします!

ディーラー紹介

今回試乗取材させて頂いたディーラーさんは、

 

山口スバル 岩国店さんです。

 

ありがとうございました!

古くからスバルディーラーとして地元に根付いたクルマ販売を行われているディーラーさんです。

以前にはフォレスターX-BREAKやレカロシートを装備したレヴォーグSTIの試乗でもお世話になりました!

 

関連記事

こんにちは。 togariです!スバル フォレスターX-BREAK AWDに試乗してきました!使いこなせる道具感を持ちながら、高い質感に仕上がったクルマでした!初めてスバルのクルマに試乗させて頂いたんですが、[…]

 

関連記事

こんにちは。 togariです!スバル フォレスターX-BREAKに試乗して来ました!今回は内装編をお伝えしようと思います! 内装面も細かな気配りで所有後も満足度の高いクルマに仕上がってまし[…]

 

関連記事

 こんにちは。 togariです!スバル フォレスターX-BREAKに試乗して来ました!抜群の前方視界で、SUVとは思えない運転しやすいクルマでした!!今回は試乗編・試乗車の見積もりも頂いて[…]

 

こちらのディーラーさんには新型インプレッサSTIの試乗車も配備されています。

間も無く発売される新型レヴォーグも加わりフルラインナップでスバルの魅力を体感出来るディーラーさんですのでお近くの方は是非!

近郊の方で試乗や見積もりを検討されている方がいらっしゃれば、担当営業の方をご紹介出来ますのでお問い合わせ欄からご連絡下さい!

新型フォレスタースポーツ モデルスペック

オールブラック仕様

 

togari
あっ。雨が。。

 

試乗に伺う時は前日からの雨も止ませてしまう程の晴れ男なんですが、最近は雨に味方されがちなんですw

今回は傘を差しながらエクステリアのチェックしてますのでお見苦しい点をご了承下さい。

フォレスタースポーツのファーストインプレッションは名前通りのスポーティーな印象!

試乗車のボディーカラーは、クリスタルブラック・シリカ。

オールブラック仕様は塊感と高級感が両立!

街中を走るフォレスターはホワイトの印象が強かったんですが、ブラックカラーのフォレスターは画像よりも引き締まったスタイリングでめっちゃカッコいいです!

ターボモデルが加わったスバルフォレスターのモデルラインナップは、

パワートレイン車両本体価格
Touring2.0L水平対向4気筒+モーター291万円
X-BREAK2.0L水平対向4気筒+モーター305万円
Advance2.0L水平対向4気筒+モーター315万円
SPORT1.8L水平対向4気筒ターボ328万円

目玉になる1.8Lターボエンジンと内外装に専用装備が追加された最上位モデルとなっています。

ボディーサイズ比較

国産ミドルSUVとして長く愛されているスバルフォレスターのボディーサイズは、

 

フォレスタースポーツRAV4 AdventureCX-5 25T Lパケ
全長4,625mm4,610mm4,545mm
全幅1,815mm1,865mm1,840mm
全高1730mm1,690mm1,690mm
ホイールベース2,670mm2,690mm2,700mm
車両本体価格328万円313万円342万円

クロカンSUVとしてライバルになるRAV4や国産ミドルSUVのターボモデルとして対抗するCX-5と比較しても、ボディーサイズ・価格共にバチバチにひしめき合うゾーンになっています!

スバル フォレスタースポーツは国産ミドルSUVクラスの中に身を置きながら優れたユーティリティーが魅力的な1台。

更に走行性能をブラッシュアップさせたターボモデルを追加する事で商品力がより高められていました!

直噴ターボエンジン復活!

 

今回のトピックになる、1.8L DOHC直噴ターボ”DIT”エンジン

  • 最大出力 177ps
  • 最大トルク 300N・m

低速時から300Nトルクを発揮するダウンサイジングターボを搭載。

スバルがこだわり続ける水平対向エンジンとシメントリカルAWDが滑らかに走りをサポートしてくれました!

燃費性能はWLTCモード16.5km/L

e-BOXERモデルよりは流石に落ちますが、

優れたターボの加速性能とお財布に優しいレギュラー仕様も嬉しいポイントです!

 

ボンネット裏には遮音材がしっかり敷き詰められていました。

通りで静粛性も高く感じられた訳だ♪

見えない部分までコストを掛けるスバルの真面目さが感じられるポイントです!

 

新型フォレスタースポーツ エクステリアチェック

エクステリア専用装備

 

フォレスタースポーツのエクステリア専用装備は、

  • フロントグリル(ブラック塗装&ブラック加飾)
  • フロントフォブランプカバー(グレーメタリック塗装&グレーメタリック加飾)
  • 電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター グレーメタリック塗装)
  • 18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
  • フロントバンパーガード(アクセントシルバー塗装加飾)
  • サイドグラッティング(アクセントシルバー塗装加飾)
  • リアバンパーガード(シルバー加飾・ディフューザータイプ)
  • ルーフスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵・グレーメタリック塗装)
  • ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ・グレーメタリック塗装)

ひぇー長いw

エクステリアだけでも専用装備が充実していますね!

詳しく見て行きましょう!

 

硬派デザイン採用のフロント

 

フォレスタースポーツのフロントマスクは、クロカンテイストを強く押し出した硬派デザイン。

  • フロントフォブランプカバー(グレーメタリック塗装&グレーメタリック加飾)
  • フロントバンパーガード(アクセントシルバー塗装加飾)

ブラックボディーにグレーメタリック塗装のパーツ加飾がより引き締め効果をもたらします!

大型のLEDヘッドライトにはステアリングと連動して前方を照らす機能が装備!

この機能、自分の前々車の2代目ハリアーにも搭載されていたんですが、夜間の視認性が抜群に良かった記憶があります!

 

  • フロントグリル(ブラック塗装&ブラック加飾)

グリルの仕上げもグロス塗装されて質感高い!

中央の六芒星エンブレムは夜空に輝く星の様に輝いていましたw

 

こだわるボックスデザイン

 

クーペライクなデザインが溢れるSUVモデルの中で、

実用性・機能性にこだわったボックスサデザインが潔くてカッコいい!

フロントのAピラーからリアのCピラーまで大胆なウインドウデザインは乗り込むと納得する開放感が味わえます。

サイドには専用装備として、

  • 電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター グレーメタリック塗装)
  • サイドグラッティング(アクセントシルバー塗装加飾)

SUVの原点回帰を感じるサイドビューは逆に新鮮な印象も受けました!

ブラックボディーにアスリートな躍動感を感じるサイドデザイン。

フォレスタースポーツカッコいいです♪

スポーツ専用タイヤ&ホイール

 

フォレスタースポーツ専用装備のタイヤ&ホイールは、

  • 18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)

ホイールまでブラック塗装されたオールブラックSUVは個人的に大好きな仕様♪

綺麗に保つメンテナンスの厳しさはトレードオフですがw

 

今回の追加モデルではサスペンションにも改良が入っている模様です。

試乗車が走行距離30kmと降ろしたての状態でサスペンションはやや硬く感じたのですが、乗り込むとが収束性が良くなりそうな印象です。

 

タイヤと言えばこのアングルw

装着タイヤは225/55R18 ファルケン ZIEXのオールシーズンタイヤ。

試乗時の濡れた路面でもグリップ性能を感じられました!

確か以前試乗させて貰ったX-BERAKもオールシーズンタイヤが標準装備だったのを思い出しました。

全天候型SUVフォレスターらしいタイヤへのこだわりも魅力的なポイントです!

 

スクウェアデザインのリア

ルーフに向かって垂直にライン取りされたスクウェアデザイン男前なリアビュー。

フロントと同じくリアコンビネーションランプも大きくデザインされダイナミックな仕上げが印象的です!

リアデザインにも通常モデルから追加装備が加わっています。

 

リアの専用装備は、

  • ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ・グレーメタリック塗装)
  • ルーフスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵・グレーメタリック塗装)

スポイラーからリアガーニッシュを囲う様にデザインされたグレー加飾がアクセントになっています!

 

2本出しマフラーも男前仕様!

  • リアバンパーガード(シルバー加飾・ディフューザータイプ)

マフラーカッターまで丁寧に処理されて申し分ない仕上がりです。

ラゲッジルームをチェック

 

ラゲッジ床面がめっちゃフラットですね!

ラゲッジ容量はフォレスターモデルの中で最大の520Lを確保。

これだけ広いと普段使いからレジャーシーンまで不便に感じる事は無いでしょう!

スバルのラゲッジルームは展開性の便利さも魅力的なんです!

 

サイドに備わるワンタッチレバーを引く事でシートを簡単に倒す事が可能です!

サイドフックの細かな装備も嬉しい配慮です。

 

6:4可倒分割リアシート

 

「床面が更にフラットに!」

実際には継ぎ目に若干の段差はありますが、室内高も高く取られて趣味の道具を積んだり車中泊も出来そうな広さも魅力的です!

エクステリア最後はお決まりのリア・ローアングルをどうぞ!

ボックスデザインのカッコ良さが感じられる1枚では無いでしょうか!

この角度で洗車すると思わず手が止まりそうですがw

続いて内装をチェックします!


 

新型フォレスタースポーツ 内装チェック

高級感アップの内装

 

基本的には大きく変更されていませんが、造り込みの高さにスバルの真面目さが現れた内装デザイン。

今回ナビゲーションは装備されていなくダミーの箱が入っていました。

フォレスタースポーツの内装専用装備は、

  • ウルトラスエード/本革シート(シルバーステッチ)
  • インパネ加飾パネル(ブラック塗装&ウルトラスエード表皮巻き)
  • ドアトリム(ウルトラスエード表皮巻き ブラックシルバーステッチ)
  • センターコントレイ加飾(アルミ調&ウルトラスエード表皮巻き)
  • スポーツ専用マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • 本革巻きステアリングホイール(好感触革)
  • アルミパッド付スポーツペダル

ウルトラスエード表皮とブラック加飾が加わる事で高級感がアップしています!

詳しく見て行きましょう!

隠れた質感の高さ

 

ドアトリムも上部はハードプラは使用されず非常に高い仕上がり!

  • ドアトリム(ウルトラスエード表皮巻き ブラックシルバーステッチ)

ウルトラスエードを縫製するステッチも入り、国産ミドルSUVの中でも隠れた質感の高さを誇ります!

 

ウィンドウスイッチ周りもご覧の仕上がりで隙の無い質感。

質感は非常に高いんですがデザイン設計の古さは感じるかも。

個人的に最近思うのは、

  • デザイン設計より質感を重視するスバル
  • コストダウンをデザインでカバーするトヨタ
  • デザイン・質感のバランスが良いマツダ

それぞれクルマ造りに対する方向性が現れているように感じます。

 

背中のサポート性が良い! ウルトラ・スエードシート

 

フォレスタースポー専用シートになる、

  • ウルトラスエード/本革シート(シルバーステッチ)

合成皮革シートが多い中で本革を使用するこだわりを見せていますが、

シート背中部分のサポート性が非常に高く運転中も上半身をぴったりフィットさせ身体を安定させてくれました!

シートベンチレーションこそ装備されていないですが、着座感の高さは同クラス内でも飛び抜けて高い仕上がりです!

 

足元も不満は感じさせません!

  • アルミパッド付スポーツペダル

左脚置きまでアルミペダルが装備されている質感はメルセデスを超えているかもw

ダイレクト性を重視 ステアリングホイール

 

  • 本革巻きステアリングホイール(好感触革)

装備通り本革の触り心地は好感触でしたww

手元操作のダイレクト感を重視したスバルのステアリングホイールですが、

今回発見した魅力ポイントは、、

 

 

 

ステアリングヒーターのスイッチ!!

ここ?

細か過ぎるポイントですが、パドルシフトの様なタッチに惚れてしまいましたw

こういった所まで手元操作にこだわるスバルはスゴイですw

 

 

スポーツ専用ディスプレイ

 

  • スポーツ専用マルチインフォメーションディスプレイ付メーター

新型レヴォーグの様にフル液晶画面ではないですが、視認性の高いアナログメーターはスポーツグレードにふさわしいデザインです!

 

高級車並みのおもてなし

 

ダッシュボード上部には車両の情報を表示出来るサイドインターフェースが装備。

画像の様な車両状態の表示から安全支装備までモード切り替えも豊富です。

更に今回の改良モデルでフォレスタースポーツにも、

ドライバーズモニタリングシステムが標準装備されました。

バイザーインターフェースに設置されたカメラで居眠りや不注意を感知して警報する機能が備わりますが、

特徴的なのがおもてなし機能。

「ドライバーが乗車すると、あらかじめ設定されたポジションを再現」

  • シートポジション
  • ドアミラー角度
  • マルチインフォメーションディスプレイ表示
  • メーターディスプレイ表示
  • エアコン設定

個人別のデータを顔認証して自動調整してくれるみたいです!

こりゃハイテク!高級車並みのおもてなし機能が装備されていました!

安全支援システムは現行モデルのアイサイトが標準装備されています。

 

エアコンの物理スイッチは前期モデルと同デザイン。

操作性は良さそうですが、新型車と比べるとデザイン設計は古く感じられるかもです。

高い走破性能

 

シメントリカルAWDを装備するフォレスターには悪路走行用のX-MODEを装備。

街に溢れるスタイリング重視のSUVを引き離す走行性能の高さも魅力的です!

国産SUVでは標準化が進む電子式パーキングブレーキxブレーキオートホールド機能も装備されているので街乗りの満足度も高い!

 

細かな仕上がりをチェック

 

  • インパネ加飾パネル(ブラック塗装&ウルトラスエード表皮巻き)

ダッシュボード周りにもウルトラスエード加飾が加わり高級感をブラッシュアップ。

グローブボックス内は流石にハードプラ仕上げでした。

 

コンソールサイドにまでウルトラスエードが使われ気持ち良いポジションが取れます!

 

サイドバイザーにはバニティーミラーも装備されていましたが、

バイザー横の伸ばせるプレートはどう使うのでしょうか?

スバルオーナーの方教えて下さい^_^

続いて後席をチェック!

後席の広さを見よ

 

後席ドアもウルトラスエード仕様からドリンクホルダー装備まで前席同様に質感は高いです!

 

後席シートも本革xウルトラスエード仕様でサポート性も不満無し!

後席リクライニングは2段階式で調整可能でした。

 

シートバックも分割収納仕様

172cmのオッサンが座っても膝前空間・足先空間共に広々とした居住性!

いやー!フォレスターの後席は広い!!

充電ポートや後席シートヒーター等装備群の充実さも魅力ですが、座った瞬間にミニバンの様な開放感を感じました!

 

リアウィンドウの開放感を見よ!!

スミマセンw

後席からも開放感と居住性を味わえるクラストップの広さ。

ルーフライニングはベージュカラーで色分けされ圧迫感を感じさせない仕上げも好印象です!

以上で内装チェック完了です!

 

 

新型フォレスタースポーツ インスタ動画

国産SUV人気モデルのフォレスターに直噴ターボモデルが追加! 新しく追加されたフォレスタースポーツの内外装をチェック!

ここまでをまとめたインスタ動画をどうぞ!

オールブラック仕様のフォレスタースポーツを4分間でチェック!

ブログをアシストする形で動画配信も継続していきますので良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

それでは試乗レポートの紹介です!

スバル フォレスタースポーツ試乗レポート

試乗車両スペック

SUBARU FORESTER SPORT

全長4,625mm
全幅1,815mm
全高1.715mm
ホイールベース2,670mm
車両重量1,570kg
搭載エンジン1.8L直列4気筒DOHCターボ 6速CVT
最大出力/トルク177ps/300N・m
駆動方式AWD
使用燃料/燃費レギュラー WLTCモード 13.6km/L
車両本体価格328万円

新開発のダウンサイジングターボの実力を体感したいと思います!

予想に反した走り出し

市街地に走り出して最初に感じたのは、

1.8L直噴ターボのしっとりとした乗り心地。

キビキビした加速感の予想していたのですが、乗り味はコンフォート寄りに感じました。

車重が活かされた重厚感の高い加速性能はAWDの安定感と合わさって車内も非常に静かです!

肝心のターボはドッカンと飛び出す加速ではなく、低速からしっかりとトルクを効かせくる加速感。

この乗り味は意外でした。

以前2.5LエンジンのX-BREAKの試乗の際はキビキビした軽快感が印象的だったのですが、

ブラッシュアップされたフォレスタースポーツは上質さが増し車格が上がったような印象です!

クリア視界から感じるステアフィール

 

相変わらず素晴らしいスバル伝統の前方クリア視界。

遮る物が無い物が無いクリアな視界は車体感覚を掴み易く、

デザイン性よりクルマの扱いやすさを重視したスバルの魅力は乗れば納得です!

 

前方視界の良さと同じくステアフィールも適度な重さがあり個人的に好みな反力♪

クルマの転回性も非常に高く、交差点を右折する際の死角が無い視界の良さに思わず声が出てしまいましたw

コーナリング性能も車体とウルトラスエードのシートがロールを抑え込んでくれドライバーの姿勢を水平に保ちます!

 

18インチの乗り心地

 

専用装備になる18インチホイールとスポーツサスの乗り心地は若干硬め。

突き上げる程のショックは無く、コツコツと段差を拾う感覚です。

試乗車の走行距離が30kmとおろしたてでしたので走り込んでいくとサスのストーロークも馴染んでいきそう。

スポーツグレードと言ってもガチガチの足回りではないので街乗りでも不快な硬さは感じられないかと思います!

大人のスポーツSUV

 

ストップ&ゴーを繰り返しながら市街地を走りますが、

新開発の1.8L直噴ターボは街乗りでの扱い易さが大きな武器!

1500回転位からターボが効いてくるので、もっさりを感じさせない滑らかでスルスルと加速していきます。

スバル車には”リアトロニック”という変速機構が装備されているのですが、

改良モデルでは低速時の変速比の設定が変えられて発進・停止の繰り返しも非常にスムーズ。

車速が上がっていくと乗り味はフラットライドに定着。

後発されたターボモデルは大人のスポーツSUVとして乗り心地が各段に良くなってます!

 

スポーツモードを体感

 

新型フォレスタースポーツのドライブセレクトは、

  • インテリジェンス(ノーマル)
  • SI-DRIVE(スポーツ)

2モードのドライブセレクトを装備。

モード切替はステアリングスイッチ内でダイレクトに切り替えが可能です!

操作性抜群のスイッチ配置が良い!

スーパーカークラスやAMGモデルには見た事がありますが国産メーカーではスバルだけかと!

新型レヴォーグは大型タッチパネルが話題になっていますが、操作性がどれだけ変わるのか気になる部分でもあります。

直線道路に差しかったので、SI-DRIVEモードでアクセルを踏み込んでみました。

 

「おーっ!速い速い!」

3000回転まで一気に加速し車体もシャープに引き締まっていきます。

スポーティーさは感じられたのですが、個人的にはエンジンがうなってしまう感覚が強い。

過敏に加速していくので車重に対してエンジンが少し無理してる感も否めないです。

高速等で長距離を走ると印象が変わるかもしれないですが、

ノーマルモード・インテリジェンスの滑らかな加速性能が個人的には好みな仕上がりでした

新型レヴォーグでは車重・プラットフォーム変更からの走りの違いも気になるトコロです!

以上で試乗レポート完了です!

 

 

フォレスター・ベストグレード登場

 

内外装を高級感を増してブラッシュアップされたスタイリングと扱いすさを重視した直噴ターボで、

新しい魅力を引き出してくれた新型フォレスタースポーツ。

国産ミドルSUV勢の中にまた好モデルが登場です!

ベーシックなスタイリングはSUVトレンドの流れとは違った1台ですが、クルマとして非常に丁寧な高い質感を持っていました!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

 

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

 

新型レヴォーグ発売でディーラーに伺った際には是非フォレスタースポーツも体感してみて下さい!

 

 

愛車の下取りを検討する方はコチラの方法がオススメです!

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒だと思われている方は、

面倒な手続きや交渉を代行して行ってくれる新しい買取サービスがあります!

 

POINT1
5000店舗以上が参加するオークション方式の自宅で行う新しい買取方法。
買取業者の仲介方式なのでしつこい営業電話も掛からない!
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみでOK!
買取サービスでどうしてもネックなポイントになってしまう、
引き渡し日のタイミングも次期乗り換え車両の納車に合わせて調整可能です!
愛車の下取り金額を知っておくと購入時ディーラーとの交渉判断材料として必ず役に立つと思います!
まずは愛車の見積もり依頼から是非!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!



 

 

今後もクルマの魅力を分かり易くお伝え出来るよう試行錯誤しながらより良い試乗ブログを目指して参ります!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

クルマの情報ポータルサイト カーポケ

レビュー記事を投稿させて頂いているクルマ情報ポータルサイト「カーポケ」クルマの優良なレビューブログ・動画が随時更新されていますので是非チェックしてみて下さい!

CTR IMG